CBD化粧品のスキンケア効果とは?安全性・違法性の問題はないの?

近頃バラエティストアなどで見かけるようになった、CBD配合のスキンケア♡ローションやパックなどの製品が店頭に並んでいるので、トレンドに敏感な人は気になっているのではないでしょうか。

ですが、新しい成分なので、ほとんどの人はどんな効果があるのか分からないですよね。さらには原料が麻なので、「麻ってマリファナでしょ?違法じゃないの?」「危険な成分なのでは?」と不安に思う人もいるはず。

そこでここでは、CBD化粧品のスキンケア効果を紹介しつつ、CBDは安全なのか・違法性はないのか?という疑問に答えます。



そもそもCBDとはどんなもの?

大麻に含まれるカンナビノイドの一種

CBDとは「Cannabidiol(カンナビジオール)」の略称で、大麻に含まれるカンナビノイドの一種です。カンナビノイドとは大麻草に含まれる生理活性物質の総称で、ヒトの体内でも似た物質が作られています

法律上の取り扱いが難しく、構造も複雑なのでなかなか研究が進まない成分でしたが、近年は自己免疫疾患やアレルギー性疾患などの治療に役立つ可能性が期待されており、世界的にも注目されています。

THCが含まれていなければ違法性はない

大麻というと、まず気になるのが「違法ではないか?」という点でしょう。化粧品を使ったせいで捕まってしまっては困りますものね。

ですが、日本の法律で大麻が規制対象となっているのは、THCという幻覚成分を多く含む「特定の部位」だけです。

【大麻の取り締まり対象部位】

  • 花穂
  • 未成熟の茎
  • 成熟した茎から分離した樹脂

上記に該当しない「種子」や「成熟した茎(樹脂を除く)」は、THCがほとんど含まれていないため、規制の対象にはならず、規制対象でない部位から採取したCBDであれば、製造・販売・使用しても違法性はありません

CBD製品に使われるのはTHCが少ない品種

大麻にもいろいろな種類があり、幻覚成分のTHCが多く含まれる品種と、少ない品種が存在します。

きちんとしたメーカーのCBD製品は、そもそもTHCの含有量が少ない品種を原料としています。「産業用ヘンプ」と呼ばれる品種で、CBD化粧品なども産業用ヘンプで作られています。

経口摂取・吸入した場合の副作用はある

CBDは医療分野でも注目されている成分で、違法性はありません。しかし、経口摂取や吸入で摂取した場合の副作用は報告されています。

副作用の症状としては気分の悪さや頭痛、吐き気、眠気などがあります。もし、口からCBDを摂取する場合は、最初は少量・低濃度で様子を見ると安心です。また、人によっては少しぼーっとすることもあるため、CBD摂取後は車の運転など、危険を伴う行動は厳禁です。

なお、妊娠・授乳中の摂取による胎児・乳児への影響についてはまだエビデンスが出ておらず、現段階では危険とも安全ともいえない状況です。化粧品として使用する場合も、産科医など

注意すべきは残存農薬や違法成分の混入

CBD自体は基本的に安全性が高いとされていますが、原料が植物であるため、栽培環境によっては「残存農薬」が製品に混入する可能性があります。スキンケアに農薬が入っていれば当然、皮膚刺激が生じるでしょう。

また、国内で流通しているCBD製品から、幻覚成分が検出されるケースも出てきています。

スキンケアに限らず、CBD製品を買うときは、信頼できるメーカー・流通ルートのものを選ぶことが大切です。



CBD化粧品のスキンケア効果とは?

抗炎症・抗酸化効果がある

CBDは口から摂取する以外に、スキンケア成分としても注目されています。CBDを肌に塗った場合は、経口摂取のように血管までは届きませんが、皮膚細胞に存在する「カンナビノイド受容体」に作用することで、局所的な効果を発揮するとされています。

【CBDのスキンケア効果】

  • 抗炎症
  • 抗酸化
  • 皮脂分泌のコントロール
  • 抗アクネ菌
  • キメを整える
  • 毛穴を引き締める
  • 肌の保護

皮脂分泌のコントロールに関しては、皮脂が出すぎていれば抑制し、逆に乾燥しているときは皮脂を増やすといったこともできるようです。

ニキビ・肌荒れ対策からエイジングケアまで、幅広い肌悩みにおすすめできる成分です。

また、医療分野ではアトピーやアレルギー、火傷などの炎症を抑える成分としても期待されていることから、敏感肌にも刺激が少ない成分といえそうです。

毒性は低いが合わない人もいる

CBDは化粧品成分としても安全性が高い成分とされており、アトピー治療にも使えるのではといわれています。ですが、まだ十分に研究された成分ではなく、アレルゲンとなる物質は人によって違うため、CBDが肌に合わない人が出てくる可能性もあります。

期待値の高い成分ですが、必ずしもすべての人に合うとは限らないため、心配な人はパッチテストをしてから使用すると安心です。

国によって大麻に関する法律が異なる点に注意が必要

大麻やその成分に関する法律は、国によって内容が異なります。そのため、ある国では合法な製品でも、別の国では違法になるといったことも起こり得ます。

したがって、日本で買ったCBD製品をよその国に持ち込むことや、逆に海外で購入したものを日本に持ち帰ることは避けた方が無難です。個人輸入なども基本的には避けておいた方がよいでしょう。

まとめ

CBD配合のスキンケアは、抗炎症・抗酸化をはじめとするさまざまな効果が期待できます。ニキビ・肌荒れをケアしたい人や、エイジングケアしたい人に適した成分と考えられます。

CBDという成分は、日本の法律では取り締まりの対象とならないため、違法性はありません。経口摂取や吸入で副作用が出る人もいますが、幻覚成分「THC」とはまったく別の成分であり、基本的には安全性の高い成分とされています。

ただし、粗悪な製品には幻覚成分や残存農薬が含まれているケースもあり、その場合は違法になりますし、化粧品としての安全性も保障できません。

CBD化粧品を買うときは、信頼できるメーカー・流通ルートのものを選ぶようにしましょう。

【関連記事】
キュアスリッチセラムの口コミ評判は?|効果・成分と解約時の注意点