ルルルンのフェイスマスクはリニューアルして何が変わった?【口コミ】一番安く買うには?

「ルルルン」は安くてデイリーケアにピッタリのフェイスマスクとして人気です。ですが、「どうせ安かろう悪かろうじゃないの?」「ネット通販のコスメは何ヶ月も購入させられそうで不安」と思って、まだ試していない人もいるかもしれませんね。

そこでみなさんの代わりに、私が「ルルルン」を試してみました!「ルルルン」を使ってみてよかったところ「ルルルン」で不満に感じたことを包み隠さずお伝えします。

また、リニューアルで大幅に仕様が改善されたので、「ルルルン」のリニューアル内容についても詳しくご紹介します。「ルルルン」を一番安く買える方法も教えるので、「ルルルン」の購入を迷っている人は、参考にしてくださいね。

「ルルルン」の効果

「ルルルン」は肌悩みに合わせて、色々な種類・シリーズが発売されています。私はテカりと乾燥が気になるので、レギュラーシリーズからピンクの「ルルルン」を選んでみました。

種類によって成分が異なりますが、ピンクの「ルルルン」はコメセラミドなどの植物エキスがメインになっています。

「ルルルン」は化粧水パックだから毎日使える

フェイスマスクタイプのパックには、大きく分けて「化粧水パック」と「美容液パック」があります。

美容液パックはスペシャルケア用のアイテムなので、頻繁に使いすぎると、油分がニキビなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。

ですが、「ルルルン」のレギュラーシリーズとプレシャスシリーズは化粧水パックなので、毎日朝晩使ってもお肌に負担が掛かりません

「ルルルン」はひと箱当たりの化粧水の量が多い

「ルルルン」には、ひと箱当たり520mlもの化粧水が入っています。私が購入したのはリニューアル直前だったため、今販売されているものより化粧水の量が少なめですが、参考に手元の「ルルルン」をお見せしますね。


ご覧の通り、指で軽く押すと化粧水がしみ出します。ピンクの「ルルルン」はとろみのあるテクスチャーでした。

ヒタヒタです。


たっぷりの化粧水が浸み込んだマスクは、圧を掛けると液がたれてしまいそうなほどです。同じようなタイプの他の製品と比べても、圧倒的に化粧水の量が多いです。

取り出したフェイスマスクを軽く絞ってみました。


化粧水の量がとても多いので、逆さにすると液が漏れてしまう可能性があります。シートのヨレを防ぐためにも、保管するときは取り出し口が上になるように置きましょう。

使用方法に従い、10~15分くらいパックしたあと、剥がしたマスクを折りたたんでパッティングしましたが、それでもまだマスクがヒタヒタです。そこでマスクに残った化粧水を少しずつ絞って、顔に乗せてみました。

おかげですっかりお肌がプルプルです。顔に乗せ切れなくなるまで絞りましたが、それでもまだマスクに液が残っていたので、最後に腕と足もパッティングしました。

「ルルルン」は保湿効果が長持ち

「ルルルン」でお手入れしたあとは、お肌がしっとりします。そして次の日の夜になっても、お肌が潤っていました。長く肌にとどまってくれるので、成分の効果も充分に発揮できそうです。

これなら、他の種類の「ルルルン」も期待できると思います。

「ルルルン」のコスパ

「ルルルン(バランスうるおいタイプ)」

ピンク「ルルルン」は定価1,500円で36枚入りなので、1枚当たり約41.7円です。定期コースは10%オフの1,350円なので、1枚当たり37.5円になります。

「ルルルン」は化粧水の代わりに使えますが、朝晩2回使うとしても1日当たり75~約83.4円です。化粧水+フェイスマスクのお値段としては、かなりお手頃ですね。

コスパが優れているので、毎日使っても無理なく続けられそうです。

「青のルルルン(もっちり高保湿タイプ)」

「青のルルルン」は32枚入り1,500円なので、通常価格だと1枚当たり約46.9円です。定期コースなら1枚当たり42円です。

「白のルルルン(サッパリ透明感タイプ)」

「白のルルルン」も32枚入り1,500円で、1枚当たり約46.9円、定期コースは1枚当たり42円です。

「ルルルン」の不満点とリニューアルのポイント

「ルルルン」は安くてしっかり潤うのでおおむねよかったですが、不満な点もありました。

フェイスマスクが薄い

フェイスマスクがかなり薄いです。パック中に乾いてしまうことはありませんが、ちょっと心もとない気がしました。

ですが、リニューアルで厚みが1.4倍になったので、今販売しているものは厚さもよい感じだと思います。


リニューアル後のフェイスマスクは3層構造になっているので、貯水力もアップしています。

フェイスマスクで覆えない部分がある

「ルルルン」の一番の不満点は、お肌に当たらない部分ができてしまうことでした。


特に気になったのは鼻。鼻の横の辺りはまったくフェイスマスクが当たりません。口元も、もっとギリギリまで覆いたいのですが…。

ところが、リニューアルでフェイスマスクの形状が大幅に改善され、目元、口元も覆えるようになり、鼻の横もしっかり覆えるようになりました。


左がリニューアル前、右がリニューアル後のフェイスマスクです。これなら毛穴が気になる部分もケアできますね。


ご覧の通り、顔をほぼ全部覆えるようになりました。

リニューアルで新成分配合

成分はリニューアル前も結構よい感じでしたが、さらに2つの新成分がプラスされたそうです。

「ルルルン(バランスうるおいタイプ)」の新成分

ピンクの「ルルルン」に新しく配合されたのは、

  • グルコオリゴ糖(お肌の調子を整える)
  • 環状型アミノ酸(保湿成分)

です。まだまだ手元に旧バージョンがたくさん残っていますが、次に購入するのが楽しみです。

「青のルルルン(もっちり高保湿タイプ)」の新成分

「青のルルルン」には

  • グリセリルグルコシド(水分保持成分)
  • 吸着型ヒアルロン酸(潤いを長くキープ)

が新たに加わりました。

「白のルルルン(サッパリ透明感タイプ)」の新成分

「白のルルルン」に追加された成分は

  • ナノ化複合ビタミン(水分保持成分)
  • シンデレラケア(天然エキスで透明感ある肌へ)

です。

フェイスマスクが少しチクチクする

フェイスマスクを剥がすのを忘れて長く放置しすぎると、少しお肌がチクチクしました。「ルルルン」に含まれている化粧水自体は長時間付けていても大丈夫だったので、フェイスマスクの繊維が刺激になっていたようです。

「ルルルン」でパックしているときは、あまり長く放置しない方がよいかもしれません。もし、刺激を感じたらすぐに剥がしましょう。


画像だと分かりにくいですが、使用後のフェイスマスクをよく見ると繊維が出ていました。どうやら、これがお肌に当たってチクチクしたようです。

なおメーカーによると、日焼けでお肌が炎症を起こしているときは、フェイスマスクの使用を控えた方がよいそうです。

「ルルルン」を一番安く買うには?

「ルルルン」を買うなら、定期コースを利用すると10%オフになってお得です。ネット通販の定期コースは長期間解約できないと言うトラブルが多いですが、「ルルルン」の定期コースは2ヶ月で止められます

さらに、通常購入は5,000円未満は送料が掛かりますが、定期コースなら「ルルルン」1つだけのお届けでも送料無料です。

大人の肌には「ルルルンプレシャス」

乾燥小ジワやくすみが気になる人には、大人のための「ルルルンプレシャス」もあります。こちらも化粧水の代わりに毎日使えます。

乾燥ジワ対策なら「ルルルンプレシャスRED」、くすみ対策なら「ルルルンプレシャスWHITE」がおすすめです。

特に40代以降の人におすすめのシリーズなので、ママやおばあちゃんへのプレゼントにも喜ばれそうですね。

それぞれ32枚入り1,600円、定期コースなら10%オフの1,440円です。

スペシャルケアなら「ルルルンONE」

デイリーケアだけでは物足りないという人には、スペシャルケア用に「ルルルンONE」もあります。

肌馴染みのよいマイクロオイルと新美容成分「Brighteny*」をはじめとする成分が、しっかり潤う贅沢ケアを叶えます。
※Brighteny:ジグルコシル没食子酸(保湿・整肌・ハリツヤ成分)

毎日のお手入れはレギュラーシリーズやプレシャスシリーズで、特別な日の前日のお手入れは「ルルルンONE」で、と使い分けるのがおすすめです。

お値段は1枚入り×5包セットで1,500円です。定期コースなら、好きな「ルルルン」と「ルルルンONE」がセットがお得に購入できます。定期コースは初回分が15%オフの2,550円、2回目以降は10%オフの2,700円です。

定期コースの2回目以降は、「ルルルンONE」が1枚おまけで付きます。

【関連記事】
資生堂エリクシールルフレ|おやすみマスクを試した口コミと、効果的な使い方

ドクターシーラボ|ラボラボスーパー毛穴ローションと毛穴引き締めマスクを試した結果と口コミ

資生堂WASOシルキースムース もちマスク|こねて作るもちもちDIYマスクの使い方と口コミ・成分♡敏感肌は使えない?

「地域限定ルルルンシリーズ」の販売店■北海道からハワイまですべて公開♡

ルルルンの化粧水3種♡モイスト、クリア、リッチの口コミまとめ

ルルルンプレシャス3種の違いと、回数縛りなしでお得に買える裏技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*