dプログラム薬用スキンケアベースCC【化粧下地】を敏感肌に使ってみた結果

「肌荒れが酷いから、下地やファンデを塗ると肌の状態が余計に悪くなる。」、「ニキビ肌だけど、ベースメイクでキレイに見せたい。でもメイクすると、毛穴が詰まってますますニキビができる…。」

ベースメイクは肌荒れやニキビによくないというのが、これまでの常識でした。ですが、2018年8月21日に資生堂dプログラムから発売された化粧下地「薬用スキンケアベースCC 」は、塗れば塗るほど肌荒れやニキビによいという情報をゲットしました。

そこで、今まさに絶賛肌荒れ中の私が「薬用スキンケアベースCC 」を使い、肌荒れ・ニキビへの効果を検証します。

肌荒れやニキビが気になるからベースメイクができないという人は、ぜひ読んでみてくださいね!

\送料無料!/

>>スキンケアベースCC詳細はこちら

 

「薬用スキンケアベースCC 」で肌荒れをケアできるって本当?

このところ、体調の影響で肌荒れがなかなか治りません。しかし、肌に負担がかかると分かっていても、出かけるときにメイクしないわけにいきませんよね。

そこで荒れた肌にやさしい化粧下地を探してみましたが、どれも夜になると肌が疲れてイマイチです。

そんなおり、dプログラムから肌荒れ・ニキビに特化した化粧下地「薬用スキンケアベースCC 」が発売されたと聞いたので、さっそく買ってみました。

荒れた肌にも伸びがよく薄づき

ナチュラルベージュブルーグリーンベビーピンク3色から選べるので、無難にナチュラルベージュを選びました。

試しに使ってみたところ、荒れてゴワゴワの肌にもすんなり伸びてくれて使いやすい印象です。

塗り心地も軽いので、皮膚呼吸もしっかりできそうです。

めくれた角質をピタッと押さえてくれる

肌荒れや乾燥が酷いときは、下地を塗るときに角質がひらひら剥けてしまうのが困りものです。めくれた角質が段になってしまって、どうにも汚い仕上がりになるのも悩みでした。

ですが、「薬用スキンケアベースCC 」はとてもしっとりしていてめくれた角質をピタッと押さえて目立たなくしてくれました

保湿力と密着性で、肌荒れを隠してくれる感じです。化粧下地なのに、使用感はまるで保湿クリームのようです。

「もっと保湿力が高い下地が欲しい」とも常々思っていたので、これはヒットかも…!

毛穴の凹凸もスッピンに比べてだいぶ目立たなくなりました

よさそうな雰囲気なので、そのままいつものファンデとお粉も塗って様子を見てみることに。

夜になってもいつもより肌が疲れていない

本当は肌荒れでゴワゴワ・ガサガサですが、「薬用スキンケアベースCC 」が上手くカバーしてくれるので、見た目にはまったく分かりません。夜になっても肌の疲れなし。

1日メイクしたままでしたが、夜になってもいつもより肌が疲れていませんでした。肌荒れが治るとまではいきませんでしたが、少なくとも肌の状態を悪化させる心配はなさそうです。

毛穴が詰まることもなかったです。

悪くなさそうなので、しばらく化粧下地は「薬用スキンケアベースCC 」を続けてみることにしました。

3回目くらいで肌荒れが改善

「薬用スキンケアベースCC 」を3回ほど使っていたら、肌荒れがだいぶ収まってきました

薬用成分のトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、おそらくその効果だと思われます。「肌荒れやニキビに負担をかけない下地」はときどき売っていますが、「肌荒れやニキビを改善に導く下地」は初めてなので感動しました。

これまでは肌に負担をかけないために、出かける日しかメイクしていませんでしたが、「薬用スキンケアベースCC 」はスキンケア効果があってSPF20・PA+++なので、日焼け止めがわりに毎日塗った方がよさそうです。

私の中では化粧下地で2,700円はお安くはありませんが、もともとの肌質もあまり強くはないので、使い切ったら今後も化粧下地は「薬用スキンケアベースCC 」を買おうと思います。

色選びは失敗したかも…?

もの自体はすごくよかったのですが、色選びは少々失敗した気がします。

基本の色の選び方は

  • シミ・ソバカス・クマなどの色素沈着を隠したいならナチュラルベージュ
  • ニキビ跡の赤みを隠したいならブルーグリーン
  • くすみや血色のなさを隠したいならベビーピンク

となっているので、一番シミが隠れそうなナチュラルベージュを選んだのですが、一番明るいファンデーションを塗ると収まりがよく見えるタイプの私の肌だと、少し顔色が暗く見えてしまいました

シミのカバー力も重視したいので迷いますが、次に買うときは、試しにベビーピンクを選んでみようと思います。明るめのファンデーションが合う人は、ナチュラルベージュは避けた方がよさそうです。

「薬用スキンケアベースCC 」を使った結果まとめ

「薬用スキンケアベースCC 」は、化粧下地で肌荒れをケアできるのでとてもよかったです。仕事で24時間ほど化粧を落とせず、途中で塗ったまま仮眠を取らないといけない日がありましたが、肌は無事でした。夜勤がある人にもすごくよさそうです。

化粧下地はファンデーション以上に肌に直接触れるので、肌を傷めないもの・できればスキンケア効果があるものを選ぶことが大切だと、つくづく痛感させられました。

個人差はありますが、私としては肌荒れが気になる人に自信を持っておすすめできると思います。「薬用スキンケアベースCC 」の薬用成分にはニキビを防ぐ作用もあるので、「ニキビがあるからベースメイクができない」という人にも使ってみて欲しいです。

ワタシプラスでの購入なら使用後も返品・交換できる

dプログラムの製品なのでドラッグストアなどの店頭でも売っていますが、私は資生堂公式オンラインショップ「ワタシプラス」で購入しました。

色選びに失敗したときや肌に合わなかったときに、ワタシプラスなら商品到着後30日間は使用後でも返品・交換ができるからです。いきなり現品を買って気に入らなかったときに助かるので、資生堂の商品はだいたいいつもワタシプラスで買っています。

また、ワタシプラスではdプログラムの乳液のサンプル7日分ももらえました乳液のサンプルは肌悩みに応じて好きなタイプを選べるようになっています。サンプルプレゼントは先着順とのことです。

送料も無料なので、ワタシプラスで買うのが一番安心です。

 

\送料無料!/

>>スキンケアベースCC詳細はこちら

まとめ

頑固な肌荒れが改善できたので、「薬用スキンケアベースCC 」は個人的にとてもよかったです。メイクした日特有の肌の疲れもなく毛穴が詰まることもありませんでした。

何より、化粧下地にスキンケア効果があるのは、乾燥や刺激が気になりやすい肌質としてすごく助かります。

色選びは少し失敗してしまいましたが、同じシリーズのファンデーションも使ってみようと思います。

なお、明るい色のファンデーションが合う人だと、ナチュラルベージュは暗過ぎる可能性があるので、色白な人にはブルーグリーンかベビーピンクがおすすめです。

ワタシプラスでの購入なら、色が合わなかったときは返品・交換ができます

\送料無料!/

>>スキンケアベースCC詳細はこちら

dプログラム関連記事

dプログラムアレルバリアがリニューアル♡マスク荒れや花粉への効果は?

dプログラム薬用スキンケアファンデーション【リニューアル】を使ってみた感想とお得に買える情報を紹介

dプログラムのパウダーファンデ【リニューアル】肌荒れ・ニキビへの効果と崩れやすさを検証

 

【関連記事】
プリマヴィスタ化粧下地とファンデーションのおすすめの組み合わせは?★毛穴・乾燥への効果は?口コミ・成分・使い方も紹介