エトヴォスを試して口コミ検証!レイチェルワインとの違いも比較

※2020年6月24日更新

レビューで紹介しているセット内容と現在販売されている内容が違う場合があります。

「ミネラルファンデーションを使ってみたいけれど、どれを買えばよいか分からない」、「脱クレンジングしたいが、外国産のミネラルファンデーションだとニキビができてしまう」…。

もし、自分にピッタリのミネラルファンデーションを探しているなら、この記事が役立つかもしれません。

ここでは、国産メーカーであるエトヴォスの「マットスムースミネラルファンデーション」を実際に試しながら、よい口コミと悪い口コミの内容を徹底的に検証します。

また、同じく国産のレイチェルワインと比較しながら機能や使い心地を紹介し、エトヴォスのデメリットへの対策方法も紹介します。エトヴォスとレイチェルワインで迷っている人も、ぜひご覧ください♪

エトヴォスの口コミ

まずは、エトヴォス「マットスムースミネラルファンデーション」の口コミを見てみましょう。

エトヴォスのよい口コミ

薄づきなので、「メイクしてます感」がなくてよい。

引用元:@cosme

下地に「ナイトミネラルファンデーション」を使うと、キレイなツヤが出る。

引用元:@cosme

夕方の崩れ方が自然に取れたような感じで、汚くならない。多分リピすると思う。

引用元:@cosme

使用感が軽く、敏感肌だが肌の調子も安定した。

引用元:@cosme

他社のプライマーを下地に使うと、毛穴落ちがなく、崩れ方もキレイ。

引用元:@cosme

他社のコンシーラーと併用すると、キレイにカバーできる。意外に持ちもよく、夜まで落ちないのに石鹸で落とせる。

引用元:@cosme

リキッドファンデは塗るときに皮膚が剥けて汚くなるが、ルースタイプはキレイに仕上がる。崩れ方も汚くなく、直すのも簡単で好き。つけ心地も軽いのでリピ予定。

引用元:@cosme

ベビーパウダーをはたいてから使っているが、ナチュラルでキレイな肌を保ってくれる。ツヤ肌より、陶器肌を求めている人にピッタリだと思う。

引用元:@cosme

毛穴と頬の赤みを自然にカバーしてくれるので、すごく気に入っている。海外メーカーのミネラルファンデーションはニキビができるが、こちらは今のところトラブルなし。

引用元:@cosme

カバー力はあまりないが、ツヤが出てとてもキレイに仕上がる。敏感肌にも優しくて気に入っている。

引用元:@cosme

ブラシが柔らかくて好き。

引用元:@cosme

エトヴォスの悪い口コミ

スターターキットの容器の穴が小さく、粉が出しにくい。

引用元:@cosme

カバー力が低く、塗ってもあまり変わらない。シミ・ソバカスはしっかり見える。

引用元:@cosme

崩れやすい。汗をかいたら、汗が流れた部分だけファンデが剥げた。

引用元:@cosme

ブラシがチクチクして、1週間ほどで顔全体が荒れ、赤くヒリヒリした。肌が弱い人は別のブラシを用意しないとダメかも。

引用元:@cosme

顔全体に塗るにはブラシが小さい。

引用元:@cosme

下地の「ナイトミネラルファンデーション」は、塗りすぎるとサバみたいな光沢になる。

引用元:@cosme

フェイスラインにデコボコができた。エトヴォスを止めたら治った。

引用元:@cosme

ブラシに取るときに粉飛びが気になる

引用元:@cosme

サンプルを使ったら、金属アレルギーがあることが判明。酸化亜鉛が合わないようで、湿疹ができる。他社のミネラルファンデも合わないと思う。

引用元:@cosme

エトヴォスの口コミ総評

好き嫌いがハッキリ分かれる結果となりましたが、定期購入で何年も続けているなど、リピートしている人もたくさんいました。

悪い口コミで特に気になったのは、「金属アレルギーが出て合わなかった」という口コミです。ミネラルファンデーションはだいたいどれも主成分は金属なので、アレルゲンによっては、通常のファンデを使用した方がよさそうです。

エトヴォスの全成分を知りたい人は、こちらに記載しています。

エトヴォスのスターターキット体験レビュー

さて、あまりにも評価が分かれていたので、「実際はどうなのかな?」と思い、私もスターターキットを取り寄せてみました。

以前試したレイチェルワインと比較しながら、レビューしたいと思います。(レイチェルワインの使用写真のときより、元の肌が少し日焼けしています。)

エトヴォスの実力を正確に判断するため、まずはスターターキットに付属されているアイテムのみを使って検証することにしましょう。

スターターキットの中身は

  • マットスムースファンデーション0.8g(カラーは#30を選びました)
  • ナイトミネラルファンデーション(下地)1g
  • エンリッチシルキープライマー(下地)サンプル
  • フェイスカブキブラシ
    +
  • クリアソープバー(化粧せっけん)5g
  • モイスチャライジングローション(化粧水)20ml
  • モイスチャライジングセラム(美容液)10ml
  • アルガンオイル3ml
    +
  • 公式サイトで使える500円クーポン(会員登録した人のみ付属)

となっていて、ミネラルファンデーションとスキンケアのお試しセットという感じです。

ちなみに、ネット通販というと定期コースのトラブルが多いですが、エトヴォスはスターターキットのみの購入が可能です。定期コースにしたい人は、別のページから申し込むようになっていました。

容器の穴は自分で広げられる

「スターターキットの容器の穴が小さくて、中身が出にくい」という口コミが多かった通り、確かになかなか出てきません^^;これは朝の忙しいときはイライラしますね。

ですが、内ブタが柔らかいので、千枚通しなどで穴を広げれば問題ないです。清潔な千枚通しを穴に差し込み、穴を広げながらグリグリ回せばOKです。

千枚通しでグリグリしたら、ご覧の通りちゃんと中身が出ます。1回に出す量は米粒大なので、そんなにたくさん出せなくて大丈夫です。

ブラシはイマイチ

付属のフェイスカブキブラシは毛先が細くカットされていますが、レイチェルワインのブラシと比べると若干、固いです。

ある程度、肌が強い人なら問題ないと思いますが、私は肌がピリピリして、あまり肌に当てられませんでした。

そしてブラシが小さい点に不満を感じる人がときどきいましたが、確かに顔全体に塗るには、ちょっと根気がいります^^;サイズ的にも、ブラシはレイチェルワインの方が優秀です。

レイチェルワインのブラシが欲しい人は、トライアルセットで入手するのが一番安く買えます

レイチェルワインのブラシを最安値で買う

ちなみにエトヴォスのブラシはまるで使えないかというと、チークブラシとしてなら固さもサイズもちょうどよさそうなので、私はチーク用に使おうと思います。

付属の下地

エトヴォスのスターターキットには、下地が2種類入っています。

  • ツヤを出したいなら「ナイトミネラルファンデーション」
  • マットに仕上げたいなら「エンリッチシルキープライマー※」
    ※シルクアレルギーの人は避けてください。

と使い分けます。

どちらの下地を使うかで、仕上がりがかなり違います。

ただし、「ナイトミネラルファンデーション」はパールっぽいツヤ感で、たくさん塗るとサバのようにギラギラになってしまうため、塗りすぎに要注意です。

ですが、上手に使いこなすと美しいツヤが出るので、ハイライトとしても重宝しそうです。

テカりやすい人や、肌の凹凸が目立つ人は「エンリッチシルキープライマー」の方がキレイに仕上がります。

「マットスムースファンデーション」

カバー力・使用感

そして肝心の「マットスムースファンデーション」です。口コミ通り、かなり薄づきで、被膜感はまったくありません。

カバー力については、毛穴など光の反射でカバーできるものは多少隠れますが、シミやクマなど、色で隠さないと難しいものは隠れません。

レイチェルワインに比べると、肌のアラがだいぶ目立ちます。

 

肌への優しさ・メイク崩れ

エトヴォス、レイチェルワインともに、若干、肌が乾燥しますが、エトヴォスの方が比較的、乾燥しにくいように感じました。エトヴォスは保湿成分が入っているせいかもしれません。

メイク後6時間ほど経った時点で崩れ方を見たところ、崩れ方はキレイですが、知らない間にファンデが消えている部分もありました。

カバー力と崩れ方についての補足

レイチェルワインはブラシが柔らかかったため、希望の仕上がりになるまで、重ね塗りしながら、丹念にクルクルできました。毛穴やシミも、ブラシの毛先で叩き込むように塗ってカバーしています。

しかし、エトヴォスは私の肌にはブラシがチクチクして、あまりクルクルできず、サッと1回しか塗れませんでした。

そのため、レイチェルワインと同じように丁寧に塗れば、もう少しカバー力や持ちがアップする可能性もあります。

私の肌はやや敏感という程度で、ものすごく肌が弱いというわけでもないので、ブラシは別に用意しないといけない人が多いかもしれません。

エトヴォスのブラシによるダメージから肌が回復したら、改めて別のブラシで、カバー力と崩れ方を再度検証したいと思います。(下に追記で、ブラシを変えて検証した結果を掲載しています。)

粉飛び

容器のフタでクルクルするときに、気をつけないと結構、ファンデの粉が舞います。なぜかというと、フタが小さく、パウダーの粒子が細かいから。

静かにクルクルすればそれほどでもありませんが、気になる人はクルクル用の容器を別に用意した方がよいでしょう。

【追記】ブラシを変えてカバー力・崩れ方を再検証しました!

エトヴォスのブラシは私には合わなくてしっかり塗れなかったので、レイチェルワインのブラシを使って再度、エトヴォスのファンデを検証し直してみました。

ついでに、粉飛び防止に、クルクル用の容器もレイチェルワインの付属シャーレに変更。

私の肌だと「ナイトミネラルファンデーション」より、「エンリッチシルキープライマー」の方がキレイに仕上がることが分かったので、下地はシルキープライマーを使用することにしました。

カバー力はそこそこ優秀

今度はしっかり重ね塗りでき、毛穴やシミも念入りにトントンできました!そして20分ほど経ち、ファンデが肌に馴染んだ状態が上の画像です。

ご覧の通り、何も塗っていない方に比べると、シミやクマ、毛穴が目立ちにくくなっています。仕上がりの美しさとつけ心地の軽さは、レイチェルワインと同じくらいです。

私の場合は毛穴パテやコンシーラーも併用した方がよさそうですが、ある程度、肌がキレイな人ならエトヴォスだけで充分だと思います。

汗にも皮脂にも崩れない

上の画像が、エトヴォスをきちんと塗ってから約6時間後の状態です。途中、力仕事をしたりで多少、汗をかいたのですが、崩れたりテカッたりはほとんどありませんでした皮脂による色ぐすみもなしです。

「汗をかいた部分だけ剥げてしまう」という口コミがあったので、顔を水で軽くすすぐ実験もしてみましたが、ご覧の通り変化なし⇓

さらにティッシュで濡れた顔を押さえてみましたが、ティッシュにもファンデーションはつきませんでした⇓

こするとさすがに少し取れますが、汗をハンカチで押さえる程度なら大丈夫そうです。丁寧に塗ればピッタリ肌に密着するようです。

この後、数時間、塗ったままで過ごしましたが、最後までほとんど崩れませんでした。崩れにくさはレイチェルワインと同等です。

エトヴォスのファンデが合わない人・崩れやすい人はブラシが犯人かも?

案の定、ファンデーション自体は問題なかったようで、ブラシを変えたら、長く塗ったままでもピリピリ・チクチク感はなく、その他の異常も出ませんでした!

肌への優しさはレイチェルワインと同じくらいか、より乾燥しにくい分、エトヴォスの方が少し上かな?という印象です。

レイチェルワインに比べると「肌に合わなかった」という口コミが多いのですが、エトヴォスのファンデが合わなかった人は、ファンデではなく、ブラシが肌トラブルの原因になっている人も多いのではないかと考えられます。

崩れやすいという人も、ブラシが痛くて、あまりちゃんと塗れていないせいで崩れた可能性が高いです。

エトヴォスとレイチェルワインのお試し比較まとめ

エトヴォスとレイチェルワンを試し比べた結果、ファンデーションのスペックはどちらも同程度で、以下の共通項が見られました。

  • 崩れにくく、カバー力もそこそこ
  • 色を隠すのはあまり得意でないが、凹凸はわりとしっかり隠れる
  • 日本人の肌に馴染みやすいカラーで、素肌そのものがキレイなように見せてくれる
  • 肌にしっかり密着し、こすらなければ夜まで取れない
  • 皮脂や汗にも強く、真夏でも使いやすい
  • どちらも国産でコスパも同じくらい

両者ともかなり優秀でしたが、強いて違いを挙げるなら

  • より乾燥しにくいのはエトヴォス
  • ブラシも優秀なのはレイチェルワイン

という感じです。

エトヴォス、レイチェルワインのお試しセットはそれぞれ、下記リンクから送料無料で購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*