マスクに付かないマキアージュ カバージェリーBB。ヌードジェリーBBとの違いを検証

マスクに付かないBBクリームとして人気の、資生堂マキアージュ「ドラマティック ヌードジェリー BB」に、新しく「カバージェリー BB」が仲間入り♡前作に比べると、カバー力を重視した設計のようです。

ここでは前作ヌードジェリー BBとの違いに注目しながら、「カバージェリー BB」を試したレビューを書きます。

マスクに付かないBBクリームを探している人、「カバージェリー BB」と前作の違いを知りたい人は参考にしてください♪



前作ヌードジェリー BBをさくっとおさらい

前作の「ドラマティック ヌードジェリー BB」は、一言で説明すると「マスク生活のための日中用色つき美容液」です。

うるおい成分と皮脂でくすみにくいパウダーを、ネット構造のジェリーで包み込んでいるので、うるつやなのにマスクに付きにくく、くずれにくいのです。

マスクに付きにくくするための、世界初の成分アプローチも話題になりました。

ベースはうるおい成分で構成された“美容液”なので、スキンケア効果を重視したい人にもうれしい処方です。

SPF50PA+++で、汗や皮脂に強いのも自慢。洗顔料で簡単に落とせる手軽さもあって、最近はファンデーション代わりにもっぱらこればかり使っていました。

「ドラマティック ヌードジェリー BB」については、次の記事で詳しいレビューを書いています。

マキアージュのドラマティック ヌードジェリー BB♡本当にマスクにつかないか実験しました!

カバージェリー BBは「カバーフィルターパウダー」を新配合

つややかな仕上がりとマスクへの付きにくさを両立するための、世界初の成分アプローチは、今作の「ドラマティック カバージェリー BB」にも採用されています。

前作と違うのは、「カバーフィルターパウダー」を新たに配合している点です。これにより、素肌感とカバー力を両立した仕上がりが実現しています。

また前作は1色のみでしたが、今作は「ライトベージュ」「ミディアムベージュ」の2色から選べます

こちらも洗顔料で落とせるので、石鹸落ちファンデとしてもおすすめです。

SPF50・PA+++、30g入り3,080円。

カバージェリー BB を前作と比べながら試したレビュー

ヌードジェリーよりもしっかり色づく

左側にカバージェリー、右側にヌードジェリーを塗って比較。

私が選んだのはライトベージュ。カバー力を重視した設計だけあり、やはり前作のヌードジェリーよりもしっかり色が付きます

ヌードジェリーにもう少しカバー力があれば…と思っていたので、個人的にわりとヒットかもしれません。

ちなみに手に取ってすぐはプニプニしたジェルですが、乾きが早いため、肌に乗せたら手早く伸ばすことが大切です。

色ムラの補正力が高い

濃いシミまで隠すのは難しいですが、ヌードジェリーに比べて色ムラの補正力が高く、毛穴もまあまあ隠してくれます。質感はややつやあり

仕上がりとしてはミネラルファンデーションのそれに似ています。同じマキアージュのパウダーファンデーションのように肌に溶け込むのではなく、肌の上に色が乗っている感じ。

したがってより繊細で自然な仕上がりを重視するなら、「マキアージュ ドラマティックパウダリー EX」の方がおすすめです。

>>ドラマティックパウダリー EXのレビュー

ですが普段使いしやすい石鹸落ちファンデとして考えるなら、くずれにくさもあって悪くないです。

個人的には多少仕上がりが雑でも、簡単に使えるこういうアイテムはやはり便利です。

マスクに付きにくい

汚れが見えやすいよう、画像のコントラストを上げています。

この日の気温は34度。周りに人がいないときは屋外をあごマスクで歩いており、水分補給のためのマスクのつけ外しも多かったので、マスクがファンデーションで汚れやすい状況でした。

ですが夏の炎天下に、数時間外出したあとのマスクもご覧の通り。若干の色移りは見られるものの、ほぼ気にならない状態です。

当然、汗をぬぐったハンカチにも付きにくいので助かります。

メイクのくずれ方も、マスクのゴムが当たる部分が多少剥げている気がする程度。クレンジングいらずであることを考えれば、許容範囲です。

ちなみに私は乾燥肌のため、フェイスパウダーはなしで使用しています。

日焼け止め効果はイマイチ

ヌードジェリーもそうだったのですが、SPF値が高いわりに日焼け止め効果はイマイチです。

紫外線が強くない季節に使用するなら問題ないのですが、今時期は少し外を歩いただけで肌が赤くなってしまいました

屋外にいた時間は全部で30分もなかった日でそれなので、夏にこれ単体で紫外線対策をするのはおすすめしません。

ですが洗顔料で落とせてくずれにくいのは、やはり魅力的なので、真夏以外はこればかり使うことになりそうです。

改まった席など仕上がりを重視したいときのみ、正式なファンデーションを使う感じですかね…。

今回紹介した「ドラマティック カバージェリー BB」は、こちらから送料無料で購入できます♪

>>ドラマティック カバージェリー BBの販売ページ

まとめ

「ドラマティック カバージェリー BB」は前作の「マスクに付かない日中用色つき美容液」という製品特徴を踏襲しつつも、「カバーフィルターパウダー」を新配合。

素肌感とカバー力を両立した仕上がりで、カラーも2色から選べるようになっています。

私も使ってみましたが、確かに前作に比べてカバー力がアップ。色ムラ補正程度であればこれだけでできてしまいます。

くずれにくくマスクに付きにくいのは、前作から変わりません。洗顔料で落とせるのも魅力。

ただし意外に日焼け止め効果は弱いので、夏は日焼け止めクリームなどと併用するのがよさそうです。

>>ドラマティック カバージェリー BBの販売ページ