エトヴォスのモイスチャライジングクリームを、乾燥性敏感肌がリピートしたワケ

「ミネラルファンデーションのブランド」というイメージの強いエトヴォスですが、実はエトヴォスはセラミドスキンケアもすごいということを知っていますか?

私もファンデーションに気を取られてずっと見逃してしまっていましたが、試しに使ってみたところ、どんどん肌が健康な状態に改善していきました。

そこでここでは「モイスチャライジングクリーム」のレビューを中心に、エトヴォスのセラミドスキンケアについて紹介します。

特に乾燥肌・敏感肌の人にシェアしたい情報なので、当てはまる人はぜひ読んでみてください♪



【プロローグ】エトヴォスのセラミドスキンケアが何かすごかった件

ファンデのおまけとして入手した、お試しサイズのスキンケア

以前レビューを書いた通り、昨年秋にエトヴォスのミネラルファンデーションのお試しキットを買いました。

それが上の画像のもので、上半分にスキンケアのトライアルサイズも入っていたのです。ですがエトヴォスといえばミネラルファンデーションのイメージが強いですし、私の目当てもあくまでファンデーション。

そのためこのときは、スキンケアはおまけくらいにしか思っておらず、あまり注目していなかったのです。

捨てるのはもったいないから使っただけなのに

石鹸は肌に合わないことが多いので手を出していないのですが、他のスキンケアアイテムは肌に合いそうでした。

  • アルティモイストローション<化粧水> 現品価格4,180円
  • アルティモイストセラム<保湿美容液> 現品価格 5,280円
  • モイスチャライジングクリーム<クリーム> 現品価格4,180円

クリームの容器が口が小さくて使いにくいですが、捨てるのはもったいないので、この3アイテムを最後まで使うことにしたのです。

ですが最初の頃は特にこれといった変化はありませんでしたし、そこまで期待もしていませんでした。そのためこのときはまだ「レビューを書いてみんなに知らせなくては!」ということは一切考えておらず、そのせいでトライアル商品の写真も以前のレビューに載せた画像の使い回しになっています。

さらに美白美容液のサンプルも付いていましたが、パウチのサンプルは使いにくいので面倒くさいですし、期待もしていなかったのでスルーしました。

悦楽のつるっつる&なめらか肌に

容器が使いにくいので半ば義務感から続けていたのですが、もうすぐ使い切ろうかという頃になって、肌が驚くほどなめらかになっていることに気が付きました

顔だけでなく、手に残ったクリームをついでに塗っていた二の腕もつるっつる。キメが細かくなり、鼻や頬の毛穴も小さくなっています

私は肌質が弱く乾燥肌でもあるため、肌状態は荒れてザラついているのがデフォルト。このときは体調の関係で、特に肌荒れしやすいタイミングでもありました。それにもかかわらず、ずっと触り続けていたくなるほど極上の手触りなのです。

使うときは手で塗るので、指先も当然しっとりつるつる。まるで少女の手のようなやさしい握り心地で、反対の手でニギニギすると大変癒されます。多分、オキシトシンとか出てたと思います。

>>【送料無料】「そんなにいいなら、同じお試しキットが欲しい!」という人は、こちらから2,420円で買えます♪

使い切ったら肌荒れ再発。もうリピートするしかない・・・!

3アイテム全部揃えたいですが、予算の都合でとりあえずクリームだけ買ってみました。すでに効果のすごさを知っている私には、救世主に見えます。

「こんなに肌が整うなら、全部使ってしまう前に買い足すべきかもしれない・・・」と思いましたが、安いものではないこともあり、すっかりすべすべになった二の腕をふにふにと揉みながら、なんとなくグズグズしていました。

そうこうするうちにお試し分を使い切ってしまい、2~3日ほどで肌荒れが再発。エトヴォスのおかげで一瞬収まっていた皮剥けも再発です。

ですが3アイテムを一度に買うのはなかなかの出費なので悩んだ末、とりあえずクリームだけ買ってみることにしました。

それでダメなら美容液を買い足し、それでもダメなら3アイテム全部揃えるしかないかしらどうかしら・・・という作戦です。



モイスチャライジングクリームを現品でしっかり続けてみたレビュー

現品はポンプ式容器で使いやすい

そんなわけで念願の「モイスチャライジングクリーム」が届いたので、さっそく使っていきます!トライアルサイズは容器自体も口も小さくて使いにくかったですが、現品はポンプ式容器になっているので、中身が出しやすいです。容量は30gで、約1.5~2.5ヶ月分

30日間返品保証があるので、肌に合わないときは使用後でも返品できます。

ですが私はトライアルで肌との相性が分かっていましたし、しばらく続けたいとも思ったため、定期コースにしてもらいました。定期コースだと10%値引きされるので、少し安く買えるのです。

回数縛りがなく、最低購入回数のノルマがないのも安心です。ちなみに通常購入も定期コースも、どちらも送料無料

5種の “ヒト型セラミド”を高濃度配合

ワンプッシュでこのくらい出てきます。このクリームの中には、うるおいの源であるヒト型セラミドがたっぷり詰まっています。

エトヴォスのスキンケアはセラミドに着目した処方が特徴。この「モイスチャライジングクリーム」も5種の“ヒト型セラミド”として、「セラミドEOP、NG、NP、AG、AP」をバランスよく高濃度で配合しています。

さらに4種のビタミンと、9種の植物エキスも配合。「敏感肌や乾燥肌もハリのあるやわらかな肌に導きます」と公式サイトに書いてありますが、トライアルを使っていたときは確かにしっとりとやわらかい肌になれました。

すぐに買い足さなかったせいで今また手触りが悪くなっているので、このクリームでふたたび、あの素晴らしい触り心地を取り戻したいです。

リッチだけどベタつかず、被膜感もなし

固めのクリームで、伸ばすとこんな感じ。リッチなクリームですが、よくなじませると肌と一体感が出てきて、被膜感やベタつきは残りません。

テクスチャーはこっくりした固めのクリームですが、肌になじんだあとはベタつかず、クリームのうるおいが肌と一体になっているような感触です。被膜感もなく、軽い付け心地で快適です。

敏感肌ですが刺激も0。伸びがイマイチなので、使い始めの頃はそこまでいいと思わなかったのですが、肌の変化と共によさが分かってきました。

ただし直接肌に乗せると伸ばしにくく、ムラにもなりやすいです。「モイスチャライジングクリーム」を塗るときは、1~2プッシュを指先に伸ばし手のひらで温めてやわらかくしてから、プレスする要領で顔に塗っていきます

気になるところは重ね塗りするのがおすすめ。

寝る直前の“追い保湿”もおすすめ

公式サイトによると、特に乾燥が気になるときはお風呂上がりのお手入れとは別に、寝る直前の“追い保湿”として、1プッシュ分を塗り足すとよいそうです。

私は今のところ通常の使い方で足りていますが、冬場などに物足りなくなるようなら、この方法も試してみようと思います。

美容液を併用するのがおすすめ

今回はクリーム以外は手持ちのもので済ませたので、参考までに使用アイテムを載せておきます。化粧水:エリクシールルフレ バランシングウォーター、乳液:ニベアスキンミルク(さっぱり)

エトヴォスのスキンケアは美容液を使う前提で設計されているため、化粧水とこのクリームだけだとクリームが伸ばしにくく、保湿力もイマイチです。

公式サイトの「モイスチャライジングクリーム」の使い方の説明にも、「美容液をなじませた後に伸ばす」と書いてあります。

ですがあいにく美容液は持っていなかったので、代わりに「ニベア スキンミルク(さっぱり)」を使ってみたところ、「モイスチャライジングクリーム」がなじませやすかったです。

重たい乳液だと「モイスチャライジングクリーム」がなじみにくいので、乳液で代用するならゆるめのテクスチャーのものがおすすめ



10日ほどで荒れた肌がだいぶ肌が回復

お試しキットですべすべになったのは化粧水と美容液の効果もあったと思うので、再び荒れてしまった肌がこのクリームだけでどこまで回復できるか・・・というのが懸念事項です。

ですが現品で再開して10日ほどで、荒れた肌がだいぶ回復してきました。まだ一番よかったときほどのなめらかさではありませんが、しっとりとやわらかく、なかなかの触り心地です。

このままこのクリームだけで最盛期の肌状態まで回復するか、それとも他のアイテムの買い足しも必要か、このときはまだ判断しかねていましたが、とりあえずクリームは当分手放せないと思いました。

「ハリを感じた」という人もいる

私は今のところはひたすら「すべすべ・なめらか」といった効果の出方ですが、アットコスメの口コミによると、「ハリを感じた」という人もいるようです。

そういえば公式サイトの商品説明でもさらっと「『ハリのある』やわらかな肌に」と書いていました。

「モイスチャライジングクリーム」にはコラーゲンの生成を促す「パルミチン酸レチノール」が配合されているので、ハリ効果はその作用だと思われます。パルミチン酸レチノールとは、ビタミンA誘導体の一種。

レチノール系は刺激が強い成分もありますが、パルミチン酸レチノールは肌への刺激が少なく、安定性も高いため、レチノール初心者にもおすすめの成分といわれています。

1ヶ月ほどでシミが浮いてきた

これらのシミは、もともとはもっと肌の奥にあってぼやけて見えていました。

お試しキットを含めてだいたい1ヶ月ほど経った頃でしょうか。頬に点在しているシミが、以前に比べて肌の表面に浮いてきているように思われます。

使用前に比べて全体的にシミの色が濃くなっているのですが、シミが悪化しているのではなく、肌の奥にあってぼやけて見えていたのが、表面の方に上がってきたことで濃くなっている感じです。

エトヴォスのスキンケアで肌が活性化されたことで、メラニン色素などの老廃物が押し出されやすくなっているのだと思います。

シミの位置が浅くなったことで、美白化粧品の成分も届きやすくなったはず。これだけでシミを消すのは難しいでしょうが、間接的には美白にもつながっていきそうです。

シミケアしやすくなったので美白ラインの美容液を追加したい

次に憧れているのはこれ。セラミドスキンケアを続けながら美白ケアもしたい私に、きっとぴったりのはず・・・。

とりあえず今回はクリームのみの購入でしたが、やはり美容液もエトヴォスのものの方がよかった気がします。

お試しキットに入っていた美容液はプレエイジングケアラインのものでしたが、「モイスチャライジングクリーム」は美白アイテムの効果を引き立たせてくれそうな感じがするので、美容液は美白系のものを選ぶことに。

第一候補は同じエトヴォスの「薬用 ホワイトニングクリアセラム」。セラミドを補いながら美白ケアもできることに魅力を感じています。有効成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリル。

冒頭のお試しキットで面倒くさがってスルーしたサンプルの製品ですね(^^;まずは手元のサンプルを使ってみて、よかったらまた報告しようと思います。

なお今回紹介した「モイスチャライジングクリーム」は使用後の返品が可能ですが、それでも「いきなり現品は抵抗がある」という人もいると思います。

その場合は下のバナーのお試しキットが、人気のミネラルファンデーションも一緒に試せるのでおすすめです。お試しキットは送料無料です。

なぜエトヴォスのセラミドスキンケアがよいの?

セラミドは肌がもともと持つ、バリア機能のための成分

セラミドとはヒトの肌にもともと備わっているもので、外部刺激から肌を守るバリア機能のための成分です。

充分なセラミドで満たされた肌は外部刺激から自身を守る力が強く、水分も逃がしにくいため、肌荒れしにくくうるおっています。キメが整っているので、見た目にも美しい状態です。

ですがセラミドは、間違ったスキンケアや老化などによって減少してしまう成分でもあります。

セラミドが不足すると乾燥やくすみ、ゴワつきなどの原因になります。セラミドが失われることで角層に隙間ができてしまうため、刺激物質も肌の奥に入り込みやすくなり、赤みや痒みを引き起こすこともあります。

このような状態から健康的で美しい肌を取り戻すためには、足りなくなってしまったセラミドを外から補うことが大切です。

エトヴォスのスキンケアは、足りないセラミドを補ってくれる

エトヴォスのセラミドスキンケアも、不足しているセラミドを補うことを重視しています。セラミドにはさまざまな種類がありますが、エトヴォスが採用しているのは「ヒト型セラミド」と呼ばれるもの。

ヒトの皮膚にもともと存在するセラミドと構造が似ているため、肌にやさしく、保湿効果や浸透力に優れた性質を持ちます。

私にエトヴォスのスキンケアが効いたのも、セラミド不足から肌の調子をくずしていたところに良質なセラミドが補われたので、肌が回復したのでしょう。

肌悩みに合わせて4つのラインから選べる

そんなセラミドにこだわるエトヴォスのスキンケアラインは4種類。肌悩みに合わせて選べるようになっています。

  • アルティモイストライン:プレエイジング保湿ケア
  • モイスチャーライン:保湿ケア
  • バランシングライン:ニキビ・毛穴ケア
  • バイタライジングライン:エイジングケア

今回私が買った「モイスチャライジングクリーム」は保湿ケアのモイスチャーライン、お試しキットに一緒に入っていた化粧水と美容液は、アルティモイストラインです。

この他に美白ケアや花粉ケアなど、4つのラインのいずれにも属さないアイテムもあります。

低刺激処方だからデリケートな肌にも安心

エトヴォスのスキンケアはセラミド不足に陥っているデリケートな肌のことを考えて、低刺激処方にもこだわっています。

【7つの不使用】

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • 着色料
  • 合成香料
  • パラベン
  • アルコール

さらに4ラインすべてにトライアルセットまたはトラベルセットがあり、初めての人も試しやすくなっています。

現品も30日間返品保証が付く製品が多く、スキンケアとの相性が難しい肌質の人も安心して購入できます。

エトヴォスのスキンケアはセラミドの配合量が多い

「セラミド配合」を謳う化粧品でも、実際の配合量はわずかということもあります。配合量が十分でなければ、効果も発揮しにくいです。

ですがエトヴォスのスキンケアは「セラミドスキンケア」を標榜するだけあって、セラミドの配合量が多め

成分の配合量の多い・少ないというのは、成分表示を見るとある程度分かります。化粧品の成分表示は、配合量が多いものから順に書く決まりがあるからです。

エトヴォスのスキンケアは成分表示の前の方にセラミドの記載があることから、セラミドの配合量が多いことがうかがえます。

参考までに、今回紹介した「モイスチャライジングクリーム」の全成分を記載しておきます。太字がセラミドです。

水、シア脂、ステアリルアルコール、グリセリン、マカデミア種子油、ジ(クエン酸/ステアリン酸)ポリグリセリル-3、ペンチレングリコール、ラベンダー花水、ベヘニルアルコール、オリーブ果実油、ステアリン酸グリセリル、BG、セラミドEOPセラミドNGセラミドNPセラミドAGセラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCI、ヒスチジンHCI、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、テオブロマグランジフロルム種子脂、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ヒマワリ種子油、ラウリン酸メチルヘプチル、コーン油、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ジグリセリン、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

まとめ

エトヴォスのセラミドスキンケアは、肌のバリア機能が低下している乾燥肌・敏感肌の人のお手入れにとてもおすすめです。私もお試しキットで使い始めて、とりあえず「モイスチャライジングクリーム」だけは現品で続けていますが、なめらかでキメ細かい肌になれて、毛穴も小さくなってきています

お試しキットを使い終わって数日止めたらまたザラついてきたので、私にはとても合っているようでしばらくは手放せそうにありません。

ニキビケア用のラインなどもあるので、肌の調子に何かしら問題を抱えているなら、エトヴォスのセラミドスキンケアを試してみてはいかがでしょうか?

>>【送料無料】「そんなにいいなら、同じお試しキットが欲しい!」という人は、こちらから2,420円で買えます♪

【関連記事】
【全成分・使い方つき】エトヴォス アルティモイストセラムを1ヶ月試したレビュー