洗顔パウダー|CACウォッシングパウダーの口コミと、正しい使い方・裏技

記事内に広告を含みます

昔から根強い人気を誇る「CACウォッシングパウダー」。ニキビ・肌荒れに悩む人や敏感肌の人を中心に、長く支持されてきた全身洗浄料ですが、マスク生活による肌トラブルが増えたことで、最近新たに注目されるようになりました。

そこでここでは、「CACウォッシングパウダー」の購入を検討している人のために、口コミを集めてみました。「CACウォッシングパウダー」の正しい使い方と、手早く使える便利な裏技も紹介します。



CACウォッシングパウダーの特徴

「CACウォッシングパウダー」は、2021年11月にリニューアルしたしっとりタイプのパウダー洗浄料です。旧商品名は「シーエーシー ウォッシングパウダー」でした。洗顔料としてだけでなく、髪や体にも使えます

洗浄成分には、植物由来の100%アミノ酸系洗浄成分のみを使用。赤ちゃんの肌にも安心して使えます。

1回使い切りの分包になっているため、防腐剤・保存料など肌に不要な成分は一切カット。アミノ酸系洗浄成分で汚れを落とし、糖とアミノ酸で保湿するシンプルな設計の洗浄料で、添加物が含まれていないので、敏感肌にもおすすめです。

価格は1.1g×75包入り3,300円。少しお高いですが、定期購入なら10%割引・送料無料になります。回数縛りはなく、マイページから解約手続きできます。

CACウォッシングパウダーの口コミ

よい口コミ

最初は上手く使いこなせなかったが、ちゃんと使ってみたらニキビの赤みが引いて小さくなり、その後1週間ほどで顔いっぱいにあったニキビがほとんどなくなった。これだけ効果があるなら、値段もむしろ激安と思える。

今はニキビができなくなったため、コスパを優先して石鹸に変えてしまったが、それまでは自分の定番アイテムとして8年お世話になった。(28歳・混合肌)

引用元:@cosme

年齢のせいか鼻の毛穴が開き、オイリーに偏って困っていたが、久しぶりにこれを使ったらあっという間にすっきり。他の部分も赤ちゃんのような肌に。こういう感じはCACだけなので、他の商品に浮気しても結局戻ってくる。(47歳・混合肌)

引用元:@cosme

冬になると子供の肌が乾燥でガサガサになり、血がにじむほど。そこでスポンジは使わず、これと手で全身を洗い、保湿クリームを塗ったところ、翌朝にはだいぶキレイになっていた。本当は自分用に買ったけど、子供用になりそう。(35歳・敏感肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

洗浄力がきついため、肌が乾燥してザラつく。ファンケルの洗顔パウダーよりはマシな程度。無添加石鹸で洗ったときのようで、使い続けるには厳しい。(34歳・脂性肌)

引用元:@cosme

糖類が入っているせいか、うるおいとは違うペタペタ感が残る。(40歳・混合肌)

引用元:@cosme

ニキビを治してくれた思い出の商品だが、ゴミが面倒でコスパも悪いため、ファンケルに乗り換えてしまった。(29歳・敏感肌)

引用元:@cosme

口コミまとめ

ニキビが治った」「乾燥で荒れた肌が落ち着いた」など、肌トラブルへの効果を実感する口コミが多く、40歳くらいから上の世代では、30年ほど愛用しているという人もたくさんいました。

「CACウォッシングパウダー」は、マイルドな洗浄成分を採用したシンプルな処方なので、強い洗浄成分が合わない人や、余計な成分で肌荒れしてしまう人には特によいのかもしれません。

ですが、アミノ酸系の洗浄成分が合わないなど、肌に合わない人もいました。アミノ酸系洗浄成分は、洗浄力が弱めですが、肌に合わない人だと乾燥などの肌トラブルが起こることもあるようです。

あとは、保湿成分の糖類とベタインのペタペタした感触が気になるという人や、「個包装のゴミが面倒」という人もいました。油分を使わないことにこだわっているメーカーのため、他の製品も保湿成分は糖類とアミノ酸が中心になっています。



CACウォッシングパウダーの正しい使い方・裏技

正しい使い方と泡立て方

別売りの泡立てグッズです。左から泡立てボウル1,760円、泡立てネット(ボールタイプ)495円、泡立てネット(ベルタイプ)220円、CAC泡立てポンプ110mlボトル825円。

【使用量の目安】

  • 洗顔:1/2包(メイクをしている場合は1/2包×2度洗い)
  • 全身(髪・顔・ボディ):2包

洗顔は肌の凹凸を意識しながら、たっぷりの泡で円を描くように洗います。石鹸で落とせるものであればメイクも落とせますが、その場合は2度洗いがおすすめです。

泡立て方はパウダー1包につき、空袋1~2杯の水を加えて泡立てます。手のひらを逆さまにしても落ちないくらい、弾力のあるきめ細かい泡が理想です。

別売りの泡立てネットや泡立てボウルを利用すると、やりやすいでしょう。泡立てポンプも別売りされていますが、こちらは消耗品のため、1ヶ月程度を目安に定期的な買い替えが必要になります。

CACウォッシングパウダーで洗髪

洗髪に使うときは、2度洗いします。1度目は頭皮と髪をたっぷりの泡で包み込むように洗いましょう。

2度目は泡を付けて少し置いてから、指の腹で頭頂部に向かって、頭皮をマッサージしながら洗います。洗い終えたらすすぎ残しのないよう、シャワーなどでよく洗い流しましょう。

手早く泡立てる裏技

「CACウォッシングパウダー」を泡立てるときは、別売りのボールタイプの泡立てネットを使うと、手早くたくさんの泡が作れます

ベルタイプの泡立てネットの場合は、3つくらい使うと早くたくさんの泡が作れます。手持ちのベルタイプの泡立てネットで時間がかかってしまうときも、3つに増やしてみるとよいでしょう。

なお、「泡立てネットだと、正しい泡が作れているか自信がない」という人は、泡立てポンプを使うと便利です。泡立てポンプはポンプに入れる水量さえ守れば、自動的に正しい泡を作ってくれます。

CACウォッシングパウダーの全成分

パーム脂肪酸グルタミン酸Na、ラウロイルグルタミン酸Na、トレハロース、プルラン、マルチトール、デキストリン、グルコース、マンニトール、ベタイン、グリシン、アラニン

まとめ

「CACウォッシングパウダー」は、しっとりタイプのパウダー洗浄料です。顔だけでなく、髪や体にも使えます。マイルドな洗浄力のアミノ酸系洗浄成分に、保湿成分の糖類を中心としたシンプル&低刺激な処方で、防腐剤などの添加物は一切入っていません。

口コミ評価が高く、ニキビ・肌荒れなどのトラブルが落ち着いたという人や、30年愛用しているという人がたくさんいました。

使い方の基本は、弾力のあるきめ細かい泡をしっかり作ること。手早く泡立てるための便利なグッズも別売りされているので、必要に応じて利用するとよいでしょう。