【目元のしわ・たるみ】メンズにも大人気♡ネットで買えるマイクロニードルパッチ4選

記事内に広告を含みます

男性のスキンケアが常識になりつつある昨今。若年層だけでなく、40代以上も肌のお手入れに気を配るようになったことから、エイジングケアに意識を向ける男性も増えています。

男性が年齢サインのお悩みとして特に気になっているのは、「目の下のしわ・たるみ」なのだそう。

そこでここでは目の下のしわ・たるみをケアしたい人のために、目元用マイクロニードルパッチ4選を紹介します。

貼るだけで簡単にケアできるので、ハリのある目元を手に入れたい人は参考にしてください♪

男性に多い目元のお悩み2つと原因

下まぶたのたるみ・クマ

男性に多い目元のお悩みでもっとも多いのは、「下まぶたのたるみ」です。一般に「目袋」とも呼ばれています。

女性にも見られますが、男性は「眼窩脂肪」が多いため、加齢とともにたるみが生じやすいといわれています。

「眼窩脂肪」とは、眼球が収まっている骨のくぼみ(眼窩・がんか)の底にある脂肪のことです。もともとは眼窩の中に収まっていますが、眼球を囲んでいる筋肉が衰えることで前方に押し出され、下まぶたが膨らんできます。これが、下まぶたのたるみの正体です。

また、クマに悩む男性も多いですが、クマの原因は下まぶたのたるみです。クマには大きく3種類あり、それぞれ原因が異なりますが、ミドル世代以降の男性に多いのは「黒クマ」と呼ばれるタイプのもの。

このタイプのクマは、まぶたのたるみによる「影」のせいで黒く見えてしまうのです。

目尻・下まぶたのしわ

目尻・下まぶたのしわに悩む男性も多いです。男性のしわの主な原因は、乾燥だといわれています。

適度な笑いじわはチャームポイントにもなりますが、日焼け止めクリームやBBクリームが入り込んでヨレてしまうので、気になる人もいるかもしれませんね。

話題の「マイクロニードルパッチ」とは?

参照元:楽天市場

美容成分を角層に届ける、部分用パッチ

男性の愛用者も増えているマイクロニードルパッチとは、微細なニードルをシートに敷き詰めた部分用パッチです。目元・ほうれい線用が主流ですが、頬用なども売られています。

ニードルといっても金属針ではなく、ヒアルロン酸などの美容成分を針状に固めたもので、角層に成分を届けることを目的に作られています。

また、ニードルが届くのは、肌表面の角層まで。奥の真皮まで刺さることはないため、多少チクチクする程度で痛みはなく、血が出ることもありません。

なお、ニードル部分は美容成分でできているため、最終的には肌の水分に溶けてなくなります。そのため、時間とともにチクチク感も薄れていきます。

保湿効果は低い

マイクロニードルパッチは美容成分を角層に届けるためのもので、保湿のためのアイテムではないため、美容液や乳液などに比べて保湿効果は低いです。

したがって、保湿は化粧水や乳液などで行う必要があります。 マイクロニードルパッチはあくまで、普段のお手入れでは浸透しきれないところに成分を届ける目的で使うのがよいでしょう。

効果を実感できるまでに長くかかる

保湿効果が低いこともあり、使ってすぐに肌の変化を実感できるものではないことも、知っておいた方がよいでしょう。

スキンケア商品の中には使ってすぐに肌の感触が変わるものや、高い保湿力が感じられるものなどもありますが、マイクロニードルパッチで効果を実感するには、長く続ける必要があります。

目元用マイクロニードルパッチの選び方

「目元用」と書かれているものを選ぶ

マイクロニードルパッチは商品によって対象部位が異なるため、目元のケアに使いたい人は「目元用」と書かれているものを選びましょう。

目元用のパッチはほうれい線にも貼れる形のため、ほうれい線用を兼ねていることもあります。

ニードルの密度・長さ・形で選ぶ

ニードルの密度・長さ・形にも注目してみましょう。マイクロニードルパッチは、ある程度ニードルの密度が高くないと成分が肌にしっかり届きません。ですが、密度が高すぎても圧力が分散されてしまうため、角層に刺さりにくくなってしまいます。

具体的には、1㎝²あたり200~300本が理想といわれます。目元用であれば、1枚700本くらいを目安に選ぶとよいでしょう。

また、ニードルの長さは200㎛がベストとされます。あまり短いとしっかり刺さりませんが、長すぎても深く刺さりすぎて肌に負担になる可能性があります。

形は山のてっぺんを平たくしたような、「円錐台形」がおすすめです。安定感があって折れにくく、チクッと感も少ないです。ただし、この形状は特許技術で作られているため、採用されている製品が限られます。

似た形で「富士山形」などもあるので、そうした商品も検討してみるとよいでしょう。

美容成分で選ぶ

  • ヒアルロン酸Na…分子量が大きく、肌表面にうるおいの膜を作る。
  • 加水分解ヒアルロン酸…分子量が小さく、角層のすみずみまで浸透してうるおいを届ける。
  • アセチルヒアルロン酸…肌なじみがよく、ヒアルロン酸Naの約2倍の保水性を持つ。

マイクロニードルパッチはヒアルロン酸を主な美容成分としたものが主流です。ヒアルロン酸は保水力の高い成分ですが、種類によっても性質や肌への効果が異なります

加水分解ヒアルロン酸は「低分子ヒアルロン酸」、アセチルヒアルロン酸は「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれることも。 ですが、どれが優れているということはなく、目的に合った種類のヒアルロン酸が使われていることが大切です。

また、しわ・たるみのケアには、ナイアシンアミドが配合されている商品もおすすめです。ナイアシンアミドは肌の弾力のもととなる、コラーゲンの生成を促す働きがあります。

さらに血行を促す働きもあるため、血行不良による青クマが気になる人にもよい成分です。

ビタミンC誘導体やレチノールもしわ・たるみが気になる人によい成分ですが、こちらは人によって刺激を感じることがあるため、使用するときはその点を理解しておきましょう。

厚みのあるシートが使いやすい

シート部分が薄いものは、台紙から剥がすときに丸まってしまって扱いにくいです。

ある程度、シートに厚みのあるものを選ぶとよいでしょう。

苦手な成分がある人は成分表示を確認

敏感肌などで苦手な成分がある人は、購入前に成分表示を必ず確認しましょう。

特に果物など植物系のアレルギーがある人は、同じ科の他の植物のエキスなどでも反応してしまうことがあります。

ですが、マイクロニードルパッチは成分表示やシートの素材について、公式サイトに情報がない商品も多いのが現状です。気になる場合は、購入前にメーカーに問い合わせてみるのがよいでしょう。

定期購入は解約条件を確認してから

マイクロニードルパッチの多くは、ネット通販のみで販売されており、割引価格で購入できる定期購入制度が選べるものもあります。

ですが、定期購入はメーカーや商品によって、解約条件が異なる点に注意が必要です。

一定回数以上購入してからでないと解約できない」、「解約の手続きは電話でしか受け付けない」などの条件が設定されていることがあるため、事前の確認が必須です。

「割引価格」「送料無料」などの煽り文句に飛びつかず、条件をよく確認してから判断するようにしましょう。

また、中には「いつでも解約可能」としながら、実際にはなかなか解約させてもらえないケースもあるようです。解約の様子については口コミサイトを見るか、「商品名 解約」で検索すると情報が得られることがあります。

マイクロニードルパッチの効果的な使い方

洗顔後、化粧水で肌を整えてから使う

マイクロニードルパッチは、夜寝る前に貼り、そのまま就寝するものがほとんどです。

使い方は洗顔して肌を清潔にし、化粧水で整えてからパッチを貼ります。このときに、化粧水の水分が肌に残っているとパッチが浮いてしまうので、化粧水が肌になじむのを待ってから貼ることが大切です。

また、パッチを台紙から剥がすときは、ニードルを指で触らないよう、フチの部分を持ちましょう。

なお、肌に油分があるとパッチが剥がれやすくなるため、下まぶたには乳液などの油分を塗らないようにしましょう。

肌にしっかり密着させる

パッチを下まぶたに貼ったら、指で押さえながら肌にしっかり密着させます。横にスライドさせるのではなく、肌に対して垂直方向に押さえると上手に貼れます。

貼り直すと粘着力が低下してしまうので、1回で目当ての場所に貼れるよう、慎重に位置を合わせましょう。

翌朝に剥がして洗顔・保湿する

翌朝にパッチを剥がし、いつも通りに洗顔・保湿して完了です。マイクロニードルパッチは保湿力がほとんどないので、特に保湿は必ず行いましょう

なお、商品によっても使い方が異なる可能性があります。パッケージなどに使い方の説明が書かれているときは、説明書の指示に従ってください。

使用頻度を守る

マイクロニードルパッチは毎日使うものではなく、スペシャルケアとしてときどき使うものです。商品によって異なりますが、週1~2回の使用が推奨されているものが多いです。

過度の使用は肌に負担がかかる恐れがあるため、説明書に書かれている使用頻度の範囲を守るようにしましょう。

肌が敏感なときは使用を控える

肌が敏感なときは、使用を控えましょう。マイクロニードルパッチは塗るだけの化粧水などに比べて成分が浸透しやすいため、肌が弱っているときには刺激になる可能性があるからです。

また、ニードルによる圧迫や、剥がすときの物理的な刺激も、肌がデリケートなときには負担になりやすいです。

ネットで買えるマイクロニードルパッチ4選

①北の快適工房|ヒアロディープパッチ

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

目元・ほうれい線用のマイクロニードルパッチで、男女兼用です。 美容成分はヒアルロン酸、プラセンタ、レチノール、アデノシンなど10成分を配合。

ヒアルロン酸は、角層に届きやすい低分子ヒアルロン酸を使用しています。

長さ200㎛のニードルが、1枚当たり750本。推奨使用頻度は、就寝時に週1回。

ですが、寝ている間に剥がれやすいという意見も多く、予定のない休日に使用することで対策している人もいるようです。

容量・価格は4セット8枚入り、4,864円。1箱で約1ヶ月使えます。

>>北の快適工房 ヒアロディープパッチの販売ページ

②ハーリス|モイストパッチ

参照元:Amazon

ヒアルロン酸Na、水、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、パルミチン酸レチノール、水溶性プロテオグリカン、ユビキノン、アデノシン、エクトイン、ローヤルゼリーエキス、加水分解卵殻膜、ナイアシンアミド、プルラン、グリセリン、キャビアエキス、トコフェロール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ペンチレングリコール、クダモノトケイソウ果実エキス、カラスムギ穀粒エキス、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、フラーレン、アセチルヘキサペプチド-8、クオタニウム-33、コレステロール、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、PG、イソプロパノール、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、コーン油、PVP、塩化Na、ジステアリルジモニウムクロリド、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、ヒドロキシアセトフェノン、リン酸Na、リン酸2Na

目元・ほうれい線のどちらにも使えるタイプです。高分子タイプのヒアルロン酸2種にプロテオグリカンやレチノール、プラセンタエキス、3種類のセラミドや6種類のビタミンなどの美容成分を贅沢に配合しています。

角質細胞の隙間を埋めている細胞間脂質と同じ「ラメラ構造」のナノカプセルに成分を閉じ込めることで、肌になじみやすく、より優れた浸透力*を発揮します。

また、カプセルは多層構造になっているので、長時間にわたってじっくりと、効率よく成分を肌に届けることができます。

ニードルは角層を突き破らない長さに設計されており、密度は1シート当たり約750本。 使い方は5日に1回、就寝時に使用します。

容量・価格は3セット6枚入り、5,940円。1箱で約半月分です。

*角層まで

>>ハーリス モイストパッチの販売ページ 

③ニードロップ|NDマイクロパッチ HA

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸レチノール、アスタキサンチン、アルブチン、ナイアシンアミド、プラセンタエキス、セラミドAP、セラミドNP、ヘマトコッカスプルビアリスエキス(保湿成分)、バニリルブチル、グリチルリチン酸2K(整肌成分)、リン酸アスコルビルMg(製品の抗酸化剤)

独自開発の円錐台形状ニードルが特徴的な目元用パッチが、10種の美容成分を新配合してリニューアル。 従来のヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲンなど4種類に加え、レチノールやナイアシンアミド、2種のセラミド、グリチルリチン酸2Kなどが新たに配合されました。

高密度のニードルは、1㎠当たり400本。1シートにつき1800本のニードルが敷き詰められています。 理想に比べるとかなり高密度ですが、圧力が分散されることで、より痛みを感じにくいメリットはありそうです。

温感作用のあるバニリルブチルが配合されている点も特徴的。角層をほぐし、巡らせることで、成分の浸透*を促します。

使い方は週に1回、就寝時に使用します。 容量・価格は4セット枚入り、4,800円。

*角層まで。

>>ニードロップ NDマイクロパッチ HAの販売ページ 

④シロバリ|モイストパッチ

加水分解ヒアルロン酸

角層に浸透しやすい加水分解ヒアルロン酸100%のニードルを採用した、目元用パッチです。

シート部分には、絆創膏にも使用されているハイドロコロイドを使用。パック効果により、成分の浸透*をサポートする働きが期待できます。

成分構成が極めてシンプルなので、デリケートな肌質の人にも比較的刺激が少ないです。 また、貼る時間が40~50分ほどと短く、起きている間に済ませられるため、就寝中だとパッチが気になってしまう人でも使えます。

使用頻度は7~10日に一度が目安です。

ニードル部分の造形には、歪まずにまっすぐな針が作れる独自技術「3D製法Ⓡ」を採用。角層にまっすぐ刺さるので、肌への負担が少ないです。

ただし、成分がヒアルロン酸のみでハリケア成分は含まれていないため、水分補給以上の効果は見込めそうにありません。

容量・価格は1セット2枚 2,310円 / 4セット8枚 9,240円。

*角層まで

>>シロバリ モイストパッチの販売ページ 

まとめ

目元用マイクロニードルパッチの選び方

  • ニードルの本数が1枚700本くらい
  • ニードルの長さは200㎛くらい
  • ニードルの形状は円錐台形またはそれに近い形
  • しわ・ハリをケアできる成分配合
  • 苦手な成分が含まれていない

目元のしわ・たるみをケアするためにマイクロニードルパッチを取り入れるなら、上記の基準を目安に選ぶとよいです。

店頭では取り扱いが少ないアイテムですが、ネット通販ならいろいろなメーカーのものが売られています。

ただし、ネット通販の商品は通常購入と定期購入が選べるものも多く、定期購入には解約の条件が設けられていることもあります。 もしも定期購入を利用する場合は、解約の条件もしっかり確認するようにしましょう。