ルルルンの化粧水3種♡モイスト、クリア、リッチの口コミまとめ

リーズナブルなフェイスマスクで大人気のルルルンから、待望の化粧水3種が登場しました!

コスパに優れた化粧水として早くも人気を博していますが、「自分はどのタイプを買えばいいの?」、「安いけど品質は大丈夫?」と購入を迷っている人もいますよね。

そこでここでは、ルルルンの化粧水3種それぞれの口コミをまとめました。全成分ルルルンの化粧水が買える販売店も紹介するので、ぜひ参考にしてください♪



ルルルンの化粧水ってどんなもの?

ルルルンの化粧水は選べる3種類

ルルルンの化粧水は、“毎日使って肌そのものを整えて欲しい”という想いから、”低価格と高効果の両立”を目指して作られています。

さらに、肌質や年齢に合ったお手入れができるよう、3種類の化粧水から選べるようになっています。

  • ルルルン ローション モイスト」:乾燥が気になる人に
  • ルルルン ローション クリア」:バランスを整えてベタつき・テカリを抑えたい人に
  • ルルルン プレシャスローション リッチ」:大人の肌悩みが気になる人に

たっぷり使って欲しいから、大容量&低価格

ルルルンの調査によると、肌のうるおいが長持ちする化粧水の使用量は、5mlだそうです。5mlとは、“500円硬貨の大きさ×2回分”です。

そう聞くと、「え、そんなにたくさん!?」と思う人も多いのではないでしょうか。

実際、ユーザーの化粧水の使い方を調べてみると、「じゃぶじゃぶ使ってね」と言われたときでも、平均の使用量は3mlにしかならないそうです。

そこでルルルンの化粧水は、「惜しみなくたっぷり使って欲しい」という想いから、大容量&低価格を実現しています。

「ルルルン ローション モイスト」と「ルルルン ローション クリア」は500ml入り1,320円、「ルルルン プレシャスローション リッチ」は400ml入り1,540円です。



ルルルン ローション モイストの口コミ

よい口コミ

ほどよいとろみでベタつきがなく、肌に合っていると思う。(24歳・脂性肌)

引用元:@cosme

水のようなテクスチャーでベタつかない。軽いが何回も重ねれば冬も乾燥知らず。ニキビや肌荒れにも滲みず、コスパもよい。(27歳・普通肌)

引用元:@cosme

浸透しやすく肌なじみがよい。ルルルンが好きなので、乳液などの販売も検討して欲しい。香りはフェイスパックの香りを強くした感じで、好き嫌いが分かれる匂いではないと思う。(24歳・混合肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

テクスチャーが違うだけで、効果はクリアと変わらない気がする。(29歳・混合肌)

引用元:@cosme

モイストと書いてあるわりにさらさらしていて、可もなく不可もなく…。香りが結構強いので、苦手な人もいそう。(26歳・アトピー)

引用元:@cosme

肌に滲みてヒリヒリする。「フレッシュなフローラルブーケの香り」とのことだが、私は苦手な匂いだった。(25歳・アトピー)

引用元:@cosme

口コミまとめ

肌がうるおってコスパもよい」という意見が目立つ一方で、「保湿力がイマイチ」、「香りが苦手」という声もいくつかありました。

商品名に「モイスト」と入っていますが、若年層の利用を想定しているためか、比較的さっぱりした使用感のようです。

また、一部に「肌に合わない」という声もあったので、こちらに各製品の全成分を記載しておきます



ルルルン ローション クリアの口コミ

 

よい口コミ

朝はメイクの邪魔にならない程度に保湿してくれて、夜も一日の疲れをリセットしてくれるようなすっきり感がある。(20歳・混合肌)

引用元:@cosme

ベタつきは一切なしで適度な保湿力。保湿以上の効果は望めないが、美白などは美容液で補えば問題なし。デコルテや体にも惜しみなく使える。(20歳・普通肌)

引用元:@cosme

ルルルンマスクのクオリティを毎日味わえて、ローションパックしても滲みない。値段に対して容量が多く、全身に使える。(22歳・敏感肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

使い始めて2週間でニキビができ始めた。(17歳・混合肌)

引用元:@cosme

浸透している感じがなく、微妙。(22歳・混合肌)

引用元:@cosme

コスパはよいが、可もなく不可もなくといった感じ(28歳・混合肌)

引用元:@cosme

口コミまとめ

こちらも「保湿だけならこれで満足」と感じている人が多いようです。コスパのよさも好評で、顔だけでなく全身のお手入れに使用するのが主流になっています。

ただし、肌に合わない人もいるので、気になる人はこちらの成分表をチェックしてみてくださいね。



ルルルン プレシャスローション リッチの口コミ

よい口コミ

テスターでモイストと比較し、よりうるおいを感じたこちらを購入。寒くなってもいつもより乾燥しない。毛穴やクマも目立たなくなった気がする。美容液やクリームも出たらライン使いしたい。(22歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

とろみは控えめで浸透しやすい。(25歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

とろっとしているが浸透が早く、ベタつかない。たくさん入っているので体にも塗っている。(29歳・脂性肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

塗ってしばらくすると頬の乾燥が気になる。植物系の匂いもきつい。(23歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

少しピリピリ感がある。朝には口周りが乾燥して、夕方にはほうれい線がくっきり出るので、保湿力はそんなにないかも。(32歳・普通肌)

引用元:@cosme

まったく浸透せず、いつまでもベタベタして顔が重く感じる。そのあとの乳液なども入らなくなり、つっぱり感や吹き出物などの肌トラブルも続出した。(38歳・敏感肌)

引用元:@cosme

口コミまとめ

「ルルルン プレシャスローション リッチ」の全成分はこちら。

口コミを見る限り、本格的な年齢肌向けのリッチな使用感ではなさそうな感じです。ですが、肌なじみのよさやベタつきのなさを評価する人が多く、全身に使っている人も少なくないようです。

保湿力が足りないという声もあるので、濃厚な使用感を求める人にはイマイチかもしれません。

シリーズ中もっとも保湿力が高いのがこちらですが、これでも物足りなそうに感じる人におすすめなのが、“いつものスキンケアに資生堂エリクシールシュペリエルの「つや玉ミスト」をプラスする方法”です。

「つや玉ミスト」は私も朝晩のお手入れに使っているので、興味がある人は次の記事を読んでみてください。

エリクシールつや玉ミスト|マスクのメイク崩れが防げる!?おすすめの使い方を伝授



ルルルンの化粧水の全成分

ルルルン ローション モイストの全成分

水、グリセリン、プロパンジオール、シャクヤク花エキス、グルタミルアミドエチルイミダゾール、ジャノヒゲ根エキス、ポリクオタニウム-51、ジグリセリン、クエン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビエストキシジグリコール、PEG-40水添ヒマシ油、キサンタンガム、クエン酸、BG、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、ソルビン酸、メチルパラベン、香料

ルルルン ローション クリアの全成分

水、プロパンジオール、グリセリン、シャクヤク花エキス、グルタミルアミドエチルイミダゾール、バクホウシアシトリオドラ葉エキス、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ジグリセリン、クエン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビエストキシジグリコール、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸、BG、トコフェロール、フェノキシエタノール、ソルビン酸、メチルパラベン、香料

ルルルン プレシャスローション リッチの全成分

水、グリセリン、プロパンジオール、ノウゼンハレン花/葉/茎エキス、ベルガモット果実エキス、オリーブ葉エキス、スギ芽エキス、PEG/PPG/ぽりぶちれんグリコール-8/5/3グリセリン、ジグリセリン、クエン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビエストキシジグリコール、キサンタンガム、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸、BG、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料




ルルルンの化粧水が買える販売店

ルルルンの化粧水は公式オンラインショップやamazon、楽天、ヤフーショッピングの他に、店頭でも購入できます

実店舗ではマツモトキヨシなどの大手ドラッグチェーンやプラザ、東急ハンズ、ドン・キホーテなどで販売しています。



まとめ

ルルルンの化粧水は、肌質や年齢に合ったお手入れができるよう、3種類の化粧水から選べるようになっています。

“毎日使って肌そのものを整えて欲しい”という想いから、”低価格と高効果の両立”を目指して作られており、コスパのよさで人気です。

保湿力に満足する口コミも多く、顔やボディのお手入れに使いこなす人が増えているようです。

肌に合えば重宝しそうですし、価格も安いので、一度試してみてもよいかもしれませんね。私も手持ちのハトムギ化粧水がもうすぐ使い切りそうなので、次はルルルンの化粧水を使ってみようかなと思います。




関連記事

ルルルンプレシャス3種の違いと、回数縛りなしでお得に買える裏技