サボリーノの朝マスク。洗顔不要って本当?常用できるのか口コミを検証

洗顔から化粧下地まで、シートマスクを貼るだけで完了できる、サボリーノの朝マスク♡「超時短できて便利!」と話題ですが、「朝マスクすれば洗顔不要って本当?」、「常用しても大丈夫?」という疑問の声もあります。

ここでは、サボリーノの朝マスクは本当に洗顔不要で常用可能なのか、口コミを検証してみました。

サボリーノの朝マスクを買おうか迷っている人は、参考にしてください♪



サボリーノの朝マスクとは?

洗顔・スキンケア・保湿下地が60秒で完了

サボリーノの朝マスクこと「サボリーノ 目ざまシート」は、顔に貼るだけで洗顔・スキンケア・保湿下地が60秒で完了できるシートマスクです。

面倒な洗顔やスキンケアはもちろん、化粧下地の機能も兼ね備えているので、剥がしたあとはすぐにファンデーションを塗れます

朝の身支度を大幅に時短できるのは魅力的ですね。

洗顔成分はAHA。不要な角質をほぐしてくれる

「サボリーノ 目ざまシート」の洗顔成分は、AHA(フルーツ酸)です。不要な角質を柔らかくほぐすことで、スキンケア成分が浸透しやすい肌状態に整えます。

メントールが配合されているなど爽やかな使い心地は、寝起きの頭もシャキッとさせてくれます。

肌質や使用感に合わせて3種類から選べる

「サボリーノ 目ざまシート」は、肌質や使用感に合わせて3種類から選べます。

  • しっとりタイプ:保湿成分はオレンジ油、アボカドエキス、リンゴ酸、キュウリ果実エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ハチミツ。引き締め成分にセイヨウハッカ葉エキス、ティーツリー葉エキス、グレープフルーツ果皮エキス配合。ほどよいメントール感でフルーティーハーブの香り。
  • 完熟果実の高保湿タイプ:保湿成分はザクロ果皮エキス、ブルーベリー・ブドウ果実エキス、ラズベリーエキス、リンゴ酸、水溶性コラーゲン、リピジュア、ヒアルロン酸Na、ハチミツ、モモ葉エキス。引き締め成分にセイヨウハッカ葉エキス配合。メントール感は弱めでミックスベリーの香り。
  • ボタニカルタイプ:ハトムギなど3種のオーガニックハーブに、保湿成分としてビルベリー果実エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、リンゴ酸を配合。ベース成分はグリチルリチン酸2K。オイルフリー・アルコールフリーで、シトラスリーフの香り。すっきりクールな使い心地で、毛穴も引き締めます。

    サボリーノ朝マスクの口コミ

    「サボリーノ 目ざまシート」は「時短できる」、「化粧ノリがよくなる」、「スースーするので目覚ましによい」といった意見が多く、概ね好評です。

    洗顔効果への物足りなさを感じる人もそれほど多くない印象ですが、汚れ落ちが不十分なためにニキビができてしまうケースも報告されています。

    また、メントールの刺激で痛みを感じる人もいるようです。敏感肌の人は様子を見ながら使うとよいでしょう。

    なお、“朝のメイク前にちょうどよい保湿力”であることから、うるおい効果は控えめです。そのため、乾燥肌の人は保湿クリームなどの併用が必要になる可能性があります。



    サボリーノの朝マスクは洗顔不要って本当?

    ホコリや古い角質は落とせるが、余分な皮脂は落としきれない

    「サボリーノ 目ざまシート」には角質を溶かすAHAが含まれているため、これだけでも古い角質は落とせます。使い終わったシートで拭き取れば、ホコリも取れるでしょう。

    ただし、余分な皮脂までは十分に落とせないようで、脂性肌の人などだとニキビができてしまうこともあるようです。

    したがって、基本的には“朝は水洗顔で充分”という肌質の人向きだと思います。

    脂性肌の人は事前に皮脂をティッシュオフしておくとよい

    皮脂分泌の多い人が「サボリーノ 目ざまシート」を使う場合は、事前に余分な皮脂をティッシュオフしておくのがおすすめです。

    それでもベタつきが気になったり、ニキビができたりするようであれば、普段通りに洗顔してから、“スキンケア+化粧下地”の部分だけを「サボリーノ 目ざまシート」で補うとよいでしょう。

    また、洗顔効果がイマイチと感じるのであれば常用はせず、寝坊したときなどどうしても時間がないときだけ頼る形にするのもよい方法です。

    ですが、「使い方を工夫しても、どうも納得できない」と感じるようであれば、これまでの洗顔・スキンケアに戻した方がよいでしょう。お肌のお手入れは、自分が心地よいと思えることも大切だからです。

    まとめ

    サボリーノの朝マスクは、朝の身支度を大幅に時短できる上に、メントール感ですっきり目が覚めることで評判です。洗顔成分としてAHAが配合されているので、面倒な洗顔も省略できます。

    ですが、脂性肌の人など肌質や好みによっては、洗顔効果が物足りないと感じる人や、余分な皮脂が十分に落ちないことで、ニキビができてしまう人もいます。

    そうした人の場合は、事前に皮脂をティッシュオフするなど、使い方の工夫が必要になりそうです。

    ですが、味方にすれば便利なアイテムなのも確か。お肌と相談しながら、記事を参考に自分に合った取り入れ方を探してみてくださいね。




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *