シスレーのスキンケアの順番。エコロジカル コムパウンドを塗るタイミングはいつ?

シスレーを代表するスキンケア「エコロジカル コムパウンド」♡1980年に発売されて以来のロングセラー商品で、「シスレーの乳液で迷ったら、とりあえずエコロジカル コムパウンドを買ってみるべし!」といわれています。

ですが、 “美容乳液”という分かりにくいキャッチコピーを掲げているせいで、「美容液なの?乳液なの?」「どういう順番で使えばいいの?」と混乱してしまう人も。

そこでここでは、「エコロジカル コムパウンド」を使う順番について解説します。口コミを紹介しつつ、「シスレーのスキンケアはなぜ高いの?」という疑問にも答えました。

「エコロジカル コムパウンド」に興味がある人は参考にしてください♪



基本的なスキンケアの順番

スキンケアは水⇒油の順に塗るのが基本

複数のスキンケアアイテムを使おうとすると、塗る順番に迷うことがあります。製品によって異なる場合もありますが、基本的には水⇒油の順に塗ります油を先に塗ると、水系の成分は弾かれてしまうからです。

アイテムでいうと、化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリームの順番が基本です。人によっては「化粧水とクリームだけ」などの場合もありますが、そのときも「化粧水⇒クリーム」というように、水⇒油の順に塗っていきます。

「美容液を2種類塗りたい」というときなどは判断に迷うかもしれませんが、この場合も水系成分が多い方を先に、油系成分が多い方をあとに塗ります。

こうすることで肌に水分が補給され、油分の膜が蒸発を防いでくれます

日焼け止めは最後に塗る

日焼け止めを塗るときは、日焼け止めはスキンケアがすべて終わってから最後に塗ります。日焼け止めを先に塗ると、日焼け止めの膜でスキンケアが弾かれてしまい、肌に届かないからです。

近頃は「日焼け止め乳液」などのように、スキンケアと日焼け止めが一体になった製品もあります。そうした製品の場合も、他のスキンケアをすべて塗り終えてから、最後に塗りましょう。

エコロジカル コムパウンドを塗るタイミングはいつ?

 

エコロジカル コムパウンドは乳液

シスレーの「エコロジカル コムパウンド」は、“美容乳液”と呼ばれているため、美容液なのか乳液なのかが分かりにくく、そのために塗る順番に悩む人もいます。ですが、「エコロジカル コムパウンド」は一般的な区分でいうと乳液なので、乳液として扱って構いません

全成分は公開されていませんが、整肌成分として以下の成分が配合されています。

  • 朝鮮ニンジンエキス
  • ローズマリーエキス
  • ホップエキス
  • スギナエキス
  • ツボクサエキス

植物の有用性に注目するシスレーらしく、「エコロジカル コムパウンド」にも各種植物エキスが取り入れられています。

化粧水の次、クリームの前に使う

「エコロジカル コムパウンド」は乳液なので、化粧水⇒エコロジカル コムパウンドの順番に使います。化粧水とこれだけでも完結できますが、肌の状態によって必要であれば、美容液やクリームを追加しましょう。

その場合の塗る順番は、化粧水⇒美容液⇒エコロジカル コムパウンド⇒クリームです。

なお、「エコロジカル コムパウンド」は目の周りを避け、顔と首筋になじませます。「目の周りには使えない」という点は、注意が必要ですね。

妊娠中の使用は主治医に相談

シスレーのスキンケアには、天然の植物エキスやエッセンシャルオイルが含まれています

胎児に影響する可能性も考えられるため、妊娠中の使用については事前に主治医に相談すると安心です。手元に製品がある場合は、パッケージを持参するとよいでしょう。

購入前で手元に製品がない場合は、シスレーに問い合わせると全成分を教えてもらえます。

【シスレー問い合わせ先】

customerservicejp@sisley.fr




エコロジカル コムパウンドの口コミ

よい口コミ

今年から夜のお手入れに取り入れてみたが、一気に肌が変わった。翌朝の肌がしっとりし、ゆらがない肌が作れる。薄肌で敏感肌のため、ゆらぎやすかったが、これまでのように鎮静に追われることがなくなった。

若いときはよさが分からなかったが、今になって効果を実感している。ただし、メイクを重ねるとモロモロが出るので、夜向きだと思う。(47歳・敏感肌)

引用元:@cosme

首に老人性の細かいイボが30個以上あったのが、半分くらいまで減った。少し漢方のような匂いがしたので、イボ取り効果のある成分が入っていたのかも。大きいボトルで半年ほど持ったので、コスパも悪くない。肌の柔軟性も増した気がするし、今後も続けたい。(53歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

シスレーにハマるきっかけとなった商品。劇的な効果というよりは、肌が落ち着き、整う感じの不思議な感覚がある。薬草のような香りも好き。半年は持つので、意外にコスパもよい。(42歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

肌には合っていたのかもしれないが、香りに耐えられなくて使用中止してしまった。(27歳・混合肌)

引用元:@cosme

ミネラルオイルが肌に合わないため、これも肌がダレてしまう。毛穴は全開になり、異常にテカる。顔だけでなく、体に使ってもダメ。

そもそも植物パワーが売りの商品なのに、なぜオイルは鉱物油なのか。高いのだから、オイルを植物系のものにするところまで徹底して欲しい。(26歳・敏感肌)

引用元:@cosme

翌朝の乾燥が気になったので量を増やしたら、痒みが出て顔がピンク色になり、ぷつぷつも出てしまった。(37歳・混合肌)

引用元:@cosme

口コミまとめ

よい口コミは30代後半以降の人からが多く、「ゆらぎやすい肌が安定するようになった」、「老人性の首イボが減った」などの感想が寄せられていました。イボ取り効果についてはおそらく、「ローズマリーエキスの抗酸化作用」と、「ホップエキスとスギナエキスの柔軟作用」によるものと思われます。

1本買うと長く使えるので、「意外にコスパがよい」と感じている人も多かったです。

ですが、肌に合わないという口コミも非常に多く、そのほとんどが「塗布後に肌の乾燥を感じる→赤みやニキビなどの肌トラブル」という流れをたどっています。

「エコロジカル コムパウンド」を使うことで肌が乾燥するようなら、使用を中止した方がよさそうです。



シスレーのスキンケアが高価な理由

天然成分は原価が高い

「エコロジカル コムパウンド」の価格は、60ml 18,590円125ml 29,480円です。その他のスキンケアアイテムも2~3万円台が中心価格帯で、アイテムによっては数万円するものもあります。

そのため、「なぜ、シスレーのスキンケアは高価なの?」と疑問に思う人もいるようです。

シスレーのスキンケアが高価な理由の一つは、原材料。シスレーは植物の有用性にこだわった製品づくりをしていますが、植物エキスなどの天然成分は原価が高いものが多いのです。

特にシスレーの場合は成分の研究・開発に力を入れており、研究チームも植物学者や薬剤師などのプロフェッショナルで構成しているため、どうしても商品の価格が高くなってしまいます。

天然成分の配合率が高い

公式サイトで全成分が公開されていないため、ここでも記載は控えますが、「エコロジカル コムパウンド」の構成成分は非常にシンプルです。

水溶性・油性の基剤に脂肪酸、前述の植物エキス5種、保湿剤や増粘剤、防腐剤、香料など計20種の成分で構成されています。つまり、20種中5種類を植物エキスが占めていることになります。

そして、口コミを見ると効果を実感している人が多く、長年売れ続けているという実績もあります。

これらのことから、「エコロジカル コムパウンド」は原価のかかる天然成分の配合率が高いことが推測されます。

コスパはそこまで悪くない?

全体的に高価格帯のシスレーですが、「エコロジカル コムパウンド」に限っていえば、コスパはそこまで悪くないかもしれません。

というのも、口コミにあった通り、1本で賄える期間が意外と長いのです。公式サイトの説明によると、125mlの方の場合で約5ヶ月分。約3万円で5ヵ月使えるので、1ヶ月当たり6,000円程度ということになります。そして、個人差はありますが、他に最低限そろえなければならないアイテムは、化粧水だけです。

そう考えると、デパコスのスキンケアを使い慣れている人にとっては、むしろ安いくらいではないでしょうか。

>>エコロジカル コムパウンドの販売ページはこちら

エコロジカル コムパウンドによる肌トラブルが多い理由

陰イオン界面活性剤が含まれている可能性

「エコロジカル コムパウンド」が高価なのにはきちんとした理由があり、口コミ評価も高いですが、個人的には肌トラブルの報告が多い点が気になります。

人によっても合わない成分が異なりますが、「エコロジカル コムパウンド」には「TEA」と「脂肪酸」が配合されています。この組み合わせだと陰イオン界面活性剤になる可能性があります。(知識不足のため、断言はできません。)

もし、陰イオン界面活性剤になる場合は、皮膚刺激は「比較的弱い」とされているため、人によっては肌トラブルが起こることもあると思います。

皮膚炎などがある人は避けた方が安心

次に防腐剤の「安息香酸」と「安息香酸Na」。こちらは基本的には安全性の高い成分ですが、皮膚炎などで肌に傷がある場合は、稀にアレルギー症状を引き起こす可能性があるとされています。

したがって、皮膚炎やニキビなどで肌に傷があるときは、使用を控えた方が安心です。

植物のアレルギーがある人も要注意

「エコロジカル コムパウンド」には植物エキスが多く含まれるため、植物のアレルギーがある人も注意が必要です。以下の成分にアレルギーがある人は、使用を控えた方がよいでしょう。

  • 朝鮮ニンジンエキス
  • ローズマリーエキス
  • ホップエキス
  • スギナエキス
  • ツボクサエキス

ミネラルオイルは基本的には安全性が高い成分

口コミでは、ミネラルオイルが配合されていることを不満に感じている人もいました。ですが、現在の化粧品に使われているミネラルオイルは、基本的には安全性が高い成分です。ベビーオイルの主成分にもなっているほどです。

ミネラルオイルのイメージが悪いのは、昔の粗悪なミネラルオイルが原因です。昔のミネラルオイルは精製度が低かったため、不純物による油焼けや色素沈着が問題になっていました。

ですが、現在のミネラルオイルは精製技術が進み、不純物がしっかり除去されているため、油焼けなどの心配はありません

体質などの個人差があるため、肌に合わない人は存在しますが、現代では「ミネラルオイル=悪い成分」ではないのです。

モロモロの原因は増粘剤「カルボマー」

「メイクを重ねるとモロモロが出る」、という口コミについても解説しておきましょう。

「エコロジカル コムパウンド」の成分でモロモロが出る可能性があるのは、増粘剤の「カルボマー」です。

「エコロジカル コムパウンド」自体は朝晩どちらでも使えるため、メイク前はダメということはありません。

ですが、モロモロが気になるようなら、「エコロジカル コムパウンド」はこすらずにハンドプレスでなじませるとよいです。クリームなどを重ねる場合も、こすらずハンドプレスします。

そして、スキンケアがよく乾いてからメイクします。化粧下地やファンデーションを指で伸ばすとモロモロが出やすいため、スポンジやブラシで塗るのがおすすめです。

まとめ

「エコロジカル コムパウンド」は乳液なので、化粧水⇒美容液⇒エコロジカル コムパウンド⇒クリームという順番で使うのが基本です。併用する製品によっても順番が異なる場合があるので、詳しくは使用アイテムの説明書に従うとよいでしょう。

なお、「エコロジカル コムパウンド」は植物エキスを中心に構成されたロングセラー乳液ですが、肌に合わない人も少なくない様子です。配合成分について記事内で触れておきましたので、苦手な成分がある人はそちらも参考にしてみてください。

>>エコロジカル コムパウンドの販売ページはこちら