アイリスオーヤマのCICA(シカ)美容液♡オーロラスキン デイリーブーストの効果とは?

家電や日用品など、幅広い分野での低価格・高品質な製品作りに定評のあるアイリスオーヤマ。そのアイリスオーヤマから、2022年8月にCICA(シカ)美容液「オーロラスキン デイリーブースト」が発売されました♡鈴木愛理さんがイメージキャラクターを務めていることでも、注目されています。

ですが、まだまだ口コミも少ないため、どんな効果があるのかイマイチ分からないですよね。そこでここでは、成分表示を読み解くことで、「オーロラスキン デイリーブースト」の効果を推測してみました!

「オーロラスキン デイリーブースト」に興味がある人は参考にしてください♪



オーロラスキン デイリーブーストの特徴

アイリスオーヤマグループが作る、CICA(シカ)美容液

「オーロラスキン デイリーブースト」は、ツボクサエキスを配合したCICA(シカ)美容液です。ツボクサエキスは鎮静作用を持つことで知られる成分で、ニキビや肌荒れによいとされています。

この美容液を作っているのは、アイリスオーヤマのグループ企業である、「株式会社オーヤマ」。アイリスオーヤマの製品は高品質・低価格であることが大きな魅力ですが、「オーロラスキン デイリーブースト」も手に取りやすい価格設定になっており、30ml 1,980円です。

Z世代と呼ばれる、アラサー~40代前半くらいを想定した美容液ですが、多くの人になじみのあるメーカーで価格も安いので、幅広い年代に受け入れられていくのではと予想しています。

人気成分ナイアシンアミドを配合

「オーロラスキン デイリーブースト」には、人気成分の一つであるナイアシンアミドも配合されています。ナイアシンアミドとは、ビタミンB群の仲間です。

「オーロラスキン デイリーブースト」は医薬部外品ではないため、必ずしも成分の効能が現れるとは限らないのですが、ナイアシンアミドには以下の効果が認められています。

  • メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
  • しわ改善
  • 抗肌荒れ

化粧水代わりとしても使える

「オーロラスキン デイリーブースト」は美容液ですが、化粧水代わりにも使えますオイルフリーでベタつかないので、脂性肌のお手入れにもおすすめです。

男女兼用なので皮脂が気になる男性にも使いやすく、カップルで使うこともできます。ボトルが小さいので、旅先にも詰め替えずにそのまま持って行けそうですね。

エタノールフリーのやさしい使い心地

エタノールが含まれていないので、アルコールが苦手な人も安心です。パラベン、合成着色料も不使用です。

中の液が薄いラベンダー色をしていますが、これは天然由来成分の色です。保管状況によって、色が薄くなることがあるようです。

香料も必要最低限に抑え、天然成分の香りを活かした設計になっています。



オーロラスキン デイリーブーストの口コミ

化粧水のあとに使用。香りがよく、冬でも保湿力が感じられる。(27歳・混合肌)

引用元:@cosme

化粧水のあとに使っているが、さらっとした付け心地で肌になじむのが早い。気になっていたナイアシンアミドが試せるのもよい。(29歳・混合肌)

引用元:@cosme

翌朝の肌が引き締まり、毛穴もキュッとなる。コスパもよいし、続けてみたい。(28歳・混合肌)

引用元:@cosme

発売から日が浅く、存在もあまり知られていないため、口コミのほとんどはモニターからのもので、件数も数件でした。

そのため、詳しい口コミはまだ出ていませんし、年齢や肌質も偏っているので参考にしにくいですが、今のところ使い始めの印象は悪くない様子です。

オーロラスキン デイリーブーストの成分をチェック

全成分をチェック

口コミがあまり見つからなかったので、成分を見ることでどのような製品なのかを推測してみましょう。まずは全成分です。

【全成分】

水、センチフォリアバラ花水ポリメタクリル酸グリセリルBG、1,2ヘキサンジオール、グリセレス-26ナイアシンアミドベタイン、グリセリンアラントインビオサッカリドガム-1ツボクサエキスラベンダー花エキスブドウ果実エキスグリシン、セリン、グルタミン酸、アスパラギン酸、ロイシン、アラニン、リシン、アルギニン、チロシン、フェニルアラニン、トレオニン、プロリン、バリン、イソロイシン、ヒスチジン、メチオニン、システイントリペプチド-1銅、トリペプチド-1、アセチルトラペプチド-5、アセチルテトラペプチド-2、ヘキサペプチド-9、ヘキサペプチド-11、パルミトイルトリペプチド-1、パルミトイルトリペプチド-5、パルミトイルペンタペプチド-4プロパンジオール、カプリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、トロメタン、ヒドロキシエチルセルロースグアイアズレンスルホン酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、EDTA-2Na、香料

メーカーの意図とは違うかもしれませんが、一般的な配合目的で色分けしてみました。

  • ・・・保湿
  • ・・・ハリ
  • ・・・抗炎症または鎮静
  • ・・・殺菌・収れん
  • ・・・アミノ酸。保湿
  • ・・・ペプチド。保湿
  • ・・・被膜形成

色分けしていない成分は、増粘剤や防腐剤など、製品の品質向上・劣化防止のための成分と思われます。

ナイアシンアミドはまあまあ多そう・・・?

化粧品の成分表示は、1%以下のものに限り順不同で書けますが、基本的には配合量が多い順に記載します。

「オーロラスキン デイリーブースト」のハリ肌成分であるナイアシンアミドは、全成分50種類中7番目に記載されています。

これは、「ナイアシンアミドは1%以下しか配合していないけれど、アピールしたい成分なので前の方に書いておいた」という可能性も考えられます。

ですが、アイリスオーヤマは「低価格・高品質」なメーカーとして知られる会社なので、「オーロラスキン デイリーブースト」も品質が高いことが期待できますし、おそらくはナイアシンアミドも、記載順通りにそれなりの量が配合されているのではと思われます

ニキビ・肌荒れによい成分が配合されている

他に特筆すべき成分としては、抗炎症作用を持つアラントイン鎮静作用を持つツボクサエキス、が配合されています。

これらの成分も、成分表示の前半に書かれているので、それなりの量が配合されている可能性があります。

関連成分として、他にも以下の成分が配合されています。

  • センチフォリアバラ花水:保湿・殺菌
  • ラベンダーエキス:殺菌・収れん
  • グアイアズレンスルホン酸Na:消炎・抗菌

「オーロラスキン デイリーブースト」は医薬部外品ではないため、必ずしも成分の作用通りの効果が出るとは限りません。ですが、これらの成分自体は、ニキビ・肌荒れによい成分なので、そうした肌悩みを持つ人は試してみてもよいかもしれません。

肌本来の力を引き出す、アミノ酸ペプチド

保湿成分として、17種類のアミノ酸と9種類のペプチドも配合しています。アミノ酸やペプチドは、肌のうるおいとバリア機能を高めてくれる成分です。

保湿成分としては他にも、プロパンジオールやブドウ果実エキスなどが配合されています。

「ポリメタクリル酸グリセリル」などの被膜形成剤も含まれていることから、うるおいが長く続く美容液であることがうかがえます。

大人ニキビ・肌荒れを意識した美容液

こうして見ると「ニキビ・肌荒れによい成分+保湿成分」を主にした成分構成になっているので、乾燥によって引き起こされる大人ニキビ・肌荒れを特に意識した美容液なのかな、という感じがします。

確かにどちらも、製品のターゲットであるZ世代に多い肌悩みですよね。

基本的には肌へのやさしさも考えられていると思います。ただし、旧指定成分の「グアイアズレンスルホン酸Na」が含まれている点が若干気になります。最後の方に書かれているので配合量は少なそうですが、アレルギー体質の人や敏感肌の人は避けた方がよいかもしれません。

まとめ

「オーロラスキン デイリーブースト」は、シカ成分のツボクサエキスをはじめ、ナイアシンアミドや各種保湿成分などが配合された美容液です。

「ニキビ・肌荒れによい成分+保湿成分」を主にした成分構成であることから、乾燥によって引き起こされる大人ニキビ・肌荒れを意識しているのではないかと思われます。

無理なく続けられる価格も魅力。医薬部外品ではないので、どこまで効果があるか分からないのと、旧指定成分が入っているのが気になりますが、個人的にアイリスオーヤマは信用しているメーカーなので、機会があればこちらも使ってみたいです。