リペアジェルのトライアルをお試し■ハリへの効果と全成分・使い方

20代も半ばを過ぎると、シワやたるみといったエイジングサインに悩む人が増えてきます。そこで今回は、SNSなどで話題のハリ対策コスメ「リソウ リペアジェル」を紹介します。

私が実際に試しながら、ハリへの効果や使用感などを検証していきます。また、「リペアジェル」の口コミと全成分効果的な使い方も紹介します。

「リペアジェル」が合わない人にオススメのハリ対策コスメも紹介するので、シワやたるみが気になる人は参考にしてくださいね♪

この記事の目次

「リペアジェル」トライアルキットを試した結果

昔、初期の「リペアジェル」を使ってよかった記憶があるので、本格的にアンチエイジングが必要になった今、改めて「リペアジェル」を再開したいと思うようになりました。

ですが、当時とは私自身の肌質もだいぶ変わっているので、まずはトライアルキットで様子を見ることにしました。

私が使用を止めている間に表示違反問題などもあったようですが、モノ自体はすごくよかったですし、2回のリニューアルを経て、さらに素晴らしくなっているのではと期待♪

「リペアジェル」トライアルキットは2週間以上試せる

「リペアジェル」のトライアルキットは、以下の内容になっています。

  • 「リペアジェル」8ml(約15~20日分)
  • 「リペアウォーター」100ml

かなり長く試せるので、お肌との相性をしっかり確認できますね。

1日目:濃い美容液のようなテクスチャーで温感あり&ちょっと臭い

濃い美容液といったテクスチャーです。とりあえず、薄めずにそのまま塗ってみましたが、塗って少し経つと、わずかに温感を感じました。温感については、熱く感じる人や何も感じない人など、個人差があるようです。

オールインワンジェルとしての実力を見たいので、クリームなどは重ねずに単品使用で試しています。

塗って10分くらい経ったら、サビた鉄のような臭いがしました。鉄棒で遊んでいるときの臭いです。しばらくすると臭いは消えました。

目安量だと足りない場合も

一箇所にベタッととどまる感じで、伸びは悪いです。説明の通りの1~2プッシュで塗る場合、手のひらに広げずに、直接肌に乗せないと、ほとんど手に残ってしまって顔全体には塗れないです。

私の肌だと、直接乗せても3~4プッシュ必要でした。

それでも物足りない感じがしましたが、つっぱったりなどはないので、このくらいでよいのかもしれません。

こすると皮膜がちょっぴり剥がれます

生え際の、「リペアジェルを塗ったところと塗ってないところの境目」を掻いたら、被膜がペリペリ剥がれました乾いた水糊のような感じの皮膜です。

メイク時にモロモロが出るほどではありませんが、強くこするとボロボロ剥がれそうな雰囲気なので、顔をこすらないよう注意が必要です。

指やパフをやさしくすべらせる分には、問題なくメイクできました。

初期の「リペアジェル」のようなハリ感はなく、別物っぽい

「リペアジェル」を塗った直後。いつもと変わりなし。

初期の「リペアジェル」は塗ってすぐにハリ感を実感できましたが、今回試したものはハリ感は感じませんでした。私の肌の劣化が当時より進んでいることを差し引いても、効果が落ちているような気がします。

また、初期の「リペアジェル」は、一般的なオールインワンジェルといったテクスチャーで臭いもなかったので、初期の「リペアジェル」とは別物と思った方がよさそうです。

リニューアルで質が落ちたのか、それとも使い続けたら効果が出るのか、しばらく様子を見てみることに。

2日目:気温・室温で臭いが変化

2日目に気がつきましたが、リペアジェルを塗った後は、暖かいところでは臭いませんが、寒い場所に移動するとサビの臭いが復活します。

暖房が効いている寝室では臭わないのですが、台所など寒い場所に行くと途端に臭うのです。リペアジェルを塗った手を拭いたタオルも、寒い洗面所に置いてあるので臭います。

これを書いているのは冬ですが、外出時は、室内に入ると臭わないけれど、外を歩いているときは臭いました。

出勤前など、人に会うときの使用はちょっと迷惑になりそうかも…。混んだ電車の中で隣の人が塗っていたら、鼻がよい人は臭うレベルの臭さです。

寝るときに頭まで毛布を被るのですが、布団の中もくちゃい(;;)

この日だけ、肌がピリピリ

あと、2日目の朝は、リペアジェルを塗ったら目元から頬に掛けて少しヒリヒリしました。ですが、赤くなったりなどはなく、夕方までには治ったので、引き続き様子を見ることに。

3日目:いっぱい塗ったらベタベタに

「初代のようなハリ感が出ないのは、やはり量が足りていないのかもしれない」ということで、試しに6プッシュくらい塗ってみたところ、顔がとってもベタベタになりました。グリセリンを原液で塗りたくった感じのベタベタ感です。

そして、翌朝の肌も特に変化なし多く塗ってもあまり意味はないらしいと分かりました。

ちなみに、2日目のようなヒリヒリ感はなかったので、体調や肌のコンディションによって、合う日と合わない日があるのかもしれません。

ついでに、そろそろ臭いが辛くなってきました…。顔面だけなら耐えられるのですが、タオルや寝具は結構しっかり臭うので、ちょっと辛いです。リソウさん、どうしちゃったんだろう。

4日目:同量の「リペアウォーター」で薄めてみたらサラッとしすぎた

「リペアジェル」は同量の化粧水、またはトライアルキットに同封されている「リペアウォーター」で薄めて使ってもよいそうです。薄めた方が肌との相性がよい可能性もあるので、4日目は「リペアウォーター」で薄めて使ってみました。

確かに原液のままよりサラッとして塗りやすいですが、ちゃんと塗れたのかどうか分かりにくく、不安が残ります。クリームなどを重ねることも考えましたが、サビ臭い上から他の化粧品の臭いが混ざるとカオスな臭いになりそうで止めました。

まだ4日目ということもあり、効果は特になしですが、毛穴が詰まりやすくなってきました。最近あまりできなかった角栓が増えています肌全体もゴワゴワしてきたので、私には合わないのかも…。

「リペアジェル」は好転反応が出ることがある

「リペアジェル」で毛穴が詰まったことについて調べたところ、好転反応で一時的に毛穴が開くことがあるようで、過去にリソウが以下のように回答したことがあるそうです。

肌が悪くなっているように思えますが、実はリペアジェルの成分が肌の中でしっかり働いているからこその状態なのです。

リペアジェルは毛穴の汚れや余分な皮脂を排泄させる働きも高いため、一時的に毛穴が開くことがありますが、肌が整うまでご使用頂きますと毛穴は締まり小さくなり、透き通った透明肌に変わっていくことがほとんど。

通常の基礎化粧品ではあまり見られない効果ですので驚かれる方もいらっしゃいます。

現在の公式サイトには好転反応についての記載がないため、ソースが不明瞭ではありますが、参考までに。

4日目でお試し継続を断念

私の毛穴が詰まったのも、もしかしたら好転反応なのかもしれませんが、なにぶん臭いが辛いのと、普段使用しているコスメでそれなりによい状態が保てているため、この日で「リペアジェル」のお試しを終了することにしました。

臭いは、気にならない人は全然平気らしいのですが、嗅覚がよい私には地味に辛かったです^^;

あと、「リペアジェル」は基剤がグリセリンなのですが、私の肌は普段からグリセリンで毛穴が詰まるタイプなので、おそらく単に肌質に合っていないのであろうという判断になりました。

「リペアジェル」を試した結果まとめ

基礎化粧品は基本的に、ある程度の期間使い続けないと効果が出ないものですが、「リペアジェル」は心地よい香りとは言いがたいため、効果が出るまで使い続けるのが厳しかったです。

あまり臭いに敏感でない人ならよいのかもしれませんが、少なくとも臭いに敏感な人や、香りを重視する人は止めた方がよいです。

初期の「リペアジェル」が非常によく、現行製品も「リペアファンデーション」はわりとよかったので、残念です。

「リペアファンデーション」のお試しレビューも次の記事に掲載しています。気になる人はチェックしてみてくださいね。

リペアファンデーションのトライアルを試してみた■ニキビ肌に安心って本当?

ここまで読んで、「自分もリペアジェルは合わなそう」と感じた人は、「ビーグレン レチノA」の方がハリ対策コスメとして使いやすい可能性があります。

「レチノA」も次の記事で使用感や効果を紹介しているので、「リペアジェル」が合わなそうな人は参考にしてください。

レチノール化粧品の使い方と注意点■ビーグレンがオススメな理由

「リペアジェル」の口コミ

私は残念な結果でしたが、たまたま相性が悪かっただけかもしれないので、@cosmeに投稿された口コミも集めてみました。

口コミの選出方法は、「コスメの口コミの見方■信憑性の高い口コミを見極め、コスメ選びに失敗しない方法」で紹介した方法を用い、サクラと思われる口コミを可能な限り排除しました。

「リペアジェル」のよい口コミ

アクアレーベル青の化粧水と併用。顔につけると温かく感じる。1日目の翌朝、とてもしっとりして、ハリも出た気がした。特に唇がふっくらするのが実感でき、縦ジワや皮剥けも少なくなったので、現品でリピートした。(28歳・普通肌)

引用元:@cosme

やや敏感肌でニキビができやすく、毛穴が気になる肌質。値段が高いので2~3日に一度、夜のみの使用だが、ニキビができにくくなり、ニキビ跡の赤み・凹凸が改善した。アンチエイジング効果は自分の肌では分からなかったが、ずっとリペアジェルを使い続けている母は、茶色く大きいシミが薄くなり、ほうれい線や目元のシワも浅くなっているのが分かる。(26歳・混合肌)

引用元:@cosme

季節の変わり目に調子が悪くなる肌質だが、リペアジェルを使うようになってからは季節の変わり目も調子がよい。濃厚で伸びがよく、2~3滴でお手入れできるのでコスパもよい。(25歳・普通肌)

引用元:@cosme

肌につけると温かく、塗った直後は赤ら顔がさらに赤くなるが、翌日は肌がモチモチスベスベになる。(26歳・アトピー)

引用元:@cosme

少量でよく伸び、朝塗ると化粧持ちがかなりよくなる。夜の使用も、朝までうるおいが逃げずしっとり。(27歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

「リペアジェル」の悪い口コミ

肌に馴染むのに時間が掛かるが、丁寧にゆっくり押さえるとしっとりした肌になり、乾燥する時期も保湿された。だが、値段の割に劇的な効果は感じられず、お試しサイズと現品1本を使用したところで、毛穴が気になるようにもなったので使用を中止した。(29歳・混合肌)

引用元:@cosme

肌荒れなどは起きないが、肌の表面がベタつくだけで浸透せず、翌朝の肌もゴワゴワしてイマイチ。メイク前に使用するとファンデがヨレる。(29歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

そのままだと重めのオイルみたいで、化粧水と混ぜた方が使いやすい。だが、1日つけただけで顔全体にブツブツが。体調のせいかと思い、後日再チャレンジしたが結果は同じだった。期待していただけにかなりショック。(26歳・敏感肌)

引用元:@cosme

トライアルについていたウォーターを顔に馴染ませてからリペアジェルを塗ったところ、ピリピリして赤くなった。(29歳・敏感肌)

引用元:@cosme

多少ヒリヒリするがしっとりする。だが、翌朝の顔が黄ばんでいるような気もする。使い始めたばかりなので、もう少し様子を見ようと思う。(29歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

使い始めたらニキビが大量発生した。(28歳・混合肌)

引用元:@cosme

現品購入で半分くらい使用したが、効果なし。ハチミツを塗っているようなベタベタ感が耐えられないときがある。気になるほどではないが金属臭がある。(29歳・混合肌)

引用元:@cosme

重い感じで伸びが悪く、原液のままだとヒリヒリする。鉄っぽい匂い。(29歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

「リペアジェル」の口コミ総評

@cosmeでの評判は、7点満点中5.5ポイント。全体的に高評価ですが、個々の口コミを調べてみると、合う人と合わない人にハッキリ分かれていました

「リペアジェル」はすべて植物由来成分ですが、アレルギーなどで体質的に合わない人もいます。「リペアジェル」が合わない人は、敏感肌の人が多い印象です。

また、基剤がグリセリンなので、グリセリンで毛穴詰まりや肌荒れを起こすタイプの人も合わない可能性が高いです。

メイク前の使用についても、化粧ノリがよくなる人がいる一方で、ファンデがヨレてしまう人もいました。メイク前の使用は、ファンデとの相性もあるのかもしれません。また、メイク時に強くこすってしまう人も、皮膜と一緒にファンデがヨレます。

一方、「リペアジェル」が合う人は、シミやシワが薄くなるなど、肌がキレイになっています。ニキビに効いた人もいました。

「リペアジェル」がオススメな人は?

人によって評価がかなり分かれるので、「リペアジェル」がオススメな人と、そうでない人のタイプも検証してみました。

「リペアジェル」がオススメな人

  • 化粧品で肌トラブルを起こすことが少ない
  • グリセリンで美肌になる肌質
  • 金属臭が気にならない

「リペアジェル」が合う合わないの決め手は、グリセリンが合うかどうかと、金属臭が気にならないかどうかのようです。

合う人は長年リピートしている人も多いので、上記の条件に当てはまる人は、一度試してみるとよいと思います。

「リペアジェル」がオススメできない人

  • 肌が弱い
  • そのときによって肌の状態が違い、不安定
  • グリセリンと相性が悪い肌質・グリセリンの使用感が苦手
  • 臭いに敏感

これらのいずれか一つでも該当する人は、「リペアジェル」は合わない可能性が高いです。「リペアジェル」が難しそうな人で、ハリ対策コスメを探している人には、「ビーグレン レチノA」の方が使いやすいと思います。

「レチノA」については次の記事でお試しレビューを書いているので、興味がある人は読んでみてくださいね。

レチノール化粧品の使い方と注意点■ビーグレンがオススメな理由

「リペアジェル」の効果的な使い方

「リペアジェル」の正しい塗り方

「リペアジェル」は、使い方によっても満足度が違ってきます。ササッと塗るだけだとベタベタしますが、少し時間を掛けて丁寧に馴染ませていくと、肌に浸透してベタつきが軽減します。

特に原液のまま使う場合は、パパッとは伸びないので、じっくり丁寧に塗っていきましょう。

  1. 洗顔後、1~2プッシュを手のひらに取る
  2. 気になるところに、軽く指先を滑らせるように伸ばす
  3. 指先を軽く滑らせながら、顔全体に馴染ませる
  4. 手のひらで包み込むように、1~2分押さえると、より肌に馴染む

また、一度にたくさん取り出してしまうと、一箇所だけにボテッと残ってしまい、ベタつきやすいです。多めに塗りたい場合は、1~2プッシュずつ重ねていくと均等に塗れてベタつきにくいです。

これらの注意点を守ることで快適な使用感を実現でき、効果が出るまで継続しやすくなります。

「リペアジェル」と他のスキンケアを併用したいときの使用順序

「リペアジェル」だけだと物足りない場合は、化粧水やクリームなどと重ねて塗ってもOKです。ここでは、ライン使いしたい人のために、リソウの他のスキンケアと併用するときの順序を説明します。

「リペアジェル」の効果をしっかり引き出すためには、洗顔後、最初に「リペアジェル」を塗ることが大切です。他のアイテムは「リペアジェル」の上から重ねていきます。他社のスキンケアと併用する場合も、「リペアジェル」を最初に塗ります

他のスキンケアと併用したいときは、

「リペアジェル」⇒「リペアビューティーエッセンス」

の順に重ねるのが基本です。もっとスペシャルなケアをしたい場合は、

「リペアジェル」⇒「リペアローション」⇒「リペアクリーム」⇒「リペアビューティーエッセンス」

の順に重ねます。

「リペアジェル」をサッパリ使いたいときは化粧水で薄めてもOK

「リペアジェル」をサッパリした使用感にしたいときは、同量の「リペアウォーター」や手持ちの化粧水で薄めて使用してもOKです。

「リペアジェル」トライアルキットの値段と購入方法

「リペアジェル」トライアルキットは1,980円、送料・代引き手数料無料です。通販のみの販売なので、欲しい人は下記バナーから購入できます。

「リペアジェル」は基剤まで美容成分

「リペアジェル」は基剤がグリセリンのみ水を一切加えないことで100%美容成分になっています。

そのため、とても濃厚な使用感ですが、「ベタつきが気になる」という口コミについて、公式サイトにリソウの見解が書いてありました。

リペアジェルが追及したのは使い心地の良さではなく「美容効果」。

年齢肌のトラブルに必要な美容成分をたっぷり詰め込み、なおかつ使用感を向上するための石油由来成分を排除すると、どうしてもベタベタしてしまうということのようです。

「リペアジェル」をサッパリ使いたい人は、化粧水などで薄めて使ってみましょう。

「リペアジェル」のハリ・弾力成分

「リペアジェル」はシワ・シミ・保湿に特化したオールインワンゲルですが、2009年のリニューアルで新たなハリ成分が追加されました。

新たに追加された成分は、「グルコシルヘスペリジン」と「ビタミンC生命体」の2種類です。

【グリコシルヘスペリジン】
橙やオレンジから抽出した成分。血行促進、保湿、抗炎症、弾力アップ、くすみ改善が期待できる。ビタミンCの働きもサポート

 

【ビタミンC生命体】
不安定な成分であるビタミンCを、化学的な加工を加えずに長期安定できるようにした成分。独自の製法が認められたため、INCI名(国際的表示名称)として、日本化粧品工業連合会に「ビタミンC生命体」の名称で登録されている。

期待される効果は、抗酸化作用によるメラニン色素の還元、ターンオーバーの正常化、皮脂分泌のコントロール、コラーゲンの生成を促すなど。

 

「グルコシルヘスペリジン」と「ビタミンC生命体」、2つのハリ・弾力成分を配合することで相乗効果が生まれ、よりハリ・弾力への効果が期待できるとのことです。

ビタミンC生命体はビタミンC誘導体より優秀?

ビタミンCは酸化などですぐに変性してしまうため、そのままでは化粧品に配合することができません。そのため、化粧品にビタミンCを配合するときは、他の成分を加えて誘導体化するのが一般的です。

しかし、ビタミンCを誘導体化するために使用する成分は、人間の皮膚の酵素では分解できないため、ビタミンC誘導体を配合しても、ビタミンCの効果を発揮できないことが分かってきました。

ビタミンC誘導体はだいたいこんな感じなので、化粧品に配合してもビタミンCの効果が出ないことが分かってきました。(画像はイメージです。)

一方、ビタミンC生命体は、ほぼそのままの「生のビタミンC」なので、皮膚で分解する必要がなく、シミやシワにアプローチしやすいメリットがあります。

※ビタミンC生命体は、成分表示名はアスコルビン酸となっています。

「リペアジェル」は生命体技術により、全成分が天然由来

「リペアジェル」をはじめとするリソウのコスメには、「生命体技術」が利用されています。生命体技術とは、特殊な発酵菌を用いることで、植物の栄養素を美容成分として利用するための技術です。

生命体技術を利用することで、製品を安定させるための抗菌・抗酸化成分まで、すべての成分を天然由来で製造することに成功しました。

したがって、肌への負担が大きい防腐剤などの石油由来成分は一切、排除されています。

効果と安全性が高い原料を厳選

「リペアジェル」に使用する原料も、効果と安全性が高いものを厳選しています。特に、「コメ発酵生命体」を抽出するための米は、自社農場の無農薬栽培米を使用しています。

品種を厳選し、特殊な農法で作られた無農薬栽培米から抽出されるコメ発酵生命体には、美肌によいとされるアミノ酸が豊富に含まれています。

微粒子化された成分が肌にしっかりアプローチ

ですが、いくらよい成分を厳選しても、お肌に浸透しなければ意味がありませんよね。「リペアジェル」は植物の発酵エキスを抽出したことや、成分に科学的装飾を行わないことで、成分の分子が小さい状態になっています。

そのため、肌に浸透しやすく、成分の効果を発揮しやすいことが期待できます。

なお、「リペアジェル」の効果は、福岡三井中央クリニック(現あやべビューティークリニック福岡)との共同臨床試験で検証されており、そのときの論文は医学誌「医学と薬学」にも掲載されています。

 

「リペアジェル」の全成分

グリセリン、アスコルビン酸、リゾプス/コメ発酵エキス液、グルコシルヘスペリジン、カンゾウ根エキス

かなりシンプルな処方ですね。これなら20代で使っても、肌を甘やかしすぎる心配はなさそうです。

「リペアジェル」の使用期限と保管方法

「リペアジェル」の使用期限は開封後は半年

「リペアジェル」は石油由来成分を含んでいないため、一般的な化粧品のように長期間は鮮度を保てません。ですが、エアレスポンプを採用しているため、未開封なら1年間持ちます。

【「リペアジェル」の使用期限】

  • 未開封:1年
  • 開封後:半年

「リペアジェル」の保管方法はすぐに使い切るなら常温でOK

 

「リペアジェル」は一般的な化粧品よりもデリケートですが、保管は常温で大丈夫です。ただし、直射日光に当たると成分が劣化してしまうので、日陰になる場所で保管するようにしましょう。

また、菌が繁殖しないよう、ノズルや中栓を常に清潔にしておくことも大切です。

なお、買い置きなどで長く保存したい場合は、冷蔵庫で保管した方がよいです。ですが、「リペアジェル」は温度変化でも劣化してしまうため、一度でも冷蔵庫で保管した「リペアジェル」は、使い切るまで冷蔵庫で保管し続ける必要があります。

「リペアジェル」現品を最安値で買う方法と返金制度について

「リペアジェル」などのリソウ製品の現品を最安値で買える方法と、返品・返金システムについては、「リペアリキッドファンデーション」のレビュー記事で詳しく紹介しています。

「リペアジェル」の現品を最安値で買いたい人は、次の記事も読んでみてくださいね。

リペアファンデーションのトライアルを試してみた■ニキビ肌に安心って本当?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*