【2022年最新情報】白くならない日焼け止めが欲しい♡顔に使えるおすすめ商品30選

「美白コスメを物色する前に、まずしっかり日焼け止めを塗るべし・・・・・!」頭では分かってはいても、イマイチ実践できていないという人も多いのではないでしょうか?

ついつい日焼け止めを塗るのをサボってしまう原因の一つは、「白くなってみっともないから」というもの。特に顔に日焼け止めの色が残ってしまうのは、目立つので気になりますよね。

そこでここでは、白くならない日焼け止めの中から、顔に使えるおすすめ商品30選を紹介します。口コミ評価の高いものを中心に、使いやすい商品を厳選しました。男性や子供が使える商品も掲載しています。

白くならない日焼け止めが欲しい人は、ぜひ参考にしてください♪



この記事の目次

日焼け止めで白くなる原因と対策方法

白くなる原因は「紫外線散乱剤」の成分

日焼け止めに含まれるUVカット成分は、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」に大別されます。

昔の日焼け止めは「紫外線吸収剤」でUVカットするものが多かったのですが、紫外線吸収剤として広く使われていた「オキシベンゾン」はアレルギーを引き起こしやすく、サンゴ礁への悪影響があることも分かったため、現在の日焼け止めにはほとんど使用されていません。

現在のUVカット成分の主流は「紫外線散乱剤」です。紫外線散乱剤として配合される「酸化チタン」「酸化亜鉛」は白い粉末状のため、日焼け止めを塗ると白くなるのです。

最近は白くならない日焼け止めも販売されている

少し前の日焼け止めは白くなるのが普通でしたが、技術の発達によって、最近は白くならない日焼け止めも販売されています

低刺激の「吸収剤」が開発されたことで、白浮きしやすい「散乱剤」を含まない、無色透明の日焼け止めが作れるようになったのです。

白浮きの原因である「散乱剤」自体も、白く残らないように改良が進みつつあります

白くならない日焼け止めを求めているのであれば、こうした新しい技術で作られた製品を選ぶとよいでしょう。

ただし「散乱剤」はそれ自体が白いため、拡散剤配合のものは最新の製品でも、しっかりと塗りこまないと白い色が残ってしまいます。



白くならない日焼け止め♡顔に使えるおすすめ商品30選

①NALC「パーフェクトウォータープルーフ 日焼け止めジェル」

界面活性剤を使わない新技術「三相乳化法」を採用した日焼け止め。水に濡れても再乳化しにくいため、海やプールに入っても流れ落ちません

界面活性剤・パラベン・アルコール・香料・着色料・鉱物油を使わない6つのフリーで肌にやさしく、2歳以上の子供や敏感肌の人も使えます

化粧下地としても使用可能。SPF50+・PA++++。価格は60g 2,729円。公式サイトからの購入なら60日間全額返金保証が付きます。

>>【60日間全額返金保証付き】販売ページ

②アルビオン「スーパー UV カット プロテクト ミルク」

2層タイプの日焼け止め乳液で、化粧下地としても使えます。紫外線やちり・ほこり・花粉などから肌を守るマルチプロテクト処方。さらっと軽い使い心地で、発光感のあるさらりとした肌に整えます

耐水性は厳格な耐水試験をクリアした、スーパーウォータープルーフ。汗・水・皮脂に強く、汗ばむ日も安心です。

「伸ばすとほぼ透明」という口コミがあり、白くならない日焼け止めとして支持されています。

SPF50+・PA++++。40ml入り、3,850円。

③HINATA「薬用日焼け止め」

ニキビを防ぎ、シミ・そばかすを防ぐ医薬部外品の日焼け止め乳液です。有効成分はグリチルレチン酸ステアリルトラネキサム酸

日焼け・雪焼け後のほてりや肌荒れ・あせも・しもやけ・ヒビ・あかぎれ・カミソリ負けを防ぐ効果もあります。

無香料・無着色・防腐剤フリー・エタノールフリー・パラベンフリー。SPF50・PA+++。30ml入り、2,800円。

日本製ですが、国内ではアマゾンジャパンのみでの販売です。

>>販売ページ

④ラ ロッシュ ポゼ「アンテリオス UVプロテクション ミスト」

スプレータイプの日焼け止めの中でも、使いやすいと評判。顔にも直接スプレーして使えます

ロングUVA制御テクノロジー採用で、紫外線からしっかり肌を防御。整肌成分が肌をやわらげ、本来の機能をサポートします。水に強いウォーターレジスタントでベタつきにくく、メイクの上からの塗り直しにもおすすめ。

低刺激設計で、洗顔料で落とせます。SPF50・PA++++。50g入り、2,750円。

⑤石澤研究所「紫外線予報 透明UVスプレー」

こちらも顔に直接かけられるタイプのUVスプレー。透明なので白く残りません。たっぷり大容量だから髪・顔・体に惜しみなく使えます。1歳から使用OKメイクの上からも使えます

ウォータープルーフですが石鹸で落とせるので、毎日の紫外線対策にぴったり。無色素・無香料・無鉱物油・ノンパラベン・ノンアルコール。オレンジ精油の香りです。

SPF50+・PA++++。価格は150g 2,035円。



⑥ビューテロンド「クリアクールスポーツUVスティック」

スポーツの楽しさと美肌を両立させたい女性のために作られた、スティックタイプの日焼け止め。手を汚さずに塗れて、肌にしっかり密着します。汗や水に濡れても流れにくいウォータープルーフ仕様。携帯しやすいサイズなので、お出かけ先での塗り直しにも。

クール成分&パウダー配合で、ひんやりさらっとした使い心地です。白くならない透明タイプ。光を利用する2種類のパウダーが、毛穴などの肌悩みをカバー。なめらかな肌に仕上げてくれます。

SPF50+・PA++++。洗顔料で落とせます。15g入り、1,540円。

⑦マリンコス「サンスティック」

参照元:楽天市場

手を汚さずに使えるスティックタイプの日焼け止めです。ウォータープルーフ、SPF50+・PA++++、韓国製。

低刺激処方肌を落ち着かせる植物エキス配合。しっとりした感触でありながらベタつかず、敏感肌にも使いやすい製品です。肌ケア成分にはツボクサエキス、イチジク果実エキス、セラミドNPなどを配合。

メイクの上から使うときは、スタンプのようにポンポンと塗るとヨレにくいです。ただし香りは好みが分かれるようで、「香り付き消しゴムの匂い」と感じる人もいるようです。

価格は15g 1,000円(楽天市場参考)。

>>販売ページ

⑧アネッサ「パーフェクトUV スキンケアジェル N」

2022年2月に発売されたばかりの新製品。透明つや美肌仕上げのスキンケアUVジェルです。

SPF50+・PA++++でマスク蒸れやこすれに強く、汗・水・空気中の水分によってUVブロック膜が強化される、真夏にも頼もしい仕様。

スキンケア成分50%配合化粧下地としても使え、石鹸で落とせます。口コミ評価も高く、「アネッサの日焼け止めで一番使いやすい」という意見があります。

価格は90g 2,640円。

⑨ゼロホール「日やけ止めスプレー」

スプレータイプの日焼け止めで、顔・体・髪にも使えます。SPF50+・PA++++。ゴルファー用として作られているので、アウトドアにもおすすめです。透明で白く残らず、メイクの上からも使えます。

汗・水・皮脂に強いウォータープルーフでありながら、ベタつかず手を汚さないので、レジャー中の塗り直しにも最適。ほのかなクール仕様で、ひんやりした感触が楽しめます。

虫・花粉対策成分配合、石鹸で落とせます。

価格は1,650円。

⑩ビオレ「ビオレUV アクアリッチ アクアプロテクトローション」

2022年2月にリニューアル。水のような感触でベタつかず、肌に触れると同時にピタッと密着。素早くなじんで白浮きせず、透明感のあるツヤ肌に仕上がります

80分間の耐水テストをクリアしたスーパーウォータープルーフでありながら、石鹸で簡単に落とせるのも魅力。みずみずしいグリーンフルーティの香り。

保湿成分入り、SPF50+・PA++++。価格は70ml 968円。



⑪ビオレ「ビオレUV バリア・ミー クッションジェントルエッセンス」

2022年2月発売。花粉などの微粒子からも肌を守ってくれる「バリア・ミー」シリーズの中でも、うるおいを重視したい人におすすめの製品です。

エンボス加工のしゃもじのように、肌表面に超微細な凹凸を作ることで、紫外線をカットしながら花粉やPM2.5などの微粒子汚れの付着を防ぎます。

保湿成分はヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、BGを配合。スーパーウォータープルーフでマスク擦れにも強く、うるおったプルン肌が続きます。

化粧下地として使えば、ファンデーションの持ちもアップ。SPF50+・PA++++ですが、石鹸で落とせます。パラベンフリー、無着色。

価格は60g 968円。

⑫ビオレ「ビオレUV バリア・ミー ミネラルジェントルミルク」

基本スペックは上の「クッションジェントルエッセンス」と同じですが、こちらはさらっとした仕上がりで肌を明るく見せてくれるタイプ。化粧下地としても使えます

保湿成分はシアバター、ワセリン、BG。無添加処方でアルコール、パラベン、着色料は含みません。紫外線吸収剤も不使用です。

SPF50・PA+++。石鹸で落とせます。

価格は50ml 1,078円(@コスメショッピング参考)。

⑬ニベア「ニベアUV ディープ プロテクト&ケア ジェル」

汗・水に強いウォータープルーフでSPF50+・PA++++。

美容成分に金銀花エキス、真珠タンパク抽出液、ダマスクバラ花水、BGを配合。乾燥による小じわを目立たなくする効能評価試験済みです。

顔を含む全身にたっぷり使えて、石鹸で簡単に落とせます。

価格は80g 970円(@コスメショッピング参考)。

⑭ニベア「ニベアUV ウォータージェル」

2021年2月に「ニベアサン ウォータージェル」からリニューアル。製品名が変わりました。

使うたびに肌がうるおう、みずみずしい化粧水感覚のUVジェル。ヒアロサプライVが角層のバリア機能をサポート、うるおいを保ちます。

肌負担のない軽い付け心地で、日常使いにちょうどよいSPF35・PA+++。化粧下地としても使えます。ウォータープルーフではなく、石鹸で落とせます。

オープン価格で容量は80g、ポンプ式140g、ポンプ詰め替え用125gの3種類が販売されています。

⑮アリィー「アリィー クロノビューティ ジェルUV EX」

一部の国・地域・ビーチの規制に配慮した「ビーチフレンドリー処方」を採用。自然環境を大切にしたい人におすすめの日焼け止めです。

みずみずしいジェルタイプでベタつかず、化粧下地としても使えます。美容液成分にヒアルロン酸を配合。

紫外線だけでなく、ちり・ほこり・PM2.5・花粉などの微粒子汚れの付着も防ぎます

汗・水に強く、こすれにも強いフリクションプルーフなので、マスクやタオルを汚しにくいです。SPF50+・PA++++。

価格は90g 2,728円。



⑯キュレル「UVカット UVエッセンス」

肌荒れ・カサつきをくり返しがちな乾燥性敏感肌のための、薬用UVエッセンス。肌荒れ防止成分として消炎剤を配合しています。

ウォーターベースでベタつかずみずみずしい使い心地。化粧下地としても、肌をなめらかに整えて化粧ノリをよくしてくれます。

2021年2月のリニューアルで、保湿効果がアップ。うるおい成分にセラミド機能成分やユーカリエキス、アスナロエキスを配合し、「なめらかバリアベール」で夕方までうるおいが続きます。

紫外線防止効果は日常使いにちょうどよいSPF30・PA++。やさしい塗り心地で赤ちゃんにも使えます。

価格は50g 1,650円(@コスメショッピング参考)。

⑰スキンアクア「ネクスタ シールドセラム UVエッセンス」

ロート製薬の日焼け止め。紫外線ダメージを受けやすい“オトナの肌”に着目した処方です。

厳選した美容液成分にアーティチョークエキス、δ-トコフェロール、メマツヨイグサエキス、セイヨウナシエキスを配合。パックのように密着することで紫外線からのバリア力を高め、紫外線と乾燥から一日中肌を守ります。

花粉やほこりなど、空気中の有害物質からも肌をガード

光りを拡散することによるくすみ補整効果があり、化粧下地としても使えます。落ちにくいスーパーウォータープルーフと石鹸落ちを両立しているので、毎日の紫外線対策に取り入れやすいでしょう。

環境に配慮したフリー処方なので、日焼け止めの規制が厳しい場所でも使えます。SPF50+・PA++++。

価格は70g 1,760円(ロートオンラインショップ参考)。

⑱サンカット(コーセーコスメポート)「サンカットⓇ プロディフェンス マルチブロックUV ミルク」

汗とニオイを抑えながらUVケアできる、世界初の医薬部外品の日焼け止めです。すぐに乾いてさらさらの使い心地。

有効成分のミョウバンが、汗を抑えることでUV膜のくずれを防ぐので、プールやレジャー、炎天下でのスポーツ時にも安心して使えます。こすれにも強いので、マスク生活にもおすすめ。

美容液50%から成り、モモ葉エキス、セージエキス、スクワランを配合。肌にやさしい無着色・無鉱物油・パラベンフリーです。

SPF50+・PA++++。フレッシュシトラスの香り。

価格は60ml 2,420円(メゾンコーセー参考)。

⑲サンカット(コーセーコスメポート)「サンカットⓇプロテクトUV スプレー」

スプレータイプの日焼け止め。顔はもちろん、髪や頭皮まで全身に使えます。速乾性でメイクの上からも使えるので、お出かけ先での塗り直しにも便利。

2022年2月のリニューアルにより、ベビーパウダーを新配合。汗をかいてもベタつかず、さらさらの感触が持続します。

花粉・ちり・ほこり・PM2.5などの環境ストレスから肌を守るアレルガード機能つき。

ウォータープルーフですが石鹸で落とせて、逆さにしても使えます。SPF50+・PA++++。

なお顔に使うときは一度手のひらに出してから、少量ずつ伸ばしてください。価格は60g 698円(メゾンコーセー参考)。

⑳UVローション

参照元:楽天市場

ローションタイプの日焼け止め。紫外線・ブルーライト・可視光線の、3つの光ダメージから肌を守ります

SPF43・PA+++。ウォータープルーフ成分は含まないため、石鹸で落とせます。精油・香料・着色料は不使用。敏感肌の人や子供にも使いやすい処方です。

価格は30ml 1,430円、100ml 3,300円。

>>販売ページ



㉑ウルンラップUVクリーム

参照元:楽天市場

環境と肌へのやさしさを考えたUVクリームです。サンゴ礁保護のためにハワイなどで禁止されている、オキシベンゾンとオクティノクセイトは不使用。

紫外線散乱剤として、白浮きしにくい酸化セリウムを配合しています。

合成着色料やシリコンなどは使わず、7種のオーガニック成分を配合。30日間返金保証があるので、敏感肌の人も安心して購入できます。

紫外線防止効果は、日常の紫外線対策にちょうどよいSPF28・PA+++。使い終わったら石鹸で落とせます。

価格は25g 1,498円。お得なまとめ買いもできます。

>>販売ページ

㉒マーベラ化粧品本舗「マーベラUV50」

シミ・乾燥が気になる人のための、乳液タイプの日焼け止めです。紫根エキス、甘草エキス、アラントイン、アルギニン、UV散乱剤を配合。

紫外線を防ぎながら、美白・エイジングケアができます。白く残らず、男性や子供も使えます。SPF50・PA+++。

価格は25ml 3,143円。

㉓ソフォーメ「美白UVスプレー」

参照元:楽天市場

美白・肌荒れ防止のための有効成分として、トラネキサム酸グリチルリチン酸ジカリウムを配合した、医薬部外品のUVスプレーです。汗・水に強いウォータープルーフタイプ

SPF50・PA++++。紫外線吸収剤不使用、パラベン・合成香料・合成着色料・アルコールも不使用です。

肌にやさしいノンケミカル処方で、ベタつかず白浮きしないので、カップルや家族での利用にも好評です。

価格は100g 2,050円。

>>販売ページ

㉔フレッシュ社「オーガニック アロマ UV サンプロテクト ラベンダー」

参照元:楽天市場

敏感肌でも安心して使える、紫外線吸収剤不使用のノンケミカル・オーガニックの日焼け止めです。日本製だから品質も万全。SPF20・PA++。

保湿力とスキンケア効果が高く、年齢肌や乾燥肌が気になる人にもおすすめです。軽い付け心地で圧迫感がなく、オーガニックラベンダーの香りも楽しめるため、日焼け止めが苦手な人にも支持されています。

しっかり密着しますが、よく洗えば石鹸で落とせます。ただし口コミによるとモロモロが出やすいとのことなので、塗ったあとはこすらないよう注意しましょう。

容量は持ち歩きやすい30ml。価格は2,750円です。

>>販売ページ

㉕リスブラン化粧品「UVプロテクトジェル」

伸ばしやすいウォーターベースが、肌に乗せると汗・水に強いオイルベースに変化。植物抽出エキス配合・ウォータープルーフ処方で、紫外線や乾燥から肌を長時間守ります

化粧下地としても使えて、パラベン・アルコール・鉱物油・香料・着色料は不使用。SPF50+・PA++++。

マイナーなブランドですが品質の高さから根強いファンがおり、こちらの日焼け止めもブランドファンに支持されています。

45g入り、3,520円。



㉖コスメデコルテ「サンシェルター マルチ プロテクション ウォーターレジスタント」

ハリのあるしなやかな肌に導くウォータープルーフ処方の日焼け止め乳液です。SPF50+・PA++++。

汗・水・こすれに強く、過酷な環境下でもプロテクト効果が長続き。みずみずしいタッチでキシキシしないので、デイリーにも使いやすいと評判です。さわやかなフレッシュハーバルグリーンフローラルの香り。

洗顔料で落とせることになっていますが、落ちにくい場合はクレンジング料を使用するのがよいようです。

容量は2種類から選べます。35g 3,300円、60g 4,620円。

㉗ヘリオケア「ウルトラSPF90 ジェル」

参照元:楽天市場

太陽の国スペイン生まれ、SPF90の頼もしい日焼け止めです。クリームタイプに比べると軽めの付け心地。現地では有名な商品で信頼性が高く、日本でも皮膚科やエステですすめられて使い始める人がいます。

パッケージによっては「SPF50+」と書かれているものも流通していますが、これは単にSPF値の表示の規定の都合で、中身は全く同じもの。効果も同じです。

香りは少し強めですが低刺激なので、お高めにもかかわらず何本もリピートしている人も。見た目は色つきクリームですが、肌に伸ばすと無色透明になります。

価格は50ml 4,980円(楽天市場参考)。

>>販売ページ

㉘フェルミナ「クリムヴィータ UVプロテクト ミルキィスプレー」

スプレータイプで顔・体・髪にも使えます。保湿効果の高いミルクタイプですが、ベタつかないので子供にも使いやすいです。逆さにしても使えます。保湿成分はアロエベラエキス。

消臭成分として、カキタンニンと緑茶エキスを配合。汗などの嫌な臭いを防ぎます。SPF50+・PA++++。無香料なので匂いに敏感な人にもおすすめ。

顔に使う場合は直接噴射せず、いったん手のひらに出したものを、少量ずつなじませます。

価格は60g 3,700円(楽天市場参考)。

㉙バジャー「ナチュラルミネラル サンスクリーンクリーム クリアジンク」

参照元:楽天市場

アメリカ・ニューハンプシャー州のオーガニックコスメブランド「バジャー」の日焼け止めです。98%がオーガニック成分で、無香料・無着色・パラベンフリーの低刺激処方

肌への負担が少ないSPF30なので、日常の紫外線対策におすすめです。

87ml入り、2,040円(楽天市場参考)。

>>販売ページ

㉚クワトロボタニコ「ボタニカル オイルコントロール & UVブロック」

白浮きを避けたいなら、メンズコスメの日焼け止めを選ぶ方法も。こちらのクワトロボタニコのものはベタつきやすい男性の肌に合わせて、皮脂吸着パウダー配合。皮脂とテカリを抑えてくれます。

ただし「ファンデを重ねるとムラになる」という口コミがあり、化粧下地としては使えない模様。

乾燥・ハリ不足・皮脂トラブル・毛穴トラブルに働きかける4種の植物エキスと、UVダメージケア成分を配合。紫外線をカットしながら、水分・油分のバランスを整えてスキンケアします。

汗・水に強いウォータープルーフ処方ですが、洗顔料で簡単に落とせます。香りはベルガモット&ローズマリー。SPF50+・PA++++。

価格は50g 2,475円。

まとめ

皮膚刺激の強い紫外線吸収剤に代わって「紫外線散乱剤」が使われるようになったことで、日焼け止めといえば白く色が残ってしまうのが困りものでした。

ですが最近は技術の進歩によって、「肌への負担が少ない紫外線吸収剤」や「白くならない紫外線散乱剤」といったものが開発されており、白くならない日焼け止めが売られるようになってきています

厳しい日差しの中で暮らす現代人にとって、紫外線対策は一年を通して不可欠なもの。記事を参考に、お気に入りの日焼け止めを見つけてくださいね!