除毛クリームは効果ない?正しい使い方は?メリット・デメリットとおすすめ商品

「脱毛を断られてしまったので、除毛クリームでムダ毛ケアしようと思う」、「脱毛をはじめようと思ったけど、新型コロナウイルスが心配だから、しばらくは自己処理で我慢しようと思う。除毛クリームが安くて手軽そうだけど、除毛クリームは効果がないって本当?」

ここでは除毛クリームを使ってみたい人のために、除毛クリームの効果とメリット・デメリットについてまとめました。

除毛クリームの正しい使い方と、おすすめの除毛クリームも紹介するので参考にしてください♪

除毛クリームの効果とメリット・デメリット

除毛クリームは毛を溶かして除去する

除毛クリームとは、肌の表面に出ている毛を溶かすことで、ムダ毛を除去するものです。

主成分は「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ剤で、たんぱく質を溶かす性質を溶かす性質を持っています。

除毛クリーム以外では、パーマ液の髪に癖付けするための成分としても使われています。

効果は短期的だが、即効性が得られる

ハサミでカットするのに近い方法で毛根は残るため、効果が持続するのは3~6日程度です。一時しのぎの短期的な効果しか得られないことは理解しておいた方がよいでしょう。

しかし、その場ですぐにムダ毛がなくなるので、即効性が必要なときには便利なアイテムです。

さらに、除毛クリームで溶けた毛の先端はちぎれたような状態になるので、シェーバーで剃ったときのようなチクチク感がないのもメリットの一つです。

多少は毛が残ってしまう

除毛クリームは、上手に使っても完全にツルツルに仕上げるのは難しく、多少は毛が溶け残ってしまいます

ですが、塗って洗い流すだけでムダ毛を除去できるので、「剛毛でシェービングが大変」という人や、シェーバーで上手く剃れない部位のお手入れには心強い味方になってくれるでしょう。

刺激が強く、肌荒れしやすい

除毛クリームはムダ毛だけでなく、皮膚のたんぱく質も溶かしてしまうため、刺激が強く、肌荒れしやすいのが一番のデメリットです。

除毛クリームは医薬部外品で、誰でも自由に買えるものなので、一般の人が使用しても問題ないだけの安全性は確保されています。

ですが、使い方を誤ったり、肌に合わないと肌トラブルが起こることもあります。

特に、長時間塗ったまま放置することは、肌荒れや湿疹などの肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

効果を高めたい一心で長く放置する人も多いですが、説明書に書かれている放置時間を必ず守るようにしましょう。

デリケートゾーンには使えない製品もある

除毛クリームは刺激が強いため、デリケートゾーンには使えない製品もあります。Vラインは使用できる製品もたくさんありますが、粘膜に近いIライン・Oラインへの使用は推奨されていないことがほとんどです。

また、顔はすべての除毛クリームが使用不可となっています。

メーカーが推奨していない部位への使用は、事故が起こる可能性が高く、もしものときも自己責任になります。

Iライン・Oラインや顔の自己処理は、シェーバーや抑毛ローションが安全性が高いのでおすすめです。

次の記事で人気のシェーバーと抑毛ローションを紹介しているので、必要な人は読んでみてくださいね。

脱毛期間中におすすめの自己処理方法と、人気のレディースシェーバー&抑毛ローション

除毛クリームの正しい使い方

①初めての製品は最初にパッチテストをする

除毛クリームは肌への刺激が強いため、特に初めての製品を使うときは、必ず最初にパッチテストをしましょう。肌へのやさしさを謳う製品であっても、肌質やアレルギーなどの個人差によっては、合わない場合もあるため油断は禁物です。

部位によっても皮膚の厚みなどが異なり、除毛クリームへの反応も違ってくることがあります。

したがって、除毛クリームを使用したい部位ごとにパッチテストをしておくと安心です。

【パッチテストのやり方】

  1. 10円玉大程度の除毛クリームを、除毛したい部位に付ける。
  2. 製品ごとに決められている時間放置してから洗い流す。
  3. 48時間経過しても、赤みや痒みなどの異常が出ないか観察する。

②毛の根元まで除毛クリームが届くよう、多めに塗る

パッチテストで問題がなければ、いよいよ本番です。保湿クリームなどを何も付けていない状態の肌に、多めの除毛クリームを塗りましょう

塗る厚みは1~3mmほどが目安ですが、毛の根元に除毛クリームが行き渡ることが大切です。スポンジやヘラを使い、毛が見えなくなるまで均等に塗っていきます。

ムダ毛が長い場合は、先にハサミで短くカットしておくと作業しやすいでしょう。

なお、手荒れ防止のために、ビニール手袋をはめておくのがおすすめです。

また、除毛クリームは刺激臭が強いため、必ず換気のよい場所で使用します。お風呂場で使う場合は、除毛クリームで足元が滑りやすくなるので注意しましょう。

③除毛クリームを拭き取って洗い流す

各商品の説明書に書かれている放置時間が経過したら、除毛クリームを落とします。ティッシュやスポンジで軽く拭き取ってから、よく洗い流しましょう

除毛クリームを落とすときは肌を傷めないよう、強くこすらず、やさしく落とします

また、除毛クリームが肌に残っているとトラブルの原因になるので、洗い残しがないよう、しっかり落とすようにしましょう。

洗い流してタオルで拭いたら、肌荒れ防止のために化粧水やクリームなどで保湿しておくとよいです。

おすすめの除毛クリーム

鈴木ハーブ研究所 パイナップル豆乳除毛クリーム

子供の利用者も多い除毛クリームです。肌へのやさしさにこだわり、刺激を軽減するための成分として、7種類のハーブエキスを配合しています。

美肌成分として大豆エキスと尿素も配合しているので、肌荒れしにくいです。

大豆エキスに含まれるイソフラボンには、毛の成長を抑制する作用があるので、使い続けるうちにムダ毛処理の頻度を減らせる可能性もあります。

デリケートゾーンへの使用は推奨されていませんが、ツンとした臭いが少なく、30日返金保証も付きます。

「パイナップル豆乳除毛クリーム」は、下のバナーから購入できます。

リタマインドジャパン ジョーモ

楽天市場の脱毛剤部門で一番人気の除毛クリームです。スプレータイプなので、部位を問わずに塗りやすいです。

除毛による肌荒れを防ぐことにも配慮されており、ヒアルロン酸や植物エキスなどの肌を保護する成分が配合されています。

シトラスの香りなので、除毛剤特有のツンとした臭いが苦手な人にもおすすめです。

なお、デリケートゾーンへの使用は推奨されておらず、注文後のキャンセルや返品はできないので注意しましょう。

「ジョーモ」は下のバナーから購入できます。

 

自然派研究所 ムーモ

楽天売上ランキング3部門で1位を獲得した、人気の除毛クリームです。保湿力にこだわり、シアバターが配合されています。保湿・美容成分として、大豆エキスとシソエキスも配合されています。

ラベンダーの香りで、ツンとした臭いも抑えられているので使いやすいでしょう。

デリケートゾーンへの使用は推奨されていませんが、お得な定期コースがあります。

4ヶ月以上の継続が条件ですが、初回分は980円で購入でき、2回目以降も30%割引が適用されます。送料も無料です。

「ムーモ」の定期コースは、下のバナーから申し込めます。

ミュゼコスメ 薬用ヘアリムーバルクリーム

大手脱毛サロンのミュゼが作った除毛クリームで、ビキニラインにも使えます。有名サロンの商品だけあって利用者が多く、アットコスメの口コミランキング1位を獲得しています。

87%が天然由来成分でできており、保湿成分として8種類の植物エキスを配合しています。

「低温分散製法」によってツンとした臭いを抑え、ホワイトローズの香りで楽しく使えるように工夫されています。

単品でも買えますが、まとめ買いなら割引で安くなります。ただし、使用後の返品はできません

ミュゼの「薬用ヘアリムーバルクリーム」は、下のバナーから購入できます。

脱毛ラボ メガ除毛クリーム

大手脱毛サロンの脱毛ラボが作った除毛クリームです。低刺激処方なので、敏感肌の人にもおすすめです。

脱毛後の炎症を抑える、甘草由来の成分「カルベノキソロンニナトリウム」と、除毛中の肌を守る天然クレイ成分「ベントナイト」を配合しています。

さらに、リラックス効果と美肌効果あるとされるバラの香りなので、ツンとした臭いも気になりにくいです。

6ヶ月以上の継続が条件ですが、お得な定期コースもあります。定期コースは送料無料初回は約50%割引2回目以降も約25%割引です。

ただし、デリケートゾーンへの使用は推奨されておらず使用後の返品はできないので注意しましょう。

「メガ除毛クリーム」の定期コースは、下のバナーから申し込めます。

みのりのみ ノノモ(nonomo)

ダイエット飲料の、「ビークレンズ」で知られる会社が作った除毛クリームです。Ⅲ型コラーゲンを含む卵殻膜エキスをはじめ、90%以上の美容成分が配合されています。

容器先端にシリコン製の刷毛が付いているので、手を汚さずに簡単に塗れます。

ホワイトアロマの香りでツンとした臭いを抑えているので、刺激臭が苦手な人にもおすすめです。

定期コースで4回以上継続する人に限り、初回は500円送料無料で購入できます。

ただし、肌に合わない等、お客様理由での返品はできませんデリケートゾーンへの使用も不可です。

「ノノモ」の定期コースは、下のバナーから申し込めます。

チュラコス ちゅらりも

ムダ毛の濃い女性が多いことで知られる、沖縄の会社が作っています。

除毛成分の「チオグリコール酸カルシウム」の他に、発毛を抑制する大豆エキスも配合しているので、使い続けることでムダ毛処理の頻度を減らせる効果も期待できます。

ラベンダーの香りなので、ツンとした臭いを感じにくいです。

30日返金保証付きなので、肌に合わなかったときも安心です。ただし、デリケートゾーンには使えません

最低3回の継続が条件ですが、定期コースなら送料無料初回は79%割引2回目以降も44%割引で購入できます。

「ちゅらりも」の定期コースは、下のバナーから申し込めます。

まとめ

除毛クリームの効果は一時的なものですが、即効性は高いです。毛の先端がちぎれたような状態になり、チクチク感がないのも大きなメリットです。

一方、刺激が強いので肌荒れしやすくデリケートゾーンには使えない製品も多いといったデメリットもあります。特に粘膜にIライン・Oラインはほとんどの製品が使用不可になっているので注意しましょう。顔への使用もNGです。

記事内では比較的、肌への刺激が少ない除毛クリームをいくつか紹介しましたが、肌との相性には個人差もあります。使用する際は必ず、除毛したい部位でパッチテストをし、肌に異常が出ないか確認すると安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*