【2022~2023】冬におすすめのレディース香水20選♡デパコス・プチプラから厳選

【2022~2023】冬におすすめのレディース香水♡6千円台以下プチプラ編おすすめ10選

①バーバリー「バーバリー・ロンドン オードパルファム」

上品で繊細な、薔薇やジャスミン、ガーデニアなどによるフローラル・フローラルの香調。秋~冬におすすめの重めの香りで、「曇った空に乾いた空気の中、冷たい風が吹くロンドンのイメージにぴったり」という口コミもあります。

上品で落ち着いた香りは、ビジネスシーンにもおすすめ。30ml 6,820円/50ml 9,350円。

>>30ml 販売ページ

>>50ml 販売ページ

口コミ

清楚で品のよい、キャリアウーマンのイメージ。よい香りの石鹸みたい。「ザ・女」という感じではないので普段使いしやすそう。「自分の香り」にしたいと思える香水。(22歳)

引用元:@cosme

シーンを選ばず使える、英国レディーのイメージのフローラル。清潔感が欲しいときに使いたい。(37歳)

引用元:@cosme

フローラルベースでちょっと甘めという感じ。あまり甘い香りは苦手だが、これはくどくないので自分にはちょうどよい。付けたてより、少し時間が経ってからが好き。(26歳)

引用元:@cosme

②ジルスチュアート「クリスタルブルーム スノー オードパルファン」

トップパフューマ―のセシル・マットンが、ジルスチュアートの世界観である“INNOCENT SEXY”と「クリスタルブルーム スノー」の清楚で美しい雪の情景を、繊細な感性で宝石を磨き上げるように調合。

透明感と清潔感がありながら、雪のパウダリー感とフローラルの甘さが見事に調和し、一つの宝石のように多彩な輝きを放ちます。香調はスノーイーフローラルアコード。

30ml 6,050円/50ml 8,250円。

  • トップノート:スイートピー、スノードロップ(待雪草)
  • ミドルノート:ミュゲ
  • ベースノート:ホワイトイリス

>>公式サイト

口コミ

やわらかくて爽やか、清楚なイメージの香り。癖のない香りで、美人百花系の人に似合いそう。少し甘さもあるので、冬向きだと思う。(26歳)

引用元:@cosme

どこまでもピュアでクリア、なのにやわらかさもある。爽やかなのともちょっと違う、不思議な香り。まさに「スノー」という感じ。普段は「The 香水!」という感じの重めの香りが好きなのに、なぜかこの香りは大好き。

オードパルファムのわりに香りが飛びやすいけど、重さがないのでそこは仕方ないかな。(27歳)

引用元:@cosme

低体温だからか、ムエットで嗅いだときのようないい香りがしない。香り自体も薄く、香水禁止の職場でも気付かれなさそう。そして、シャンプー系・シャボン系の香りなので、使っているうちにパウダリーさが鼻についてきた。知人にも「オバサンの匂い」と言われてしまい、使う気がなくなった。(47歳)

引用元:@cosme

③アリサアシュレイ「バニラ バイ アリサアシュレイ」

参照元:au PAYマーケット

アリサアシュレイはムスクの香水が有名ですが、アメリカではこちらのバニラ香水も大人気。シンプルで深みのあるオリエンタル・バニリックの香調です。

トップはベルガモットやレモンのシトラス・フレッシュ、ミドルはジャスミンなどのパウダリーでエレガントなフローラルノートに移行します。ラストはマイルドでロマンチックな、バニリック・スウィート。

グラマラスでラブリーでセンシュアル。そんなイメージのオーデトワレです。100ml 5,472円(au PAYマーケット参考)。

>>販売ページ

口コミ





④クロエ「クロエ オードパルファム」

クロエらしいクラシック・ローズが香るオードパルファムです。香調はフローラル フローラル。30ml 10,010円/50ml 14,300円/75ml 17,820円。

定価だと少しお高めですが、ディスカウントしている販売店であれば数千円程度で購入できることもあります。

  • トップノート:ピオニー、ライチ、フリージア
  • ミドルノート:マグノリア、リリーオブザバレー
  • ベースノート:アンバー、シダーウッド

>>販売ページ

口コミ

これを付けていると男女問わず、「いい匂い」と言われることが多い。香水はなかなか使い切れないが、これはもうすぐ2本目。(26歳)

引用元:@cosme

大人っぽくエレガント。シャボンのような、お花のような香り。強めの香りなので控えめに付けている。(48歳)

引用元:@cosme

香水自体あまり得意ではなく、これも継続して使ったら頭痛が起きるようになってしまった。いい香りだったので残念。(32歳)

引用元:@cosme

⑤ハウス オブ ローゼ「ラ・ローゼ オードトワレ RG」

Optimized by JPEGmini 3.12.0.3 0x3525caa0

朝露のローズガーデンをイメージした、深呼吸したくなるようなみずみずしいローズの香りのオーデトワレ。50ml 3,300円。

>>公式サイト

口コミ

ブルーローズのようなすっきりしたバラの香り。甘すぎず濃すぎないので、シーンを選ばずに使えそう。資生堂のばら園とともに、お気に入りの香水。(55歳)

引用元:@cosme

青っぽいというか、生花のバラの香り。どことなくハチミツのような香りもする。持ちはさほどだが、きつくなく甘ったるくないので、どんな場面でも使えている。(24歳)

引用元:@cosme

ラストノートがハムスターのおしっこのニオイ。バラはバラでも青臭くて酸っぱく、カメムシみたい。アルコールが飛んだあとのハーバルな感じが男性っぽいし、リピはないかな・・・。尖っていて丸みがなく、薔薇香水ではあまり嗅いだことがないタイプ。(25歳)

⑥ナイスクラップ「【amour】オリジナル香水」

ジャスミン、スズランのフローラルに、ピーチやホワイトムスク、ラフランスが香ります。オフィスやデートにもおすすめの香り。50ml 4,290円。

>>公式サイト

口コミ





⑦SHIRO「キンモクセイ オードパルファン」

道端で香る金木犀そのものの香りが楽しめる、ノスタルジックなムードのオードパルファム。モモやアンズなどを思わせるフルーティーさと、上品な甘さの中にほんのりと香る洋酒のようなアクセントが印象的です。香りの持続時間は約5~6時間。40ml 4,054円。

  • トップノート:キンモクセイ、ベルガモット(ほんのり洋酒のようなアクセントを感じる、華やかでフルーティな香り)
  • ミドルノート:キンモクセイ(ふんわりと甘く漂い、どこか懐かしさのある香り)
  • ベースノート:ウッディ、ムスク(落ち着いた甘さが印象的な、深みのある香り)

>>公式サイト

口コミ

トップはややきつめだが、だんだんやわらかな金木犀っぽい香りに変わる。芳香剤のように感じる人もいるようだが、自分は気に入っている。ただし、持続力はそれほどない。(27歳)

引用元:@cosme

金木犀の匂いが好きで香水もいろいろ試したが、やっと本物の香りに近いものに出会えた。これであの季節の匂いがずっと嗅げる。きつくないので、枕元にかけることも。金木犀が好きな人にはぜひ試して欲しい。(25歳)

引用元:@cosme

金木犀そのものの香りと聞いて期待したが、芳香剤のような人工的な強い香りで、金木犀の香りではなかった。(40歳)

引用元:@cosme

⑧マッセモリー「オードトワレ<エレガントリッチ>」

「ドン・キホーテでワンコインで買える香水」として親しまれているマッセモリー。冬に使うなら「オードトワレ<エレガントリッチ>」がおすすめです。

トップはパインなどのフルーティが華やかに香り、ラストにムスクやバニラで重みと甘みも加わります。50ml 680円。

>>販売ページ

口コミ

⑨ランバン「エクラ ドゥ アルページュ シアー」

参照元:楽天市場

世界的な大ヒットフレグランス「エクラ ドゥ アルページュ」を新たに解釈。あわただしい日々の中の「ひと休みする平穏な時間」を表現しています。香調はフルーティ グリーン フローラル。

幕開けは陽気な笑い声のようなマンダリンオレンジとドラゴンフルーツに、みずみずしいロータスリーフがなめらかに溶け合います。

ミドルは軽やかなブーケを思わせるピオニーとスズランを、透明感あふれるウォータージャスミンが引き立てます。

ラストはソフトで温かいアンバリーウッディを、ホワイトムスクがやわらかに包み込みます。30ml 2,508円(楽天市場参考)。

  • トップノート:マンダリン、蓮の葉、ドラゴンフルーツ
  • ミドルノート:ピオニー、ウォータージャスミン、スズラン
  • ベースノート:シダーウッド、クリスタルアンバー、ムスク

>>販売ページ

口コミ

⑩ザ ボディ ショップ「ホワイトムスク オードトワレ」

2021年夏にリニューアル発売。ホワイトムスクの香りをバランスよく楽しめるオードトワレです。香りの持続時間は4~5時間。

リニューアル時には、イギリスの「The Vegan Society」によるヴィーガン認証を取得。誕生以来から貫いているクルーエルティフリーに加え、パッケージも環境へ配慮したものに進化しています。30ml 3,000円/60ml 4,620円。

>>公式サイト

口コミ

ムスクが好きになったキッカケの香り。きつくないのに濃厚、そしてさわやか。夫にオジサンっぽいと言われて使わなくなってしまったが、ずっと好きな香り。(36歳)

引用元:@cosme

軽めのムスクで、寝るときに使っても邪魔にならない。ただ、簡易包装なのか箱がなく、緩衝材で直に瓶を巻いた状態で届くため、香水を買ったドキドキ感が薄れてしまい少し残念。(45歳)

引用元:@cosme

プレゼント用に買ったのに、箱に入っていなくてビックリ。ボトルも旧バージョンの方が素敵だった。(36歳)

引用元:@cosme

まとめ

冬におすすめのレディース香水を紹介しましたが、使ってみたいと思えるものは見つかりましたか?新しい香水を手に入れると、とてもワクワクした気持ちになれますよね。

私も冬の香水は「これ!」というものをまだ見つけられていないので、この機会に新しい香りを開拓してみようと思っています。せっかくなので、今まであまり縁がなかったタイプの香りを試してみたいです(*’▽’)

それでは、今年も厳しい季節が到来しますが、お気に入りの香りを纏って元気に乗り越えていきましょうね!

【関連記事】
香水の種類を知ろう。濃度・香調(ノート)の違いと、自分に合う選び方




1 2