敏感肌のメイク落としに♡クレンジングの代用にニベアやオリーブオイルが使える

「クレンジングは肌に負担がかかるから使いたくない」、「敏感肌で使えるメイク落としが見つからない」。

肌が弱くて困ることの一つが、クレンジング。市販のクレンジング剤はどのタイプも、本気の敏感肌には刺激が強く、なかなか厳しいものがあります。

そこでここでは、肌が弱くてクレンジングは使えない私が自身の経験を踏まえつつ、敏感肌におすすめできるクレンジングの代用品を紹介します。

ニベアやオリーブオイルなど、安心して使えて優秀な代用品を中心に紹介していくので、ぜひ参考にしてください♪

「クレンジングを切らしちゃった!手近なもので代用できない!?」というときにもおすすめの記事です。



市販のクレンジングは肌に負担がかかる

「クレンジング」「メイク落とし」として売られている製品は、消費者の利便性を考えて使いやすく工夫されているため、肌に合えば非常に便利なものです。

しかしこれらの製品には、「素早くしっかりメイクを落とすための成分」や、「すすぎを簡単にするための成分」など、肌に負担のかかる成分がいろいろと含まれています。

製品によっては角栓・角質を落とすための強い洗浄成分が含まれているものや、保存料や香料などの添加物が配合されているものも。

そのため敏感肌の人には、刺激が強過ぎることがあるのです。私自身もここ何年か肌が敏感傾向に傾いているせいで、常用できるメイク落としは一つも見つかっていません。

クレンジングの代用におすすめは美容オイル

保湿用の美容オイルでもメイク落としできる

メイク汚れは基本的には、油があれば落とせます。アイメイクや落ちにくい口紅は専用のリムーバーを使った方がしっかり落とせます。ですがファンデーションなどは、極論をいえばサラダ油でも落とせるのです。

私のおすすめは、美容オイルで代用する方法です。美容オイルとして売られているオリーブオイルやスクワランオイルなどであれば、オイル100%で余計な成分が入っていません

そのため肌にやさしく、敏感肌にも負担をかけずにメイクを落とせます

クレンジングの代わりになる美容オイルの種類

クレンジングの代用につかえる美容オイルにはさまざまな種類がありますが、私のおすすめは「キャリアオイル」と呼ばれる植物油です。油の中でも比較的さらっとしていて扱いやすく、洗い流しも容易だからです。親水性が高いため、すすぎ後に塗る化粧水が弾かれてしまうこともありません。

オリーブオイルやスクワランオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、ツバキ油などがそうです。

スクワランオイルは植物性のものと動物性のものがありますが、どちらもメイク落としに使えて使用感も変わりません。

植物油以外にも、馬油ベビーオイルも使えます。

この中で私が愛用しているのはスクワランオイルで、落ちにくいファンデも簡単に落とせます。



メイク落とし用の美容オイルは安いもので十分

メイク落とし用の美容オイルは、安いもので十分です。

同じ種類のオイルでも製品によって高いものから安いものまでありますが、メイク落としが目的の場合は、コスパのよさで選ぶのがよいでしょう。私が使用しているスクワランオイルも、どれも1,500~2,000円程度です。

ちなみに美容オイルは本来の用途としても、肌や髪の保湿に使ったり、お風呂のお湯に入れたり、マッサージオイルとして使ったり、さまざまな使い方ができます。

親水性の高い種類であれば、化粧水前のブースターオイルとして使う方法も人気です。

1本持っておくととても便利なので、自分に合うものを探してみるとよいでしょう。

食用油は肌を傷める原因になるのでNG

オリーブオイルが代表的ですが、植物油にはスキンケアを目的に作られているものと、食用に作られているものがあります。

しかし食用油でメイク落としするのは、肌を傷める原因になるのでNGです。スキンケア用と食用では精製方法が異なり、管理の仕方も違うからです。

食用のものは肌に塗ることは想定されていないため、目に見えない小さな果肉などが紛れ込んでいて、肌を傷つけることがあります。

さらに食用油の中には精製度が低く、酸化しやすい製品も。酸化したオイルを塗ると肌トラブルの原因になります。

肌が丈夫な人が、メイク落としがないときの一時しのぎで使う分には問題ないことも多いですが、基本的には避けた方が無難です。

美容オイルでメイクを落とす方法

アイメイクと落ちにくい口紅は、事前に専用リムーバーで落とします。次に美容オイルでメイクを落としていきますが、必ず手と顔が乾いた状態で行ってください。手や顔が濡れていると、その水分で乳化が始まってしまうため、メイクがきちんと落ちなくなります。

数滴程度のオイルを手に取って体温で温めてから、顔全体になじませます。メイクの濃さに応じて、オイルの量は加減しましょう。

メイクが浮いたら余分な油をティッシュオフ。仕上げに洗顔料などで洗い、よくすすぎます

ティッシュオフの代わりに、温かい蒸しタオルで拭き取ってもOKです。

ティッシュオフやタオルで拭き取るときは、こすらずやさしく拭きましょう。



その他のクレンジング代用品

ニベアでもメイク落としできる

 

ニベアも油が入っているので、メイク落としに使えます。ただし一番人気の青缶はクリームが固めなので、クレンジングの代わりとしては少々使いにくいと思います。

ニベアの中でもクレンジングの代わりにおすすめなのは、「ニベア ソフト」という製品。クリームがやわらかいのでメイクになじませやすく、洗い流しやすいです。

下の画像に写っている乳液タイプの「ニベア スキンミルク」も、軽めのメイクなら落とせます。

いずれも保湿のためのもので洗浄成分などは入っていないため、ニベアが大丈夫な人であれば肌に負担をかけずにメイク落としできます。

手のひらで温めてから、メイクになじませるとよいでしょう。

薄化粧なら乳液でもメイク落としできる

薄化粧で日焼け止めを使っていないことが条件ですが、乳液でもメイク落としできます。

顔にたっぷりの乳液を伸ばし、5分ほどやさしくなじませてから、ぬるま湯ですすぎましょう。仕上げに洗顔料などで洗って完了です。

ただしメイクを落とす効果は低いため、あくまでも薄化粧のときにしか使えない方法です。

リキッドファンデーションも肌への密着力が高く落としにくいため、乳液では落とせない可能性が高いです。クレンジングが必要と書かれている日焼け止めも落とせません。

メイク落としにイマイチなのはワセリン

クレンジングの代用品を検索すると、ワセリンがヒットします。ですがメイク落としにワセリンを使うのは、あまりおすすめしません。

理由は「水飴のようにベタベタして落とすのが大変だから」。

確かにメイクは落ちますが、ワセリンを顔全体にたっぷりと塗ったところを想像してみて欲しいです。すすぐ前にタオルなどでしっかり拭き取らなければ、とてもではないけれど落とせません。

あのベタベタを除去するにはある程度力を入れて拭き取ることになるため、肌への負担も心配です。

固くて伸びが悪いという点でも、メイク落としにはあまり向いていないといえます。

したがってワセリンしか持ってないなど、他に方法がないとき以外は止めておいた方がよいでしょう。

まとめ

クレンジングの代用品として常用するなら、もっともおすすめなのは美容オイルです。特にオリーブオイルなどの植物油やスクワランオイルであれば、洗浄成分や添加物が含まれていないため、肌に負担をかけずにメイク落としできます

油の中でも比較的さらっとしていて扱いやすいのもメリット。

あとは「ニベア ソフト」や「ニベア スキンミルク」も、メイク落としに使いやすいです。

ちなみにクレンジングの代用品として、ワセリンもいろいろなサイトでおすすめされています。ですがメイク落としには使いにくいため、他に方法がないときに限定した方がよいでしょう。