エリクシールおしろいミルク(カバータイプ)で叶える、快適ファンデなし生活

「どうせマスクで隠れちゃうのに、ファンデを塗りたくない」、「肌への負担を考えて、脱ファンデしたい」。

マスクが欠かせないライフスタイルになったこともあり、ファンデーションを止めたいと考える人が増えていますが、それでもすっぴんはさすがに難しいですよね。

そんなときにおすすめなのが、今回紹介するエリクシールルフレの「バランシング おしろいミルクC(カバータイプ)」。

私も使ってみましたが、しっとりした使い心地&仕上がりもキレイでなかなか優秀です♡というわけで詳しいレビューを書いたので、ファンデなし生活を目指したい人は参考にしてください♪

\送料無料!/

>>エリクシールおしろいミルクはこちら




エリクシールおしろいミルクでファンデなし生活してみました!

テカリ・毛穴を目立たせず、うるおいも整えてくれる朝用乳液

突然ですが、面倒くさがりで肌も弱いけどノーメイクは難しい年ごろの私は近頃、「紫外線をカットしながら肌をキレイに見せてくれて、石鹸で落とせるナニカ」を求めて生きています。

今回そんな私のセンサーに引っかかったのは、エリクシールルフレの「バランシング おしろいミルクC(カバータイプ)」

テカリ・毛穴を目立たせず透明感アップさせながら、皮脂・水分のバランスを整えてくれて、色ムラも自然にカバーしてくれるものだそうで、石鹸で落とせるそうです。

価格は35g 約1.5ヶ月分で1,980円。

思ったよりしっとりした使用感

見た目はごく普通に「色つき乳液」という感じです。化粧水で整えた肌に塗るとのことですが、乾燥肌の私が心配なのが保湿力。初夏とはいえ、化粧水と乳液だけで一日過ごせるものでしょうか。

というのが最大の懸念事項だったのですが、思ったよりしっとりした感触で、少なくとも今時期であれば乾燥が気になることはなさそうです。

公式サイトによると、化粧水+乳液+おしろいミルクという使い方もおすすめだそう。もしくはこれのあとに、同じエリクシールのつや玉ミストを吹きかけてもよいでしょう。

>>つや玉ミストのレビュー

ちなみに他のエリクシール製品と同様に、付けたてはフレッシュブーケの甘い香りが感じられました。

アラフィフ肌でも明るいつや肌に仕上がる

曇りの日の室内で撮ったものなので、実際より暗く写っていますが、曇りの日のアラフィフでこれならかなり優秀な製品だと思います。

さて肝心の仕上がりですが、左右の手のひらに伸ばしてざっと塗るだけで、くすみやすいアラフィフ肌でも明るいつや肌に仕上がってくれました。エリクシールがこだわる「頬のつや玉」も出現

色で覆うものではないのでシミなどの色ムラはあまり隠れませんが、毛穴は自然にカバーしてくれます。

事務職などであれば、私の世代でも十分仕事に行けるレベルだと思います。

付け心地も軽いですし、石鹸で洗うだけで落とせると思うと、心も軽く過ごせます。敏感肌ですが、痒みなどの刺激もありません。

くずれにくく、石鹸できちんと落ちる

デスクワークをしていた限りでは特に脂浮きが気になることもなく、数時間経ってもくずれませんでした。乾燥して肌がしぼむということもなかったです。

秋冬にまた印象が変わる可能性はありますが、少なくとも今の季節にはよい感じです。

そして石鹸落ちを謳う製品の中には稀に、メイク落としでないと落ちないものもありますが、こちらは石鹸洗顔だけで簡単に落とせました

日焼け止め効果は要様子見

SPF50+PA++++とのことですが、石鹸落ちということで肌への密着力はそこまで高くない可能性があるため、日焼け止め効果については今後も様子を見ていこうと思います。

というのも、以前にマキアージュの似たような製品を真夏に使ったら、近所のコンビニに行くだけで赤く焼けてしまったのです。

ですが秋~春の紫外線対策としては十分だと思われますし、何より毎朝のスキンケアで手軽に「すっぴんよりちょっとキレイな肌」を実現できるのはとても魅力的です。

肌がキレイだとそれだけで幸福度とストレス耐性が上がるので、そういう意味でも積極的に取り入れていきたいと思えるアイテムでした。値段的にも続けやすいですし、レギュラー入り決定です。



ファンデを使うときは普通のおしろいミルクがおすすめ

私はファンデーションを省略したかったのでカバータイプを選びましたが、ファンデーションを使いたい人は普通のおしろいミルクがおすすめです。

テカリ・毛穴を目立たせないおしろい効果に加えて、化粧下地の機能もあるのでファンデーションのノリ・もちがアップします。

価格とSPF値はカバータイプと同じ1,980円、SPF50+・PA++++。

おしろいミルクの全成分

私は問題なく使えましたが、一部口コミに「目に滲みる」「肌に合わない」という意見も見られました。念のため全成分を記載しておきますので、気になる人はこちらもチェックしてみてください。

バランシング おしろいミルクC(カバータイプ)の全成分

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、PEG-8,BG、オクトクリレン、カプリリルメチコン、グリセリン、ポリブチレングリコール/PPG-9/1コポリマー、ポリシリコーン-15、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、エチルヘキサン酸セチル、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ポリクオタニウム-51、グリシルグリシン、アセチルヒアルロン酸Na、リシンHCI、オウゴン根エキス、PCA-Na、モモ種子エキス、ユキノシタエキス、チャエキス、水溶性コラーゲン、トリエトキシカプリリルシラン、(ジメチルアクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)クロスポリマー、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、セスキイソステアリン酸ソルビタン、水酸化Al、BHT、トコフェロール、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、サクシノグリカン、タルク、テトラデセン、シリカ、ジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、ローズマリー葉エキス、フェノキシエタノール、香料、酸化チタン、硫酸Ba、酸化鉄

バランシング おしろいミルク(色なし)の全成分

水、エタノール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、酸化亜鉛、PEG-8,BG、オクトクリレン、カプリリルメチコン、グリセリン、ポリブチレングリコール/PPG-9/1コポリマー、ポリシリコーン-15、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、エチルヘキサン酸セチル、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ポリクオタニウム-51、グリシルグリシン、アセチルヒアルロン酸Na、リシンHCI、オウゴン根エキス、PCA-Na、モモ種子エキス、ユキノシタエキス、チャエキス、水溶性コラーゲン、トリエトキシカプリリルシラン、(ジメチルアクリルアミド/アクリロイルジメチルタウリンNa)クロスポリマー、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、BHT、サクシノグリカン、水酸化Al、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、テトラデセン、ローズマリー葉エキス、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料、硫酸Ba、酸化チタン、酸化鉄

カバータイプと比べると青太字の「BHT」以降の成分の記載順=割合が若干異なり、カバータイプに含まれる以下5つの成分は含まれていません。

  • セスキイソステアリン酸ソルビタン
  • タルク
  • シリカ
  • ジメチコン
  • ハイドロゲンジメチコン

まとめ

そんなわけで近頃はエリクシールルフレ「バランシング おしろいミルク C(カバータイプ)」のおかげで、ファンデなし生活が捗っており、非常に快適です☆

ファーストエイジングケア用のブランドなので本来のターゲットはもう少し下の年代ですが、ミドル世代の私にも使いやすいです。

化粧水とこれだけでもしっかりうるおいますし、朝のスキンケアに取り入れるだけで毛穴が目立たない明るいつや肌になれて、石鹸で簡単に落とせるので満足しています。

「きちんとファンデーションも塗りたい」という人には色なしタイプもあるので、お好きな方を試してみてくださいね!

\送料無料!/

>>エリクシールおしろいミルクはこちら