【ブラック・VCMAX マスク】ダーマレーザースペクターのフェイスマスクを試したレビュー

記事内に広告を含みます

コスメコンシェルジュ限定イベント「ダーマレーザー スペクター オンライン商品発表会」のお土産として、化粧品検定協会とクオリティファースト様から新商品の「VCMAX マスク」をいただきました。

発売後すぐに売り切れるほどの人気商品とのことなので、どんなものか紹介したいと思います。成分や使い心地、おすすめの肌質などを感じたままに書いていくので、興味がある人は参考にしてください♪

同シリーズの美容液「ウルセラCMAX」についてのレビューも、こちらで書いています。

ダーマレーザースペクター VCMAX マスクを試したレビュー

VCMAX マスクの全成分

お試しする前に、まずは成分表示を確認してみましょう。

水、DPG、ナイアシンアミド、グリセリン、アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、水添レチノール、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、グリチルリチン酸2K、BG、トリプロピレングリコール、水添レシチン、ダイズステロール、キハダ樹皮エキス、PEG‐60水添ヒマシ油、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、ラベンダー油、レモン果皮油、ライム油、レモングラス油、エンピツビャクシン油、ローズマリー葉油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー

4種のビタミンCとナイアシンアミド10%を配合

「VCMAX マスク」の主な美容成分は、4種のビタミンC*¹とナイアシンアミド10%です。想定している肌悩みは、毛穴・くすみ・キメ・ハリ・つや。

肌への浸透の仕方が異なるビタミンCを組み合わせることで、より効率よく肌悩みに働きかけます。

また、安定性が高く、肌への刺激が少ない水添レチノールも配合。3種のヒト型セラミド*²も配合されているので、保湿力も期待できそうです。

浸透技術には多重層ナノカプセルを採用。肌になじみやすいリン脂質のカプセルに成分を閉じ込めることで、肌に届きにくい成分の浸透*³をサポートします。

*¹アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

*²セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP

*³角質層まで

厚手のマスクからしたたる美容液

「VCMAX マスク」は、7枚入って価格は1,100円。このくらいの価格帯のフェイスマスクは、シートの質がイマイチなものも多いのですが、こちらは厚手のしっかりしたシートで、肌当たりもなめらかです。

厚手でハリのあるシートなので扱いやすく、取り出しもスムーズです。

サイズが大きめでストレッチ性もあるので、顔に合わせてフィットさせられます。骨格の大きい男性でもフェイスラインまで覆えると思います。

美容液の量も多く、袋からシートを取り出すとしたたってしまうほど。顔に乗せるまでにかなりたれるので、洗面台など濡れても構わない場所で使うのがよいでしょう。

シトラスの精油が香る、しっとりした使い心地

シートを取り出すと、シトラスを中心とした精油が香ります。爽やかさの中に甘さも感じられる香りで、苦手な人は少ないと思います。

使い心地はかなりしっとりしていて、マスクを剥がしたあとは保湿剤のDPGとグリセリンが肌に残ります

おすすめの肌質は乾燥肌。脂っぽさが気になる肌質の人には、もっとみずみずしい使用感のものの方がよいでしょう。

ビタミンCの刺激を感じる場合も

ビタミンCが入っているので、人によっては少しピリピリした刺激を感じることもあります。基本的には時間とともにピリピリ感が消失するようなら心配ないようですが、赤みやかぶれなどの異常が生じた場合は使用を中止してください。

私も同シリーズの美容液でだいぶ肌が慣れてきたタイミングではありましたが、少しピリピリしました。

なお、ビタミンCの刺激が気になるときは、肌がアルカリ性に傾いている可能性があり、そうしたケースでは事前に弱酸性の化粧水で肌を整えておくと刺激を抑えられるそうです。

健康な肌は弱酸性ですが、肌荒れするとアルカリ性に傾くことがあります。ビタミンCは酸性なので、アルカリ性に傾いた肌に塗ると刺激を感じやすいのだそうです。そのため、弱酸性の化粧水で肌のpHを戻してから使うとよいのだとか。

3分でお手入れ完了できる

フェイスマスクは10分ほど放置するものが多いですが、こちらは放置時間が3分です。剥がすときに、顔に残った美容液をシートでやさしく拭き取ります。

フェイスマスクは使用中に眼鏡が使えない=行動が制限されるので少し苦手なのですが、これは短時間で終わるので比較的使いやすいと思いました。

お値段的にも買いやすいので、ビタミンC系のスキンケアが好きな人で乾燥が気になる肌質の人には、よいのではないかと思います。

ただし、2023年秋の発売後すぐに売り切れてしまったそうで、次に買えるようになるまでは少し時間が必要かもしれません。Amazonなどで公式ではない高額出品もありますが、クオリティファーストからの出品でないものは偽物の可能性もあるので手を出さない方が賢明です。

追加生産はしているそうなので、正規販売店に再び商品が並ぶまで待っていてくださいね。

まとめ

「VCMAX マスク」は4種のビタミンC*¹とナイアシンアミド10%をはじめ、水添レチノールや3種のヒト型セラミド*²などの美容成分を配合したフェイスマスクです。

約1,000円で買えてお手入れも3分で終わるので、普段のスキンケアに取り入れやすいでしょう。

おすすめの肌質は乾燥肌。保湿剤の配合量が多く、非常にしっとりした使い心地です。 個人的には、厚手でなめらかなシートが好印象でした。

*¹アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

*²セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP

]