【2022年版】フェイスパウダーで上手にテカリ防止♡プチプラ~デパコスまでおすすめ商品18選

記事内に広告を含みます

タップできるもくじ 非表示

フェイスパウダーおすすめ商品比較表

スマホから閲覧する場合は→方向にスクロールすると全商品が表示されます。

 
メーカー 井田ラボラトリーズ アモーレパシフィック 井田ラボラトリーズ チャコット 資生堂 井田ラボラトリーズ チャコット エトヴォス チャコット ノエビアグループ常盤薬品工業 資生堂 コーセー ジバンシイ アルビオン イプサ スリー ディオール ゲラン
商品名 キャンメイク「マシュマロフィニッシュパウダー」 イニスフリー「ノーセバム ミネラルパウダー N」 ャンメイク「マシュマロフィニッシュパウダー ~Abloom~」 チャコット・コスメティクス「フィニッシングパウダー マット」 イハダ「イハダ 薬用フェイスプロテクトパウダー」 キャンメイク「シルキールースモイストパウダー」 チャコット・コスメティクス「フィニッシングパウダー モイスト」 エトヴォス「ミネラルシルキーベール/SPF20PA++」 チャコット・コスメティクス「フィニッシングパウダー グロー」 エクセル「クリア ルーセントパウダー NB」 NARS「ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N」 コスメデコルテ「フェイスパウダー」 ジバンシイ「プリズム・リーブル」 エレガンス「ラ プードル オートニュアンス」 イプサ「スキンケアパウダー」 スリー「アドバンスドエシリアルスムースオペレーター ルースパウダー」 ディオール「ディオールスキン フォーエヴァー クッション パウダー」 ゲラン「メテオリット ビーユ」
価格 1,034円

 

 

/リフィル770円

825円 1,034円 1,320円 1,980円 968円 1,980円 3,300円/リフィル(パフ付き)2,750円 1,980円 2,310円 5,500円/ミニ2,530円 5,500円 7,480円 11,000円/リフィル9,900円 5,500円 6,050円 7,700円 8,470円
SPF・PA SPF50・PA+++

 

 

(リニューアル前は「MB(マットベージュオークル)」のみSPF50・PA+++。他のカラーはSPF26・++。)

  SPF19・PA++   SPF40・PA++++ SPF23

 

 

・PA++

  SPF20・PA++                    
カラーバリエーション 4色 1色 2色

 

 

(うち1色は3月下旬発売予定)

5色 1色 1色 3色 1色 4色 2色 1色 6色 4色 6色 1色 2色 4色 4色
内容量 10g 5g 5g 30g 9g 6g 20g 7g 30g 20g 10g/ミニ3g 20g 3g×4 8.8g 25g 10g 10g 25g




フェイスパウダーの上手な使い方

ベースメイクの最後に使う

フェイスパウダーは、ベースメイクの最後の仕上げに使うのが基本です。化粧下地やコンシーラー、ファンデーションでベースメイクを完了させたら、仕上げにフェイスパウダーを重ねるのです。

ですがファンデーションの密着力を高めることで化粧くずれを防ぐ方法として、「化粧下地の次にフェイスパウダーをはたいてからファンデーションを塗り、仕上げにもう一度フェイスパウダーをはたく」という使い方もあります。

ファッションショーなど絶対に化粧をくずせないプロの現場では、ファンデーションとフェイスパウダーを何層にも重ねる使い方をすることも。

パフで塗る

フェイスパウダーの塗り方は「パフで塗る方法」と「ブラシで塗る方法」の、2つのやり方があります。

マットに仕上げたいときや、陶器のような作り込んだ肌に仕上げたいときカバー力を求めたいときは、パフで塗る方法が適しています。パフで塗ることでたっぷりのパウダーを均一に付けることができます。

【パフでの付け方】

  1. 適量のパウダーをパフに取り、もみ込んでなじませる。(取りすぎたときは手の甲などで粉の量を調整)
  2. テカリやすい額や鼻を中心に、ぽんぽんと抑えるようにのせる
  3. 小鼻や目の際などの細かい部分は、パフを折り曲げて丁寧にのせる

ブラシで塗る

素肌感を活かしてナチュラルに仕上げたいときや、厚塗りを避けたいときはブラシで塗るのがおすすめです。パフで塗るのに比べて厚塗りになりにくいため、メイク初心者にも適しています。

【ブラシでの付け方】

  1. 大きめのブラシにパウダーを含ませ、手の甲などで量を調整
  2. 顔の中央から外側に向かって、ブラシの先をくるくると回しながら、ふわっとのせる
  3. 最後にパウダーが付いていない空のブラシで、余分な粉を払う

パフやブラシを変えてみる

フェイスパウダーは同じ製品でも、使うパフやブラシによって仕上がりが変わります

「せっかくフェイスパウダーを買ったけど、仕上がりがイマイチ・・・」というときは、付属のパフにこだわらず、別のパフやブラシを使ってみましょう。

各製品の口コミでも「このパウダーは他社のパフの方が合う」など、キレイに仕上がる塗り方の報告がたくさんあるので、そうしたものを参考にするのもよい方法です。



テカリ防止下地やメイクキープスプレーを併用する

フェイスパウダーの効果だけではテカリや化粧くずれが気になるようなら、他のアイテムも併用してみましょう。

おすすめはテカリ防止下地とメイクキープスプレー。こうしたものを上手に利用することで、ファンデーションはくずれにくさばかりにこだわらずに好きなものを使えます。

近頃は優秀な製品が出ているので、自分に合ったものがないか試してみるとよいでしょう。

私もいろいろ使ってみたので、テカリ防止・化粧くずれ防止に役立つ製品の記事をいくつか貼っておきます。

【くずれ防止下地】マキアージュ|ドラマティックスキンセンサーベースEX UV+を使った感想。EXとの違い

【メイクキープスプレー】マスクをしてもファンデが崩れにくい!ドラマティックミストを試したレビュー

【メイクキープスプレー】エリクシールつや玉ミスト|マスクのメイク崩れが防げる!?おすすめの使い方を伝授

まとめ

テカリや化粧くずれに悩まされているなら、フェイスパウダーで抑えるのが手っ取り早くて簡単です。今は優秀なフェイスパウダーもいろいろと売られているので、仕上がりの好みや予算などに応じて、自分に合いそうなものを試してみるとよいでしょう。

記事内でも幅広い価格帯の中から、口コミ評価が高い人気のフェイスパウダーを紹介しています。製品ごとに口コミも紹介しているので、そちらも参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
乾燥肌におすすめの保湿系フェイスパウダー15選♡デパコス・プチプラから厳選しました!




1 2 3 4