資生堂HAKU|美白美容液ファンデーションの本音レビューと口コミ

「美白命だからスキンケアはHAKUを愛用中。美白ケアができるファンデーションが発売されたので、それも気になっている」、「HAKUのファンデを使ってみたいけど、高いから買う前に使っている人の意見を聞きたい。」

美白が気になる人に人気の資生堂HAKUから、2019年3月21日に美白美容液ファンデーションが登場しました♡新しいファンデの購入前に口コミをチェックするのは、もはや常識ですよね。

ここでは、辛口美容ライターの私が、HAKUの美白美容液ファンデーションを本音でレビューします。また、すでにHAKUの美白美容液ファンデーションを使い始めている人の口コミも集めました。

HAKUの美白美容液ファンデーションに興味がある人は、読んでみてくださいね!

\今回紹介するのはこちらの商品です♪/

HAKU美白美容液ファンデを試してみた!

美白でおなじみHAKUから、ついにファンデが登場

私の推しコスメの一つ資生堂HAKUから、ついに美白ケアができる薬用ファンデーションが登場しました。

値段が5,184円なので正直高い…「でもHAKUのやつなら、きっと高いなりのことはあるんじゃないかなぁ…。」

と発売前から悩んだ末、公式オンラインショップ「ワタシプラス」でポチってしまいました。

先にサンプルを試す方法もあるのですが、パウチに入ったファンデーションが面倒臭くて好きではないので、もう最初から現品でいいや!と。

ワタシプラスならもし気に入らなくても、商品到着後30日間は使用後でも返品・交換できるので、使ってみてよくなかったら返せばいいやということで(笑)。色が合わない場合も交換で対応してもらえますしね。

やや固めのリキッドでさっぱりした使用感

テクスチャーはやや固めのリキッドです。私の荒れた肌だと角質に引っかかって止まってしまう感じがありました。

そのため、一度にたくさん肌に乗せると厚塗りになってしまいます。少量ずつ乗せて丁寧に指先で伸ばすと、自然な仕上がりに塗れました。

いつもはファンデを塗ったあとにスポンジでなじませますが、これは塗ってすぐ乾くので、スポンジの出番はなさそうです。

使用感は軽く、さっぱりした塗り心地です。不快な被膜感は0。冬は乾燥が気になりそうですが、春夏はちょうどよさそうです。

パッケージに実寸大の使用量の目安が書いてあるので、塗る量が分かりやすいです。7mmほどのパール粒大が1回分の目安です。

毎日使える日焼け止め効果

SPF30・PA+++と、日常使いするのにほどよい日焼け止め効果なので、毎日使っても肌への負担は少ないでしょう。

崩れにくいので、アウトドアのときなどもSPF値が高い下地と組み合わせれば問題なさそうです。

他のファンデより仕上がりが白め

試しに下地なし・フェイスパウダーなしで塗ってみたところ、資生堂の他のファンデーションの同じ色番号に比べて、仕上がりが白めなように感じます。いつもと同じピンクオークル10を選びましたが、もう一段暗い色の方が合うのかな…?写真で見ると、顔と首の色の差がありすぎますよね。

ただ、ピンク系はこの1色しかなくて、暗くするとオークル系になってしまうのが悩みどころ。ちなみに色は全部で4色から選べます

ファンデーションで4色展開だと、肌色によっては使えない人もいそうです。仕上がりが白めなところを見るに、色黒の人は特に難しいでしょう。

リキッドにしてはカバー力高め

色は少々微妙でしたが、シミを飛ばしてくれる「ファインレッドパール」が配合されているせいか、薄いシミは目立たなくなりました

リキッドファンデーションにしては、カバー力は高めです。毛穴もある程度フラットに見せてくれますが、気になる毛穴落ちもありません

ただし、シミを完全に隠せるわけではないので、気になる人はコンシーラーが必要です。

下地を併用するのがおすすめ

スキンケアのあと、ダイレクトに肌に塗ってもよいそうですが、私は下地の併用をおすすめします。

時間が経って肌になじんでくるとそうでもないのですが、塗ってすぐは少し白浮きするため、フェイスラインまで塗ると不自然だからです。

それだとフェイスラインは日焼け止め効果が得られないので、日焼け止め効果のある下地を全顔に塗ってからフェイスラインの手前までHAKUのファンデーションを塗り、境目をぼかすのがよいでしょう。

なお、乾燥肌の人は事前にしっかり保湿した方がよいです。さっぱりしたファンデなので、保湿が不充分だと上手く肌に乗りませんでした。

その代わり、フェイスパウダーなしでもさらさらの仕上がりでテカりにくいです。

下地なしでも肌への密着感は抜群

下地なしで塗る場合でも、肌への密着感は抜群です。試しに塗ったままマスクを着けてみましたが、マスクへの色移りは一切なし

花粉症や職業上の理由などでマスクが欠かせない人は助かりますね。

シワを目立たせず、ハリも改善

シワに入り込んで目立つこともないです。いつものファンデーションは下まぶたのシワに溜まって線になってしまいますが、これはそういうことがないのでよかったです。

さらに、Sヒアルロン酸Vカット複合体などのうるおい成分の効果なのか、塗ってしばらく経ったら肌のハリ自体が改善していました。

普段ならほうれい線や頬のちりめんジワがもっと目立つのですが、ハリ効果のことは考えていなかったのでうれしい誤算です。

美容液と同じ美白成分配合

HAKUのファンデには、美白美容液「メラノフォーカスV」と同じ美白成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)が配合されています。

さすがに1回使用しただけでは美白効果は分かりませんでしたが、同じHAKUの「メラノフォーカスV」でシミの色素が抜けたので、こちらの薬用美白ファンデも気長に使っていけば美白効果が期待できそうです。

資生堂HAKUメラノフォーカスVを激安で試したい!口コミと効果・成分・使い方

朝は急いでいて美白美容液を塗るのを忘れてしまうことも多いですが、ファンデーションなら塗り忘れることがないので、ひとまず1本使い切るまで続けてみようと思います。

先着順で携帯ミラーがもらえる

先着順ですが、ワタシプラスでHAKUのファンデーションを買うと、オシャレな携帯ミラーがもらえます

持ち運びやすいサイズ・形状でありながら、鏡の大きさが充分にあるので、外出先でのメイク直しに便利そうです。

鏡の一つは拡大鏡になっているので、アイラインなど細部の確認も安心です。割れにくいアクリルミラーを採用しているのも、持ち運びにうれしい配慮ですね。

合成皮革でできたカバー部分も、飽きずに使えそうなデザインで気に入りました。落下防止のストラップは、自由に取り外せます

ただしアクリルミラーなので、角度によっては少し歪んで映ります。また、開封後すぐは合成皮革の臭いがするので、しばらく風を通すとよいでしょう。

試した結果まとめ

まだ1回しか使っていないので、美白効果は分かりません。ですが、被膜感がなくカバー力がありシワも目立たせないのでファンデーションとしては優秀です。

HAKUの美白美容液の効果を体験した身としては、美白効果も期待してよいと思います。ハリを改善する効果まで感じたのは、予想していなかったので驚きました。

今現在、塗って6時間ほど経過しましたが、テカりや乾燥もないです。

ただ、カラーバリエーションはもう少し増やして欲しいです。私の青み寄りで色白でもない肌色だとおそらく、ピンクオークル20があればジャストフィットすると思うのですが…。

なお、資生堂の他のファンデーションの同じ色番号に比べて白めに仕上がるので、普段より一つ暗い色を選ぶのがおすすめです。

あとは、直接肌に塗った方が美白成分が肌に届きやすいと思いますが、フェイスラインまで塗ると白浮きしてしまうので、同じシリーズの下地も出して欲しいところです。

\【送料無料】HAKUの美白美容液ファンデーションは、こちらから購入できます♪/

HAKU美白美容液ファンデの口コミ

よい口コミ

すごくいい。大雑把に塗ってもムラにならず、シワやキメが悪目立ちすることもないので、急いでいるときも使いやすい。ほどよくツヤが出るのもよい。

つるんとキレイな肌に仕上がり、青クマも重ねづけすればコンシーラーなしでいけるので、カバー力も納得。

テカり防止下地なしでも適度なツヤ肌といった仕上がりで、乾燥もない。(45歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

下地とお粉なしでも使えるので時短になる。Tゾーンだけテカるのでおしろいがいる。カバー力はカネボウリサージのカラメンと同じくらい。濃いシミはコンシーラーが必要だが、毛穴落ちがなく、マスクにもつかない。

スキンケアだとサボってしまうが、ファンデなら毎日使うので、このファンデで美白ケアを続けたい。美白コンシーラーと携帯用パウダーもHAKUから出して欲しい。(45歳・普通肌)

引用元:@cosme

シャネルのリキッドファンデを使っていたが、カバー力がイマイチなのでこちらに変更。試しに下地なしで使ってみたところ、ほどよいカバー力で自然に仕上がった。濃いシミはコンシーラー必須だが、くすみを飛ばして崩れにくい。

つけ心地が軽く、時間が経ってなじむと自然なツヤも出る。美白効果に期待しつつ続けたい。(26歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

悪い口コミ

シワが目立たないのは評価できるが、紫外線が気になる季節に使うには使用感が重く、伸びもイマイチ。寒い時期なら使いたい。(43歳・敏感肌)

引用元:@cosme

サンプル使用。他のファンデに比べて、仕上がりが白くなりすぎる。もったりしたテクスチャーで上手く伸ばせず、厚塗りになるのも白塗りになる原因だと思う。塗り方の問題なのかもしれないが、購入はない。(33歳・乾燥肌)

引用元:@cosme

サンプル使用。春夏の利用を見越した商品だからか、保湿力が少し物足りなく感じる。色も普段はオークル10なのに、これはオークル20の方が合う。BAさんによると、他のファンデより白浮きしやすいので、普段より一つ暗い色を予約する人が多いそう。

ただ、HAKUのファンデということでは期待できるので、現品を予約してきた。(29歳・敏感肌)

引用元:@cosme

口コミまとめ

カバー力など仕上がりの美しさと崩れにくさが好評です。また、BBクリームのようにこれ1本でベースメイクが完結できるとあって、時短コスメとして評価する人もいました。

ですが、やはり私が感じたように色番号に対して白くなりすぎるという人も多かったです。色選びは注意が必要ですね。

また、「伸びが悪くて塗りにくい」という意見もありました。これに関しては、肌が乾燥していると上手く伸びずに厚塗りになるので、事前の保湿で対策するとよいです。(私も1回失敗して、保湿してから塗り直しました。)

なお、この記事を書いている現在は発売から3日しか経っていないので、美白効果を実感している人はまだいませんでした

美白効果を実感できる人が出てくるのはもうしばらく先になりそうなので、現時点ではファンデーションとしてのスペックで判断するのがよいでしょう。

まとめ

肝心の美白効果については正直、発売されたばかりなのでまだ分かりません。ですが、HAKUの美白美容液が優秀なので、ファンデーションの美白効果も期待できそうです。

少なくともファンデーションとしては優秀なので、悪くないでしょう。被膜感がなくカバー力がありシワも目立たせず毛穴落ちや崩れもなし下地なしでも肌にしっかり密着してくれます。

プチプラのファンデーションよりも仕上がりがキレイで、ハリを改善する効果も実感できました。

ただし、塗ってすぐは白浮きしやすいため、フェイスラインまでは塗らない方がよさそうです。

また、資生堂の他のファンデーションの同じ色番に比べて白めに仕上がるので、いつもより一つ暗い色を選んだ方がよいでしょう。

なお、資生堂公式オンラインショップ「ワタシプラス」では使用後の返品・交換も可能なので、色が心配な人はワタシプラスで購入するのがおすすめです。送料無料です。

\ワタシプラスの販売ページには、こちらから行けます♪/

なお、HAKUの美白美容液の美白効果について知りたい人は、次の記事がおすすめです。

資生堂HAKUメラノフォーカスVを激安で試したい!口コミと効果・成分・使い方

【関連記事】
資生堂マキアージュ■新作ドラマティックパウダリーUV。似合う色の選び方は?口コミや成分を紹介

dプログラムのパウダーファンデ【リニューアル】肌荒れ・ニキビへの効果と崩れやすさを検証

日焼け後の肌の色が戻らない■対処法と本当に効く美白コスメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*